円形脱毛症になったら読みたい診療ガイドラインについて!円形脱毛症の知識が身につく!

円形脱毛症と言われて治療をはじめたけれど、

現在行っている治療以外にもどのような治療があるのか

もっとよく知りたいと思っていませんか。

 

円形脱毛症の原因はよくわかっていないことも多いのですが、

治療の指標として日本皮膚科学会の円形脱毛症診療ガイドライン

があります。

 

こちらでは、円形脱毛症の知識が身につくために

読んでおきたい診療ガイドラインについて解説いたします。

 

「円形脱毛症診療ガイドライン」とは?

円形脱毛症診療ガイドラインは、

日本膚科学会と毛髪科学研究会が共同で、毛髪疾患の治療

詳しい皮膚科専門医の専門委員によって作られています。

 

診療ガイドラインは今までの治療内容や歴史等を

勘案しながら検討し、現時点での科学的根拠(エビデンス)

にもとづいて最善と思われる治療と推奨度でまとめられています。

 

参考:

https://www.dermatol.or.jp/uploads/uploads/files/AA_GL2017.pdf

 

日本皮膚科学会は診療ガイドラインを示す一方で、

意見や評価を受けて改良を重ねながら

よりよい診療ガイドラインの提供を目指してつくられています。

 

治療の推奨度は、科学的な根拠にもとづいて

A「行うように強く勧める」、

B「行うよう勧める」、

C1「行ってもよい」、

C2「行わないほうがよい」、

D「行うべきではない」

5段階に分類されています。

 

円形脱毛症の方がより深い知識をつけたいなら日本皮膚科学会円形脱毛症診療ガイドラインを見よう!

円形脱毛症だということは分かったけれど、

他にもどのような治療があるのか気になりますよね。

 

そのようなときは、円形脱毛症診療ガイドラインを読んで、

より深い知識を得てみるのはいかがでしょうか。

 

診療ガイドラインは医療者が治療の参考にするものですが、

適切な治療のためには、

自分自身が円形脱毛症に対して正しい知識を持ち、

理解する必要があるのです。

 

円形脱毛症診療ガイドラインのポイント

円形脱毛症診療ガイドラインは、

「年齢」「脱毛面積」「脱毛の進行過程」の3つのポイントで

治療方法が分かれています。

 

まず1つ目は、16歳以上と15歳以下で治療が違います。

 

2つ目は、脱毛面積が全体の25%以上の脱毛があるか、ないか

治療が変わってきます。

 

3つ目は、脱毛が進行している「進行期」なのか、

脱毛の進行は止まっている「固定期」でも治療が変わります。

 

脱毛が進行している進行期には脱毛自体を止める治療、

脱毛が止まっている固定期には毛を生やす治療を行います。

 

牽引試験を行って引っ張ると簡単に毛が抜ける場合は

進行期と判断されます。

 

たとえば、16歳以上の脱毛面積が25%以下で固定期の場合では、

ステロイド局所注射、局所免疫療法が行われます。

 

参考:http://cocoro-hihuka.com/alopechia.html

 

円形脱毛症診療ガイドラインを読むことでどのような治療が行われるかを知ることができる

円形脱毛症の治療には様々な方法がありますが、

診療ガイドラインでは治療法とその推奨度を知ることができます。

 

円形脱毛症の治療の中で最も科学的な根拠があるとされる

推奨度Aにあてはまるものがなく、

16歳以上での推奨度B(行うように勧められる)の治療は、

ステロイド局所注射療法、局所免疫療法、 ステロイド外用療法、

そして、かつらの使用の4項目です。

 

円形脱毛症の治療としてどのような治療があって

どれくらいの科学的根拠がある治療なのか、

脱毛の状況によって治療がどう変わるのかを知りたい場合は、

まずはガイドラインを読んで知識を深めてはいかがでしょうか。

 

薄毛・円形脱毛症を整体で改善するという選択肢も

2017年に改定されたガイドラインでは、

「治療せずに経過観察のみ行う」が推奨度C1(行ってよい)

とされています。

 

「治療をせずに経過をみる」「治療を休む」「ウィッグを使う」

という治療も選択肢の一つであるという内容です。

 

また、経過観察をしながら副作用のない体質改善をする

という治療の選択肢もあります。

 

体質的な原因があることで体の中で不調が起こるので、

根本的な体質を改善しなければ体の不調が良くならないように

脱毛も回復しないのです。

 

いいねヘアケアラボでは、薄毛の根本的な原因が「体質」

にあることに注目し、整体師でもあり、

毛髪診断士でもある知識と技術を生かして、

体質を整える整体の施術で円形脱毛症の治療を行っています。

 

薬を使わずに東洋医学を用いて体質の改善をする育毛治療

ご希望であれば、お気軽にご相談ください。

 

まとめ:円形脱毛症になったら読みたい診療ガイドラインについて!円形脱毛症の知識が身につく!

円形脱毛症の治療の目安として、

現時点での科学的根拠をもとに作成された

診療ガイドラインがあり、どのような診療をすすめたよいかが

治療法と推奨度でまとめられています。

 

円形脱毛症には根本的な治療法がない中、

患者の心身の負担なども配慮した治療をせずに経過を観察する

という選択肢の中には、薬を使わずに整体の施術を用いて

根本的な体質改善を行うことで、

育毛を促進させる方法もあります。

 

いいねヘアケアラボでは薬を使わずに

「体質」というところから見直して、整体といった施術で

全身治療を行うことで自律神経を整えながら、

体に負担をかけない方法で育毛を促進しています。

 

円形脱毛症と思ったら早めに病院を受診し、

円形脱毛症診療ガイドラインを読んで

自分の選択している治療についての知識を深めましょう。

  • line

男性薄毛専門治療院 いいねヘアケアラボ 名古屋院

住 所
名古屋市西区名駅2-28-22 アールイービル3F
アクセス
名古屋駅1番出口から徒歩3分

TEL:052-562-3058

女性薄毛専門治療院 いいねヘアケアラボ 東京院

住 所
東京都港区東新橋2-6-7電光ビル3階
アクセス
新橋駅烏森口&汐留駅 出口から徒歩5分

TEL:050-3503-3058

女性薄毛専門治療院 いいねヘアケアラボ 大阪院

住 所
大阪府大阪市淀川区宮原3−3−3ビクトリアスビル1F
アクセス
地下鉄御堂筋線「新大阪」駅下車 徒歩3分
JR「新大阪」駅下車 徒歩4分