【女性向け】抜け毛がひどい原因が知りたい。これって病気?

抜け毛がひどいときは、頭皮や髪に何らかの異変が

起こっているサイン。 

 

そのうちおさまるだろうと放っておくと、

さらに抜け毛が増えて薄毛になってしまう恐れがあります。 

 

大切なのはサインに気づいたら

できるだけ抜け毛ケアること。 

 

女性の抜け毛を単なる髪のトラブルととらえずに、

根本的な原因は何かを考えるところから始めましょう。

 

ここでは、抜け毛がひどい女性の場合

どのような原因が考えられるか、注意すべき抜け毛の症状や

チェック方法をご紹介します。 

 

抜け毛がひどいという女性はいませんか?その原因は?

抜け毛がひどいと悩んでいる女性はいませんか?

 

原因を知り、早めに対処することを心がけましょう。

 

女性の髪はだいたい4~6年周期で生え変わっており、

成長し終えた髪抜け落ち、代わりに新しい髪が生えてくるという

サイクルを繰り返しています。 

 

ですから、健康な女性でも毎日抜け毛が出るのが普通です 

 

しかし、何かしらの原因で抜け毛がひどくなることもあります。

 

そんなときは「もしかして病気?」と心配になりますよね。

 

では、女性はどのような原因で抜け毛がひどくなるのでしょうか? 

 

■更年期や閉経によるホルモンバランスの乱れ 

■加齢 

■ストレス 

■食生活の乱れやダイエットによる栄養不足 

■運動不足による血行不良 

■睡眠不足・睡眠の質の低下 

■喫煙・過度の飲酒 

■パーマ・カラー・ブリーチのし過ぎ 

■紫外線による頭皮環境の悪化 

■誤ったヘアケア 

 

女性の抜け毛はこのような原因が複数重なって

生じていることも多く、抜け毛がひどいと感じたら

原因に心あたりがないか振り返ってみる必要があります。 

 

女性の方はストレスや更年期など変化があると脱毛症の原因になりやすい? 

女性の場合、抜け毛の原因の中でとくに注意したいのが

「ストレス」「更年期」です。 

 

たとえば仕事で毎日ストレスを抱えているようなとき、

さまざまな体の不調が現れてきます。 

 

これは、ストレスによって自律神経が乱れてしまうため。 

 

こういった体の不調や変化が引き金となり、

抜け毛が増加することもあります。

 

自律神経の乱れによって頭皮の血流が悪くなり

髪の生育に支障をきたしてしまうのです 

 

すると髪は次第に細くなり抜け毛が増えてきます。 

 

そのまま何も対策を講じなければ、さらに抜け毛がひどくなり

脱毛症へと進行していく可能性も考えられます。 

 

一方、更年期を迎える頃になると女性ホルモンが激減

ホルモンバランスが乱れるため体に更年期障害などの

さまざまな不調が現れます。 

 

その影響は髪にもおよび、

「髪が細くなる」、

「抜け毛が増加する」、

「ボリュームが減る」、

「髪が薄くなる」といった変化が出てきます。 

 

FAGA(女性男性型脱毛症)などの脱毛症が、

更年期に近づく40歳前後から増えるのもこれが理由です。 

 

このようにストレスや更年期などは

抜け毛の原因になるだけでなく

脱毛症につながることもあるので注意が必要です。 

 

女性の方でも1日100本以上の抜け毛が続いたら要注意

女性の方でも、100本以上の抜け毛が何日も続いたときは

注意が必要です。

 

健康な人の1日の抜け毛の本数は

50~100本くらいといわれています。

 

そのため、

100本くらいまでの抜け毛ならとくに問題ありません。 

 

しかし、100本以上の抜け毛が続くようなら

注意する必要があります。 

 

抜け毛があまりにひどいときは、何らかの異常がある印です。 

 

異常が起きている原因が何なのか、

早急に突き止めて対処しなければなりません。 

 

抜け毛がひどい…」と感じるときに考えられる原因は、次の点。

 

円形脱毛症

急激な抜け毛の増加も、円形脱毛症の初期症状の一つです。 

 

大事なポイントは抜け毛の増加が「急激」であることと、

境目のくっきりした脱毛箇所が生じること。 

 

抜け毛の量が突然増えてきたというときは

頭皮に脱毛しているところがないか確認しましょう。 

 

・皮膚疾患による脱毛症

「脂漏性脱毛症」「粃糠性脱毛症」は、

どちらも頭皮の疾患から来る脱毛症です。 

 

抜け毛の他にも頭皮の炎症、かゆみ、フケなどの症状が

あるときは、早めに皮膚科で診察を受けましょう。 

 

・甲状腺の病気

セドウ病や橋本病などの「甲状腺機能疾患」になると、

抜け毛が増えることがあります。 

 

その場合、バセドウ病なら動悸・多汗・手足の震えなど、

橋本病ならむくみ・体重増加・寒がりなど他の症状も出るので、

おかしいと思ったら早めに内科で診てもらいましょう。 

 

・産後脱毛症

妊娠中に盛んに分泌されていた女性ホルモンが出産後に

元の分泌量に戻ると、ホルモンバランスが崩れてしまい、

一気に抜け毛が増えるのが「産後脱毛症」です。 

 

通常はホルモンバランスが整うにつれて、

自然と抜け毛もおさまるので心配いりません。 

 

・ブリーチ

頻繁ブリーチをすると、頭皮や髪が大きなダメージを受けて

抜け毛の増加などのトラブルが生じることがあります。 

 

ブリーチで使われる薬剤は頭皮や髪にとって非常に刺激が強く、

繰り返し行うことでダメージが蓄積してしまうので注意しましょう。 

 

抜け毛がひどいそして毛量が減ったら脱毛症の可能性も

抜け毛がひどいのに加えて髪の毛が細くなったり、

量が減ったりした場合は、「FAGA」という脱毛症の可能性

があります。 

 

FAGAとは「女性男性型脱毛症」とも呼ばれ、

40歳前後の女性に多くなる脱毛症です。 

 

FAGAの原因は、

女性ホルモンの減少に伴うホルモンバランスの乱れです。

 

分け目クリスマスツリーのような形に薄くなったり、

頭頂部が全体的に薄くなり地肌が透けて見えたりするのが特徴です。 

 

放置すると進行する恐れがあるので、

FAGAが疑われる場合は早めに抜け毛ケアをしましょう。

 

本当にFAGAなのか確認し、適切なケアを行うためには、

一度専門家に相談してみることをおすすめします。 

 

頭皮や抜け毛の状態を確認しよう

抜け毛がひどいときは、原因を知るために頭皮や抜け毛の状態を

確認することが大切です。 

 

どのようなところを見たらよいのか、

頭皮・抜け毛チェックのポイントをご紹介します。 

 

■頭皮のチェックポイント 

健康な頭皮は青白い色をしており、

適度な皮脂分泌によりバリア機能が正常に働いています。 

 

また血行が良いと頭皮に柔軟性があります。 

 

・触るとベタつく

 →皮脂の過剰分泌 

 

・かさついたりフケが出たりする

 →頭皮が乾燥している 

 

・赤くなりかゆみや湿疹がある

 →頭皮が炎症を起こしている 

 

・境目のクッキリした脱毛箇所がある

 →円形脱毛症の疑いがあるので専門家に相談を! 

 

・大量のフケが出る

 →皮膚疾患の可能性があるので皮膚科へ! 

 

■抜け毛のチェックポイント 

正常な抜け毛は根元の毛根がふっくら丸みを帯びており、

白っぽくなっています。 

 

また、髪が太くハリやコシがあります。 

 

・髪が細い

 →栄養不足、ヘアサイクルが乱れ十分に成長できなくなっている 

 

・毛根が細い、毛根がない

 →ヘアサイクルの乱れにより髪の生育が阻害されている 

 

・毛根が黒い

 →頭皮の血行不良、栄養不足 

 

まとめ:【女性向け】抜け毛がひどい原因が知りたい。これって病気?

女性の場合、抜け毛がひどい原因として更年期や閉経による

ホルモンバランスの乱れ、ストレス、生活習慣の乱れ、

誤ったヘアケアなどがあげられます。 

 

抜け毛がひどいときは何が原因なのかを知るために、

頭皮や抜け毛の状態を観察し正常かどうか確認することが

大切です 

 

とくにストレスや更年期は脱毛症につながりやすいので、

女性の方は特に注意してくださいね。 

 

また、抜け毛を放っておくと薄毛に進行する恐れがあるので、

気づいたら早めに対処しましょう。 

 

抜け毛が急激に増えた、頭皮や抜け毛に異常があるというときは、

早めに専門家に相談してみてくださいね。 

 

  • ブログで分からなかったこともLINEで先生に相談できます。

    ※23歳以下の方は保護者の方からのお問い合わせをお願いいたします。

  • あなたに今一番お伝えしたいことはこちらに書かれています。

ブログを読んでいただきましたか?

ブログでは書けない私たちが伝えたいことが
たくさんこちらには詰まってます。

私たちについて

ぜひこちらをご覧いただいて、
私たちの思いを知ってください。