円形脱毛症は後頭部や側面にできることがある!円形脱毛症の原因は?

「頭の側面に円形脱毛症が…!?」

 

脱毛して地肌がクッキリと見える部分を見つけたら、

円形脱毛症の可能性があります。

 

しかし、

頭部の側面に円形脱毛症ができることはあるのでしょうか?

 

実を言うと、円形脱毛症は頭部のどのような場所にも

できる可能性があるのです。

 

今回は、円形脱毛症の原因や種類、頭部の側面など

円形脱毛症のできる場所、円形脱毛症をカバーする方法

について解説いたします。

 

そもそも円形脱毛症とは?

円形脱毛症とは、頭部に丸もしくは楕円形の脱毛が起こる病気で、

年齢や性別にかかわらず発症する可能性があります。

 

時間をかけて徐々に髪が薄くなっていくAGA(男性型脱毛症)など

と違い、急激に髪が抜けてしまうのが特徴です。

 

円形脱毛症で脱毛した部分は、

周囲の髪との境目がはっきりしており、地肌が見えます。

 

軽度の円形脱毛症であれば自然治癒する場合もありますが、

進行して脱毛の箇所が増えたり、

融合して面積が大きくなったりすると、

難治化することもあるので注意が必要です。

 

円形脱毛症は後頭部や側面などどのような場所にもできる可能性がある

円形脱毛症ができる場所は決まっておらず、

頭部のどのような場所にもできる可能性があります。

 

円形脱毛症は頭頂部が脱毛するイメージがありますが、

前頭部や側面、後頭部の生え際のあたりの髪が

抜けることもあるので注意しましょう。

 

また、円形脱毛症が進行すると頭部全体が脱毛したり、

頭部に加えて体毛まで脱毛したりする場合もあります。

 

・急激に抜け毛が増える

・脱毛部分の地肌がくっきり見える

・爪の表面がでこぼこしている

 

このような症状があるときは、

円形脱毛症を疑ってみる必要があります。

 

側面でできる円形脱毛症も他の箇所でできる円形脱毛症と同じ原因で起こる

円形脱毛症の原因ははっきり解明されていませんが、

主に「自己免疫疾患」によるものとされています。

 

免疫機能が本来ならその必要がないにもかかわらず、

毛根を攻撃・破壊してしまうことによって脱毛する

というのがその仕組みです。

 

このような発症の仕組みは、側面や頭頂部、後頭部など

発症部位に関係なく起こる可能性があります。

 

また、アトピー性皮膚炎や気管支喘息などの「アトピー素因」

がある人や、円形脱毛症の発症歴のある家族がいる人は、

発症率が高くなると言われています。

 

参考:

https://www.aderans.co.jp/kamiwaza/usuge_kiso_chishiki/mystery_of_alopecia_areata/

 

円形脱毛症の種類について

円形脱毛症は脱毛部分の数や箇所によって、

5つのタイプに分類されています。

 

■「単発型」

円形脱毛症ではもっとも軽度で、

頭部に生じる脱毛が1か所のみのタイプ。

 

8割は1年以内に治っており、自然治癒するケースもありますが、

数が増えて多発型になるケースもあります。

 

■「多発型」

頭部に生じる脱毛が複数のタイプ。

 

隣同士がくっついて脱毛範囲が広がったり、

脱毛箇所が増えたりすることもあるので

注意する必要があります。

 

■「全頭型」

頭部が全体的に脱毛する重度の円形脱毛症です。

 

治療が難しく時間を要するだけでなく、

再発率も高くなります。

 

■「汎発型」

頭部全体の脱毛に加えて、まつげや眉、ひげ、わき毛など

体毛まで脱毛する重度の円形脱毛症です。

 

難治性で治療に時間がかかり、再発率も高くなります。

 

■「蛇行型」

耳の周辺など頭部の側面や、うなじのあたりなど

髪の生え際が細長く脱毛するタイプです。

 

悪化して全頭型になる場合もあるので、

注意しなければなりません。

 

側面に脱毛している箇所を見つけたら、

早めに専門家に相談しましょう。

 

参考:https://www.enkei-datsumou.com/enkei/syurui/

 

頭部の側面にできた円形脱毛症はウィッグでカバーする方もいる

頭部の側面が脱毛している場合、

円形脱毛症の「蛇行型」の可能性があります。

 

蛇行型が進行すると脱毛範囲が広くなってしまうため、

ヘアスタイルの工夫や帽子の利用だけでは脱毛部分を

うまくカバーできないことも…。

 

そんなときは、「医療用ウィッグ」を検討してみるのも

ひとつの方法です。

 

医療用ウィッグとは、抗がん剤治療による脱毛や、

円形脱毛症をはじめとするさまざまな脱毛症に

対応したウィッグです。

 

通気性のよさや軽量化などつけ心地にこだわっているのは

もちろん、髪の艶や分け目、つむじなども

自然に見えるように作られています。

 

頭部の側面が脱毛している場合、

とくに気になるのがもみあげの部分ですが、

浮かないように工夫されているので安心して

装着することができます。

 

脱毛箇所が気になってストレスを抱えてしまうと、

自律神経が乱れて髪の生育にも悪影響を及ぼします。

 

ウィッグなどで脱毛箇所を上手にカバーして、

できるだけ快適に過ごせるように心がけましょう。

 

参考:https://ladys.svenson.co.jp/trivia/enkei-wig/

参考:https://ladys.svenson.co.jp/about/enkei/

 

まとめ:円形脱毛症は後頭部や側面にできることがある!円形脱毛症の原因は?

円形脱毛症とは突然、円形や楕円形に髪が抜けてしまう病気で、

自己免疫疾患のひとつと考えられています。

 

円形脱毛症は、頭部のさまざまなところにできる可能性があります。

 

頭部の側面や後頭部が脱毛している場合も、急激に抜け毛が増え、

脱毛箇所の地肌がくっきり見えているのであれば、

円形脱毛症を疑ってみた方がよいでしょう。

 

頭部の側面や後頭部の生え際が脱毛する「蛇行型」の可能性も

考えられるので、重症化しないように早めに対処することが

大切です。

 

また、側面の円形脱毛症には医療用ウィッグがおすすめ!

 

ウィッグで脱毛箇所を上手にカバーして、

できるだけストレスを感じないで過ごせるようにしてくださいね。

  • ブログで分からなかったこともLINEで先生に相談できます。

    ※23歳以下の方は保護者の方からのお問い合わせをお願いいたします。

  • あなたに今一番お伝えしたいことはこちらに書かれています。

ブログを読んでいただきましたか?

ブログでは書けない私たちが伝えたいことが
たくさんこちらには詰まってます。

私たちについて

ぜひこちらをご覧いただいて、
私たちの思いを知ってください。