円形脱毛症の形は円形や楕円形にできるもの!他の脱毛症との違いについて

いつもと同じようにスタイリングしているはずなのに

違和感がある、シャンプー時の抜け毛が目に付く、

と言ったことは、薄毛のサインです。

 

急激な変化を感じているのであれば、円形脱毛症かも知れません。

 

円形脱毛症はできる脱毛斑の形や進行スピードに特徴があります。

 

そこで今回は、

円形脱毛症と他の脱毛症との違いについて、ご説明します。

 

円形脱毛症の形は円形や楕円形で髪の毛が抜ける

円形脱毛症は名前の通り、

円形に髪の毛の抜け落ちが生じる脱毛症です。

 

頭部のある一部分、狭い範囲で脱毛が起きます。

 

脱毛後は円形に頭皮が露わになり、

直径2~3㎝程度の脱毛斑ができます。

 

大きさ・形が硬貨のようであることから、

10円ハゲや100円ハゲとも呼ばれます。

 

ほとんどの円形脱毛症は丸い脱毛斑ができますが、

楕円形に髪の毛が抜け落ちる場合もあります。

 

脱毛斑が楕円形だからと言って、大きな問題があると

すぐに心配する必要はあまりありません。

 

しかし円形脱毛症が進行して多発型に移行し、

2つ以上できた脱毛斑がくっついて楕円形に

見えている可能性もあります。

 

円形脱毛症は脱毛斑が1つだけの単発型であれば、

容易に治るケースが多い脱毛症です。

 

しかし重症化すると脱毛斑が2つ以上に増えたり

脱毛している面積が増えたりして、

なかなか治らない難治性のものへと移行します。

 

楕円形の脱毛斑は大きさや形のいびつさに注意し、

2つ以上の脱毛斑がくっついたものではないかを

よく見るようにしましょう。

 

 

円形脱毛症の特徴について

円形脱毛症は次のような特徴を持つ脱毛症です。

 

■一部分だけ脱毛する

頭部のある部分だけに脱毛が起こり、

その周辺だけが薄毛状態になります。

 

他の部分の髪の毛は異常なく生え続け、毛量も変化しません。

 

■円形の脱毛斑ができる

髪の毛が抜け落ちた後は頭皮が露わになり、脱毛斑ができます。

 

唾液の形は円、あるいは楕円です。

 

大きさは硬貨程度であることが一般的です。

 

■急に発症する

円形脱毛症には前兆が見られません。

 

■進行が早い

進行スピードが早く、

脱毛斑の出現で気づくケースが多くなっています。

 

■抜け毛の根元が尖っている

円形脱毛症で抜け落ちた髪の毛の根元は、

刃物で切られたように尖っています。

 

参考:https://www.enkei-datsumou.com/enkei/

 

円形脱毛症はひとつだけではなく複数できてしまう形もある

円形脱毛症は単発型や多発型、全頭型、全身型と

言った種類があります。

 

単発型は脱毛斑が1つできる、もっとも軽症の円形脱毛症です。

 

円形脱毛症のほとんどはこの形に該当し、

多くは1年以内と言う短期間で治ります。

 

病院などで治療を行ったり特別な改善策を取ったりしなくても、

自然に治ることが多い形です。

 

しかし単発型円形脱毛症から、脱毛斑が2つ以上できる

多発型円形脱毛症へと進行するケースもあります。

 

多発型になると治癒までに長期間を要するように。

 

自然治癒する可能性もかなり低下し、病院やクリニック、

薄毛専門院の受診が必要になります。

 

参考:https://www.enkei-datsumou.com/enkei/syurui/

 

円形脱毛症の形が広がってしまうこともある

円形脱毛症は進行すると脱毛斑が2つ以上に増える多発型になる他、

広がって大きい面積で髪の毛の抜け落ちが生じるケースがあります。

 

脱毛斑が広がると蛇行型円形脱毛症や全頭型円形脱毛症へと

移行します。

 

蛇行型は脱毛斑が細長い形に広がります。

 

全頭型は脱毛斑が頭全体に広がる円形脱毛症。

 

さらに進行して悪化すると、まつげや眉毛など

全身の体毛が抜ける全身型円形脱毛症へと移行します。

 

参考:http://leemoonwon.com/jap/type/s06.html

 

円形脱毛症とその他の脱毛症との違いについて~AGA・脂漏性脱毛症~

円形脱毛症は急に髪の毛が抜け落ち、

頭皮が露わになって円形の脱毛斑ができる脱毛症です。

 

毛量が減って薄毛の状態となる点では

他の脱毛症と変わりはありませんが、

進行のスピードと抜け毛が生じる範囲、

かゆみや赤みの有無がAGAや脂漏性脱毛症とは異なっています。

 

AGAは男性ホルモンが変性することで引き起こされる脱毛症です。

 

広範囲で薄毛になり、長い年月をかけて進行します。

 

脂漏性脱毛症は皮脂の過剰分泌により

頭皮に炎症が起こる脂漏性皮膚炎に伴って発症する脱毛症です。

 

皮膚炎による頭皮のかゆみや赤みがあります。

 

円形脱毛症の場合、回復期に入って新しい髪の毛が生える際に

かゆみを感じることがあるものの、進行期に頭皮に

かゆみや赤みを生じることはあまりありません。

 

参考:

https://www.aderans.co.jp/kamiwaza/usuge_kiso_chishiki/mystery_of_alopecia_areata/

 

まとめ:円形脱毛症の形は円形や楕円形にできるもの!他の脱毛症との違いについて

円形脱毛症は頭部のある一部分の髪の毛がまとまって

抜け落ちてしまう脱毛症です。

 

頭皮に丸形や楕円形の脱毛斑ができることを特徴としています。

 

AGAや脂漏性脱毛症は全体的に薄毛になり、

だいぶ進行してからでなければ頭皮があらわに

見えるようにはなりません。

 

また円形脱毛症が急スピードで脱毛していくのに対し、

AGAや脂漏性脱毛症はスローペースで髪の毛が抜けていきます。

 

自身の薄毛が円形脱毛症か、そうでないか、

特徴や違いから判断しましょう。

 

円形脱毛症の場合は、とくに早い対策が必要です。

 

悪化しないうちに薄毛専門院などへ相談して下さいね。

  • ブログで分からなかったこともLINEで先生に相談できます。

    ※23歳以下の方は保護者の方からのお問い合わせをお願いいたします。

  • あなたに今一番お伝えしたいことはこちらに書かれています。

ブログを読んでいただきましたか?

ブログでは書けない私たちが伝えたいことが
たくさんこちらには詰まってます。

私たちについて

ぜひこちらをご覧いただいて、
私たちの思いを知ってください。