免疫異常が起こる原因とは?円形脱毛症は免疫異常が考えられる要因のひとつ

円形脱毛症の発症には、

免疫異常が関係していると言われています。

 

免疫異常という言葉を聞いても、

ピンと来ない方も多いかもしれませんね。

 

免疫機能は本来、

私たちの体をさまざまな外敵から守ってくれるもの。

 

その免疫機能が、

なぜ円形脱毛症を引き起こすのでしょうか?

 

今回は免疫異常とはどのようなもので、なぜ起こるのか、

免疫異常と円形脱毛症の関係について解説いたします。

 

そもそも円形脱毛症とは?

円形脱毛症とは、円形や楕円形に髪が抜けてしまう病気です。

 

円形脱毛症の脱毛部分は、

周囲の髪の毛との境目がはっきりしており、

地肌がよく見えて目立つことから、

「10円ハゲ」などと呼ばれることもあります。

 

円形脱毛症にはとくに前兆やサインはなく、

突然髪が抜けてしまうため、シャンプーのときや朝起きて

枕に落ちた抜け毛の量を見て驚き、

脱毛に気づくことが多いのです。

 

円形脱毛症は年齢や性別に関係なく発症し、

発症率は人口の1~2%ほど。

 

家族に発症者がいる人や、

アトピー性皮膚炎や気管支ぜんそくなどの「アトピー素因」

を持っている人は、そうでない人とくらべて発症しやすいと

言われています。

 

円形脱毛症は、軽度から重度まで5つの型に分類されています。

 

脱毛部分の箇所が多く、

脱毛面積が大きくなるほど重症とされており、

頭部全体の髪が抜ける「全頭型」や、

頭部に加えて体毛まで抜ける「汎発型」などもあります。

 

軽度の円形脱毛症であれば、8割が1年以内に回復していますが、

重症になると回復が難しくなり、再発率も高くなります。

 

最初は軽度の円形脱毛症であっても、

進行して重症化することもあるので注意しなければなりません。

 

参考:

https://style.nikkei.com/article/DGXKZO97796340X20C16A2TZQ001/

参考:

https://doctorsfile.jp/medication/31/

 

そもそも免疫異常とは?

私たちの体には、「免疫」という機能があります。

 

この免疫機能は、

体に入ってきた病原菌やウィルスなどの異物を攻撃し、

排除することで体の健康を守っているのです。

 

ところが、この免疫機能が何らかの原因で異常をきたし、

機能を正常に果たせなくなってしまうことがあり、

これを「免疫異常」と言います。

 

免疫異常には「自己免疫疾患」と「免疫不全」があります。

 

自己免疫疾患というのは、

免疫機能が自分の体の組織や細胞を「異物」と認識し、

攻撃してしまうことによって起こる病気のこと。

 

免疫不全というのは、

免疫機能が低下したり働かなくなったりする状態を指します。

 

円形脱毛症と関係しているのは、

この2つのうち「自己免疫疾患」の方です。

 

参考:https://www.agaskin.net/column/detail_06/

 

免疫異常が円形脱毛症を引き起こすと考えられている

円形脱毛症の原因ははっきり解明されていませんが、

免疫異常のひとつ「自己免疫疾患」によって

引き起こされると考えられています。

 

自己免疫疾患とは、正常な組織や細胞を免疫機能が誤って

攻撃してしまうために起こる疾患のこと。

 

円形脱毛症の場合は、「Tリンパ球」という細胞が

毛根を攻撃することで毛包が破壊されてしまいます。

 

毛包が破壊されると、新しい髪をつくったり

成長させたりすることができなくなるため、

髪が抜け落ちてしまうのです。

 

円形脱毛症で抜けた髪の根元を見ると、

毛根がなく先細りになった「感嘆符毛」と言われる

病的毛が多いのも、免疫機能に攻撃されて毛包が

破壊されているからです。

 

免疫異常はなぜ起こる?その原因は?

免疫異常の原因ははっきりわかっていませんが、

次のようなことが引き金となる場合があります。

 

・細胞がウィルスなどさまざまな影響により変化し、

 それを異物とみなしてしまう。

・もともと体内にある物質と似た異物が入ってきたときに、

 誤って一緒に攻撃してしまう。

・免疫機能そのものが正常に機能しなくなり、

 体内の物質に対する抗体を作ってしまう。

 

残念ながら、免疫異常には確実な予防法はありません。

 

そのため、自己免疫疾患を原因とする円形脱毛症を

予防することも難しいのです。

 

参考:http://www.ketsukyo.or.jp/glossary/ma02.html

参考:https://www.msdmanuals.com/ja-jp/

 

解明されていないことが多いが薄毛は生活習慣の見直しが大切!

円形脱毛症の原因とされている「自己免疫疾患」を

予防することは難しいのですが、薄毛の予防や改善は可能です。

 

薄毛と深く関わっている要因のひとつが、「生活習慣」。

 

食生活や睡眠、運動、喫煙、飲酒などの生活習慣の乱れは、

抜け毛や薄毛などのトラブルをまねきます。

 

「抜け毛が増えてきた」、「髪のボリュームが減ってきた」、

「髪が薄くなってきた」などと感じたときは、

生活習慣を見直してみましょう。

 

見直しのポイントをご紹介します。

 

■「たんぱく質」・「亜鉛」・「ビタミンB6」を中心に、

 バランスの良い食事を心がける

良質な睡眠をとる

■ウォーキングやジョギングなどの有酸素運動を継続する

■飲酒は適量に留め、禁煙する

アミノ酸シャンプーを使い、すすぎ残しのないようによく洗い流す

 

いいねヘアケアラボは体質改善で薄毛対策を行います!

「いいねヘアケアラボ」は薄毛の専門院です。

 

円形脱毛症はもちろん、男性薄毛のAGAや女性薄毛のFAGAなど、

さまざまな薄毛や脱毛症に対応しています。

 

いいねヘアケアラボの一番の特徴は、薬や育毛剤を一切使わずに、

体質改善」によって薄毛にアプローチしていること。

 

薄毛を改善するためには、

ただ髪を生やせばよいというわけではなく、

薄毛を引き起こしている「原因」を見つけ出し、

取り除く必要があります。

 

そこで重要になるのが、「体質改善」。

 

「整体や鍼を用いた体質改善によって薄毛の原因を解消し、

根本的な改善を図る」というのが「いいねヘアケアラボ」です。

 

いいねヘアケアラボのスタッフは全員が、

毛髪診断士の資格を持った「髪のプロ」!

 

薄毛や抜け毛、円形脱毛症などの髪のお悩みは、

ぜひいいねヘアケアラボにご相談くださいね。

 

まとめ:免疫異常が起こる原因とは?円形脱毛症は免疫異常が考えられる要因のひとつ

免疫異常とは免疫が正常に機能できなくなることを言い、

「免疫不全」や「自己免疫疾患」として現れます。

 

免疫異常の原因ははっきりわかっていませんが、

細胞がウィルスなどによって変化したり、

異物と似た細胞を異物と認識したりすることが

引き金になると考えられています。

 

円形脱毛症も自己免疫疾患のひとつで、

Tリンパ球が毛根を攻撃し破壊してしまうために

脱毛してしまうのです。

 

免疫異常を予防することはできませんが、

生活習慣を見直すことで薄毛や抜け毛を

予防・改善することは可能です。

 

食生活や睡眠、運動などの面から生活習慣を正し、

髪が生育しやすい環境を整えましょう。

 

また、本格的に薄毛を改善するためには

専門家の力を借りることが一番です。

 

髪に関するお悩みならどんなことでも、

体質改善で薄毛の改善を目指す「いいねヘアケアラボ」まで、

ぜひご相談くださいね。

 

  • ブログで分からなかったこともLINEで先生に相談できます。

    ※23歳以下の方は保護者の方からのお問い合わせをお願いいたします。

  • あなたに今一番お伝えしたいことはこちらに書かれています。

ブログを読んでいただきましたか?

ブログでは書けない私たちが伝えたいことが
たくさんこちらには詰まってます。

私たちについて

ぜひこちらをご覧いただいて、
私たちの思いを知ってください。