あなたに今一番お伝えしたいことはこちらに書かれています。

ハゲた部分から産毛が生えてきたら嬉しいサイン!?毛周期のメカニズムを解説!

すべすべになっているハゲの箇所から、

ふわふわの髪の毛の赤ちゃん「産毛」が生えてきたら 

 

それは、髪の毛の復活のサインと考えていいのでしょうか? 

 

一見、頼りない産毛は、太くて長い髪の毛に

成長してくれるのでしょうか? 

 

なぜ、はげているところから、産毛が生えてきたのか。 

これは、健康な頭皮に戻っているサインなのかどうか。 

 

発毛と脱毛のサイクル「毛周期」のメカニズムを紐解きつつ、

生えてきた産毛を、健康な髪の毛に成長させる方法

ついてもお伝えいたします。 

 

ハゲた部分から産毛が生えてくる?

ハゲている部分から、産毛が生えてきたら、

髪の毛が戻ってきたと喜んでもいいのでしょうか。

 

なぜ、はげているところに、産毛が生えるのでしょう。 

 

産毛とは、生えてきたばかりのまだ細く短い髪の毛のこと。

いわば髪の毛の赤ちゃんです。 

 

産毛が生えてきたということは、

毛包の大元の細胞が生きているという証拠だと考えられます。

 

髪の毛の大元の細胞が生きている限り、条件が整えば、

髪の毛は生えてくるのが一般的です。

  

薄毛なのになぜ産毛が生えてくるのか?毛周期との関係

髪の毛の毛包の大元の細胞が生きているのに、

なぜ、薄毛になってしまうのでしょうか。 

 

これは、発毛と脱毛のサイクル(毛周期)が深く関係しています。 

 

発毛と脱毛のサイクルには、3つの期間があり、

これを繰り返して新しい髪の毛が生え変わっていきます。 

 

「成長期」新しい髪の毛が生えて成長する時期になります。

毛母細胞が活発に分裂を繰り返し、頭髪が成長を続ける期間です。

 

一般的に、3~7年続き、健康な状態であれば5年以上伸び続けます。

そして、髪の毛全体の9割が成長期であると言われています。

 

「退行期」は、髪の毛の成長が弱まる期間になります。

毛母細胞の分裂が急速に衰える時期で、

髪の成長に関わる毛球部(毛球下部のふくらんだ部分)が

徐々に退縮していきます。 

 

「休止期」は、髪の毛が抜け落ちる時。

退行期を経て、

髪の毛の成長が完全にストップし、自然と髪の毛が抜けていきます。

 

通常、休止期は、3カ月程度。次の成長期を迎えて、

新しい髪の毛に生え変わります。 

 

薄毛の人は、成長期の期間がどんどん短くなることによって、

髪の毛が産毛化してしまい、薄毛が進行していくのです。 

 

また、休止期で停滞している可能性もあります。 

 

はげている箇所に、新たに赤ちゃんのような産毛が生えてきたのは、

ヘアサイクルが正常になりつつある証拠かもしれません。 

 

生えてくる髪・産毛を太くするためには?

せっかく生えてきた産毛は、太くて長い髪の毛に成長させたいですね。 

 

そのためには、何をしたらいいのでしょうか。 

大枠として大事になる要素は「体質」を整えることになります。

 

その中でまず、髪の毛の成長に欠かせないのは、栄養です。 

栄養バランスのとれた食事を心がけましょう。 

 

髪の毛はたんぱく質でできているので、

たんぱく質をしっかり摂るとともに、ビタミン類の摂取も重要です。

 

ビタミンには、頭皮環境を整える働きや血行を促す作用、

皮脂の分泌を抑制する働きのあるものなどがあり、

健康な髪の毛のために欠かせません。 

 

食事で摂るのが理想ですが、難しいようであれば、

サプリメントなども活用して、上手に摂取していきましょう。 

 

次に、良質な睡眠をキープしましょう。 

 

成長ホルモンの分泌は睡眠中が一番多いと言われています。 

 

成長ホルモンは、細胞を増やし、正常な代謝を促すなど、

皮膚や筋肉を育成・メンテナンスする物質です。

 

できれば日の変わらないうちに入眠し、

成長ホルモンの恩恵をしっかり受けましょう。 

 

さらに、栄養を頭皮全体に行きわたらせるために、

頭皮マッサージがおすすめです。 

 

薄毛は、頭皮の血行不良も一因とされているので、

マッサージを取り入れることで血流を促すことは効果的です

また、リラックス効果も期待できます。 

 

ハゲた部分の産毛をまずは増やしたい!それなら薄毛専門ヘアケアラボ大阪院・名古屋院・東京院まで

最近、はげてきたのが気になる…。

せっかく、生えてきた産毛を太くて長い髪の毛に成長させたい。 

 

そんな時は、ぜひ、

薄毛専門ヘアケアラボ大阪院・名古屋院・東京院へご相談ください。 

 

いいねヘアケアラボ独自の整体や鍼灸で体質改善をして、

自然治癒力を高めて髪の毛を取り戻す手法で、

薄毛に悩む多くの人が訪れています。 

 

身体の状態が下がってしまうと、本来生えるべき髪の毛も生えずらくなってしまうかと思います。

どこまでいい、シャンプーや育毛剤などを使ったとしても、

自分自身の体質が整えっていなかったら髪にも繋がってこないと考えています。

 

「薬や育毛剤、サプリメントにはできるだけ頼りたくない」 

「自分の体質に合わせたセルフケアの方法も知りたい」 

ゴールをめざしてがんばりたい」 

 

そんな方におすすめです。施術スタッフ全員が、毛髪診断士で、

1100件を超える症例実績を誇ります。

 

はじめての方には、初回限定価格でお試しいただけます。 

 

まとめ:ハゲた部分から産毛が生えてきたら嬉しいサイン!?毛周期のメカニズムを解説!

はげているところから、産毛が生えてきたら復活の兆しでしょうか。 

 

産毛は髪の毛の赤ちゃんのようなもの。

 

見た目には、ハゲていても、産毛が生えてきたということは、

毛根の大元の細胞が生きているということです。

 

髪の毛の発毛と脱毛のサイクル(毛周期)が

正常に戻りつつある証拠かもしれません。 

 

毛周期とは、「成長期」「退行期」「休止期」と

3つの期間を繰り返して、新しい髪が生え変わっていくサイクルのこと。

 

このサイクルが正常であれば、毛髪量の減少はありませんが、

ホルモンなどの影響で成長期が短くなり、毛髪が産毛化することで

はげてきたり、休止期が長くなって髪の毛が生えてこなくなることも

あります。 

 

ハゲている箇所に産毛が生えてきたということは、

毛周期が正常に戻りつつあることかもしれません。

 

せっかくの産毛を太くて長い髪の毛にするには、

まずは「体質」を整えていくことを大切にいきましょう。

 

「栄養バランスのとれた食事」、

「良質な睡眠」、

そして「頭皮マッサージ」が有効です。 

 

自分一人ではどうして取り組めばいいのかわからない。

 

そんな時は、薄毛専門ヘアケアラボ大阪院・名古屋院・東京院へ

ご相談ください。 

お薬や育毛剤を使わず、あなたの体質に合わせた見解をお伝えできると思います。

ブログを読んでいただきましたか?

ブログでは書けない私たちが伝えたいことが
たくさんこちらには詰まってます。

私たちについて

ぜひこちらをご覧いただいて、
私たちの思いを知ってください。