円形脱毛症のメカニズムの全貌は解明されていない?さまざまな説をご紹介!

円形脱毛症ができると、

すぐにストレスと結びつけて考える方が多いですが、

ストレスは発症のキッカケにすぎないといわれています。

 

発症の原因にもさまざまな説があり、

人によって症状も原因も異なる脱毛症のため、

メカニズムの全貌は解明されていません。

 

しかし、最近ではわかってきていることも増え、

診療や治療におけるガイドラインも存在しています。

 

そこで今回は、

円形脱毛症を発症するメカニズムについて解説します。

 

円形脱毛症のメカニズムは解明されていない?

円形脱毛症を発症するメカニズムは、

実は詳しくは解明されていません。

 

ストレスが原因と思い込んでいる方も少なくありませんが、

どうやら遺伝子や免疫機能などが関係しているようなのです。

 

年齢や性別に関係なく誰もが発症するリスクがありますが、

特に発症しやすい体質も存在していることがわかっています。

 

多くの方が円形脱毛症に対する誤った認識を持っているため、

正しく理解しておくことが大切です。

 

円形脱毛症といっても脱毛の症状はいろいろです。

 

小さな脱毛から広範囲の脱毛まで、

ときには髪の毛が全部抜けたり、

体毛までも全て抜けたりしてしまうこともあります。

 

広範囲に脱毛が起こると治りにくくなるため、

早めに対策をすることが重要です。

 

また、進行が早いという特徴もあるため、

脱毛が広がってきたなどの変化がある場合は注意が必要です。

 

参考:

https://www.aderans.co.jp/kamiwaza/usuge_kiso_chishiki/mystery_of_alopecia_areata/

 

円形脱毛症で考えられるメカニズム1:自己免疫の異常

円形脱毛症が起こるメカニズムとして

考えられている説の1つ目は「自己免疫の異常」です。

 

人間にもともと備わっている自己免疫機能は、

外から侵入してきたウイルスなどを攻撃して

体を守る働きがあります。

 

しかし、この自己免疫機能に異常が起こり、

自分の体の細胞を攻撃してしまうことがあります。

 

この自己免疫の異常が毛根で起こり、

髪の毛が抜けてしまうと考えられているのです。

 

参考:https://www.ebm.jp/disease/skin/03datsumo/guide2.html

 

円形脱毛症で考えられるメカニズム2:遺伝によるもの

円形脱毛症を発症するメカニズムとして

考えられている説の2つ目は「遺伝によるもの」です。

 

ヒト白血球型抗原(HLA)という遺伝子には複数の型があり、

その中に円形脱毛症を発症しやすい型があるというのです。

 

しかし、発症しやすい型だからといって

必ずしも発症するとは限りません。

 

要因は複数あり、

人によってどの要因がキッカケになるかはわからないからです。

 

また、家族内での発症率が高いことをみても、

遺伝的要素が関係しているといえるでしょう。

 

参考:https://dot.asahi.com/wa/2018100300027.html?page=1

参考:https://www.enkei-datsumou.com/enkei/genin/

 

円形脱毛症で考えられるメカニズム3:ストレスによるもの

円形脱毛症が起こるメカニズムとして

考えられている説の3つ目は「ストレスによるもの」です。

 

昔から円形脱毛症はストレスと結びつけて

考えられてきました。

 

ストレスが脱毛を引き起こす要因の一つであることは

確かですが、ストレスが関係していないにもかかわらず

発症するケースもあり、ストレスだけが原因とは

言い切れません。

 

ストレスには自分で自覚できているストレスもあれば、

自覚していないストレスもあります。

 

自覚のないままストレスを溜め込んでしまうと、

円形脱毛症に限らず、体にさまざまな不調が

現れてしまうこともあるので注意しましょう。

 

参考:

https://www.healthcare.omron.co.jp/resource/column/topics/32.html

 

円形脱毛症で考えられるメカニズム4:ホルモンバランスの乱れ

円形脱毛症を発症するメカニズムとして

考えられている説の4つ目は「ホルモンバランスの乱れ」です。

 

女性ホルモンのバランスが乱れると、

脱毛が起こりやすくなることもあります。

 

女性ホルモンの分泌量は、妊娠中に急激に増加し、

出産後には急激に減少します。

 

この急な女性ホルモンの変化により、

毛周期に乱れが生じて抜け毛が起こりやすくなるのです。

 

このような産後脱毛(分娩後脱毛)は、

出産後に起こる珍しくない脱毛症の一つです。

 

しかし、中には円形脱毛症になる方もいるので、

髪の抜け方には注意が必要です。

 

円形脱毛症やその他の薄毛など共通する薄毛対策について

円形脱毛症やそれ以外の薄毛などに共通している

薄毛対策についてもご紹介しましょう。

 

遺伝や自己免疫の異常、

出産前後の女性ホルモンの分泌量の変化は、

自分でコントロールできるものではありません。

 

まずは、少しずつでも良いので、

できることからはじめてみましょう。

 

心身を健康に保つことが、

発毛や育毛に良い効果をもたらすと考えられます。

 

そのためには、ストレスをためないように気をつけ、

自律神経やホルモンバランスが乱れないように

生活のリズムを整えたり、栄養バランスを考えた食事を

とったりすることが大切です。

 

また、適度な運動や頭皮マッサージなどで、

血液の循環を良くしておくことも薄毛対策につながるでしょう。

 

まとめ:円形脱毛症のメカニズムの全貌は解明されていない?さまざまな説をご紹介!

円形脱毛症がなぜ起こるのか、

その全貌は明らかになってはいませんが、

発症の原因と考えられるさまざまな説は存在しています。

 

私たちは「円形脱毛症はストレスが原因」という

昔からのイメージに固執するのではなく、

発症のメカニズムを正しく理解しておくことがとても大切です。

 

円形脱毛症は命にかかわる病気ではありませんが、

誰にでも起こりうる病気です。

 

ひどくなると外見にも大きな変化が生じてしまうため、

髪の毛を失うショックやストレスが大きいのも特徴です。

 

病気に対する偏見などを生まないためにも、

みんながこの病気を正しく理解しておきたいですね。

あなたに今一番お伝えしたいことはこちらに書かれています。

ブログを読んでいただきましたか?

ブログでは書けない私たちが伝えたいことが
たくさんこちらには詰まってます。

私たちについて

ぜひこちらをご覧いただいて、
私たちの思いを知ってください。