アトピーと円形脱毛症の関係について!免疫力が関係していることも

突然10円玉大の脱毛斑ができて驚く

円形脱毛症

 

ご存知ない方も多いですが、

円形脱毛症はアトピー免疫

関係しているといわれています。

 

今回は、円形脱毛症とアトピーの関係について

また免疫力との関係についてみていきましょう。

 

アトピー性皮膚炎と円形脱毛症には関係性があるのか?

アトピー性皮膚炎と円形脱毛症には関係があるのでしょうか?

 

円形脱毛症の患者さんを調べてみたら、

アトピー素因を持つ人が40%以上

さらに家族でアトピー素因を持つ人の数を合わせると

54%になるというデータがあります。

 

アトピー素因とは、

アトピー性皮膚炎アレルギー性鼻炎、

気管支喘息アレルギー性結膜炎など、

アレルギー性疾患を起こしやすい要素のことをいいます。

 

アトピー素因を持つ体質は遺伝することが多いですが、

アレルゲンなどの環境的要素やストレスなどが加わると、

発症する確率が高くなると考えられています。

 

アトピー性皮膚炎もアトピー素因のひとつなので、

円形脱毛症になりやすい体質と捉えるのが自然です。

 

アトピー性皮膚炎だけではなく、

アレルギー性の疾患を持つ人は、

円形脱毛症の発症リスクが高いと思っておく方が良いですね。

 

参考:https://www.dermatol.or.jp/uploads/uploads/files/AA_GL2017.pdf

 

円形脱毛症は自己免疫疾患が原因?

円形脱毛症は自己免疫疾患が原因といわれていますが、

本当なのでしょうか?

 

私達の体には自分で自分の体を守る仕組みが備わっています。

 

これを「免疫機能」と呼び、

ウイルスなどが侵入してくると、

免疫細胞であるリンパ球が攻撃して体を守っています。

 

しかし、免疫細胞に何らかの異常が発生してしまうと

自分自身の正常な細胞を異物と認識し、

攻撃してしまいます。

 

この間違った攻撃によって起こるさまざまな疾患が、

自己免疫疾患です。

 

免疫機能の異常がなぜ起こるのか、

その原因は解明されていませんが、

髪の毛を作る毛母細胞が攻撃されて毛が抜けてしまうのが

「円形脱毛症」です。

 

また、円形脱毛症は自己免疫疾患との関係性が深く、

脱毛症とは関係ないように思われる自己免疫疾患を合併すること

多いという報告があります。

 

併発することが多いといわれている自己免疫疾患は、

橋本病などの甲状腺疾患尋常性白斑、関節リウマチ、

全身性エリテマトーデス、重症筋無力症、1型糖尿病

などです。

 

どの病気も免疫機能の異常が原因で起こります。

 

円形脱毛症もこれらの自己免疫疾患同様に、

免疫系の機能に異常が起こることで発症する自己免疫疾患の一つ

考えられているのです。

 

参考:https://port-medical.jp/media/articles/40

 

アトピー性円形脱毛症とは?

アトピー性円形脱毛症とは、

どのようなものなのでしょうか?

 

円形脱毛症の患者さんやご家族に、

アトピー素因を持つ人が多いという話をしました。

 

アトピー素因とは関係がないタイプと区別しやすくするためか、

アトピー素因が関係している円形脱毛症を

「アトピー性円形脱毛症」と呼ぶようです。

 

アトピー性皮膚炎や喘息などのアレルギー疾患を持つ人は、

円形脱毛症が重症化する傾向や、

治りにくい傾向があります。

 

また、アトピー素因を持つ円形脱毛症患者さんは、

一度治っても再発しやすいともいわれています。

 

そのため、円形脱毛症の治療を行う際には、

血液検査などを行い、

アレルギー疾患有無を調べることも多いようです。

 

アトピー素因を持つ場合は、

アトピーに対する治療が

円形脱毛症の治療につながるケースもあることから、

抗アレルギー剤抗ヒスタミン薬などを使用し、

アトピーの治療を行いながら、

円形脱毛症の治療を行います。

 

参考:https://allabout.co.jp/gm/gc/300706/

 

アトピーと円形脱毛症の関係が疑わしい時は専門院に相談しよう

アトピーと円形脱毛症の関係が疑われる時は、

専門院に相談するようにしましょう。

 

円形脱毛症は、

症状により

単発型」「多発型」「蛇行型」「全頭型」「汎発型」

の各タイプに分かれます。

 

最も多いタイプは「単発型」で、

脱毛斑は1つだけできるのが一般的です。

 

このタイプの場合は、

患者さんの約80%は半年から1年くらいの間に、

自然治癒するといわれています。

 

しかし、脱毛斑がいくつもできてしまう「多発型」や、

脱毛斑が細長くつながってしまう「蛇行型」は、

単発型よりも治療期間が長くなります。

 

さらに脱毛が進行して頭全体の髪が抜けてしまう「全頭型」や、

髪の毛以外の体毛なども抜けてしまう「汎発型」は、

治療を行っても治りにくく、

長期間の治療や円形脱毛症と

上手く付き合っていくことが大切になります。

 

アトピー性皮膚炎やその他のアレルギー疾患を持っている人は、

症状が重くなる傾向や、治りにくい傾向、

また再発する可能性が高くなる傾向があります。

 

患者さん本人だけでなく、

家族にアトピー素因を持つ人がいるような場合も要注意です。

 

アトピーと円形脱毛症の関係が疑わしいと感じる場合は、

早めに専門院に相談するようにしましょう。

 

参考:https://www.enkei-datsumou.com/enkei/syurui/

まとめ:アトピーと円形脱毛症の関係について!免疫力が関係していることも

円形脱毛症は、

アトピー素因を持つ人や自己免疫疾患がある人に

多く発症するようですね。

 

また、円形脱毛症を発症した人は

アトピーなどのアレルギー疾患や自己免疫疾患を併発したり、

重症化したり、

再発のリスクが高まる傾向があることもわかりました。

 

円形脱毛症も自己免疫疾患も、

原因については詳しく解明されていませんが、

免疫系の異常が引き起こす自己免疫疾患の一つという説が

最も有です。

 

10円玉大の脱毛斑に気付いたら、

アトピーとの関係が疑わしい場合はもちろんのこと、

そうじゃない場合も、

できるだけ早く専門院に相談するようにしましょう。

  • line

男性薄毛専門治療院 いいねヘアケアラボ 名古屋院

住 所
名古屋市西区名駅2-28-22 アールイービル3F
アクセス
名古屋駅1番出口から徒歩3分

TEL:052-562-3058

女性薄毛専門治療院 いいねヘアケアラボ 東京院

住 所
東京都港区東新橋2-6-7電光ビル3階
アクセス
新橋駅烏森口&汐留駅 出口から徒歩5分

TEL:050-3503-3058

女性薄毛専門治療院 いいねヘアケアラボ 大阪院

住 所
大阪府大阪市淀川区宮原3−3−3ビクトリアスビル1F
アクセス
地下鉄御堂筋線「新大阪」駅下車 徒歩3分
JR「新大阪」駅下車 徒歩4分