痛みがなく髪の毛が抜け落ちる…もしかすると円形脱毛症?

最近、抜け毛が以前に比べて多い、

髪の毛を触るとパラパラと落ちるなど、

髪の毛で気になる症状はありませんか?

 

床に落ちている髪の毛の数が異常に多いなど、

急にたくさんの髪の毛が抜け落ちるのは、

とても不安になりますよね。

 

痛みがなく髪の毛が抜け落ちることが多いのならば、

もしかすると円形脱毛症かもしれません。

 

今回は円形脱毛症の症状や原因などをご紹介し、

その対策についても考えます。

 

痛みがなく簡単に髪の毛が抜けてしまう円形脱毛症

髪の毛の一部が一気に抜けてしまう疾患「円形脱毛症」。

 

円形脱毛症を発見した時のショックは大きいものです。

 

円形脱毛症は痛みもないため、

髪の毛が抜け落ちることに気づかず、

他人に言われて初めて気がつくケースが少なくありません。

 

このように痛みがなく簡単に髪の毛が抜けてしまう

円形脱毛症ですが、性差や年齢などは発症するにあたり

影響されないと言われています。

 

症状も一定ではなく人それぞれであり、

脱毛が一箇所だけの場合もあれば複数箇所、

全身に及ぶことも。

 

また、完治するには最低でも3ヶ月はかかると言われており、

長期間になると数年というケースもあります。

 

このように症状や完治する期間も個人で違うため、

原因や治療法なども一人ひとりに合わせた治療が

大切になってくると言えるでしょう。

 

参考https://www.agaskin.net/column/detail_06/

 

円形脱毛症の周囲も引っ張ると痛みなく簡単に髪が抜けてしまう

具体的に円形脱毛症の症状にはどのようなものがあるのか

見ていきましょう。

 

コインぐらいの大きさの円形や楕円形の脱毛が、

一箇所〜複数箇所、または頭部の広範囲、体毛など

全身に生じるのが円形脱毛症です。

 

髪の毛が抜け落ちる時には痛みなどはなく、

その脱毛した周囲の髪の毛も引っ張ると痛みがなく

簡単に抜け落ちてしまいます。

 

また、円形脱毛症で抜け落ちた髪の毛の毛根の先端は、

細く尖っているという特徴が見られます。

 

円毛脱毛症にはいくつか種類があり、

「単発型」「多発型」「蛇行型」「全頭型」「汎発型」

に大きく分けられます。

 

比較的多く見られるのが「単純型」であり、

一箇所に脱毛が見られ約8割の人が1年以内に治癒すると

言われています。

 

しかし、中にはこの「単純型」から

「多発型」「蛇行型」「全頭型」「汎発型」に移行する場合も。

 

その場合は、

脱毛する範囲も広がることから治療期間も

長期間に及ぶことがほとんどであると言われています。

 

長期間の治療になるため、円形脱毛症の治療だけではなく

心のケアも必要であり、上手く症状と付き合いながら

治療を継続していくことが重要となってきます。

 

参考https://www.enkei-datsumou.com/enkei/syurui/

 

円形脱毛症の治療は痛みを伴うこともある

円形脱毛症を発症し、数ヶ月経てから自然に回復することも

多いと言われていますが、

脱毛箇所が増えるなど症状が進行したり、

全身にまで及ぶ場合は年単位での治療が必要になってきます。

 

それでは、円形脱毛症の具体的な治療はどのように

行われるのでしょうか?

 

代表的な治療法はいくつかあり、

それぞれ特徴が違うためご自身の症状に応じた治療を

進めていくことが重要です。

 

・ステロイド治療

・局所免疫療法

・冷却療法

・ミノキシジル外用療法

 

など、代表的なものをあげましたが、

これ以外にも治療法は存在します。

 

中でも、上記に挙げたステロイド治療は内服薬と外用薬があり、

炎症や免疫機能を抑制する効果があると言われています。

 

脱毛箇所にステロイド注射をすることで

高い効果が期待できるとされていますが、

その反面、痛みを伴ったり注射した部位に陥没が

見られる場合があり注意が必要となります。

 

どの治療法も、

万人に効果があるとは言えず確立はしていないため、

根気よく治療を継続していくことが大切です

 

また、それぞれの治療法の特徴なども違いますので、

よく理解した上で進めていくことも必要となってきます。

参考https://www.enkei-datsumou.com/enkei/chiryou/

 

円形脱毛症の初期症状から回復期まで

円形脱毛症の原因は様々であり諸説ありますが、

髪の毛が抜け落ちてしまうメカニズムは

一体どのようなものなのでしょうか?

 

円形脱毛症の初期段階の症状としては、

脱毛班の発見や指摘で気づくケースが少なくありません。

 

その他に、何の兆候もなく突然髪の毛が抜け落ちた場合や、

爪に小さなでこぼこがいくつか見られるなどの兆候があると

言われています。

 

これらの初期症状が見られ症状が進行してくると、

脱毛している部位が広がってきたり、

床や枕に抜け落ちた毛が数本見られたり、

脱毛している周囲の毛を引っ張ると簡単に痛みなく抜ける、

抜け落ちた毛先が細く尖っている、などの特徴が見られます。

 

このタイミングで症状に応じた治療を開始する場合が多く、

自然に回復したりすることも。

 

この時点で脱毛が止まり症状が回復していく「回復期」に

移行することがほとんどであると言われています。

 

回復期の主な症状としては、

脱毛した一部に細く短い毛が生えてきたり、

毛穴が点々と見える、脱毛した周囲の髪の毛を引っ張っても

簡単に抜けないなどが見られるようになります。

 

このように、髪の毛の生えるサイクルなども関係し

初期症状から回復期までの時間は短くても、

約3ヶ月はかかると考えておいたほうがいいでしょう。

 

参考https://www.enkei-datsumou.com/enkei/

 

円形脱毛症のセルフケアについて

円形脱毛症を発症したら、

まずは自己判断せずに専門家に相談することをおすすめします。

 

髪の毛が抜け落ちることの

精神的な負担は想像以上に大きいものです。

 

ご自身でできる円形脱毛症のセルフケアとしては、

何よりも規則正しい生活を心がけることが大切です。

 

睡眠であったり食事、ストレスを溜めない、

適度に運動をするなど無理のない範囲で行うことから

始めてみてはいかがでしょうか?

 

身体は1つであり全身に影響するものであり、

心身の健康が髪の毛のケアにも繋がってきます。

 

専門家に相談することで円形脱毛症を発症した原因を探り、

効果的な治療の判断・見通しがつくので、

早めの相談をし改善することが望ましいでしょう。

 

参考https://www.agaskin.net/column/detail_06/#p02

 

まとめ:痛みがなく髪の毛が抜け落ちるもしかすると円形脱毛症?

かなりの量の抜け毛が増えてきた、

また痛みがなく髪の毛が抜け落ちるなど、

もしかすると円形脱毛症?と不安になる方は、

まずは専門家に相談することが大切です。

 

症状がどんどん進行していき、

脱毛する範囲が広がっていくことも考えられますので、

そうなる前に少しでも不安な症状として思い当たる場合は、

医療機関や専門家を受診されるといいでしょう。

  • ブログで分からなかったこともLINEで先生に相談できます。

    ※23歳以下の方は保護者の方からのお問い合わせをお願いいたします。

  • あなたに今一番お伝えしたいことはこちらに書かれています。

ブログを読んでいただきましたか?

ブログでは書けない私たちが伝えたいことが
たくさんこちらには詰まってます。

私たちについて

ぜひこちらをご覧いただいて、
私たちの思いを知ってください。