20代であっても円形脱毛症に?子供もなり得る円形脱毛症

円形脱毛症の約25パーセントは15歳以下と言われているので、

20代や子供の患者さまも多くいらっしゃいます。

 

その他の脱毛症も20代で発症する方が年々増加しています。

 

円形脱毛症やその他の脱毛症が若くして発症するのは

どのような原因でしょうか。

 

そこで今回は「20代などの若ハゲと言われるものの原因」や

円形脱毛症やその他脱毛症などになりにくくするための方法

についてご紹介いたします。

 

20代の方にも円形脱毛症やその他の脱毛症に悩む人はいる

中年以降になると髪の毛が薄くなったり

はげたりするイメージがあるかもしれません。

 

しかし円形脱毛症や若ハゲに悩む20代は、

脱毛症の種類によっては増加傾向にあります。

 

そのため若くても円形脱毛症やAGAといった脱毛症など

無関係ではありません。

 

円形の脱毛斑が1つ~複数現れたら円形脱毛症です。

 

頭頂部や髪の生え際がうすくなってきていたら、

AGAや脂漏性皮膚炎による薄毛などの可能性があります。

 

20代だからと安心せずに、髪の毛が薄くなってきていたり

一部分の髪の毛が抜けている場合は早めに対処しましょう。

 

20代などの所謂若ハゲと言われるものの原因について

20代などの若ハゲと言われるものの原因は脱毛症により

違いがありますが、考えられるのは4つです。

 

・男性ホルモン

・遺伝

・ストレス

・生活習慣の乱れ

 

AGAは男性ホルモンの量や5αリダクターゼⅡ型の活性度、

遺伝により20代からはげることがあります。

 

ストレスや生活習慣の乱れでは自律神経や

ホルモンバランスの乱れをひきおこすので、

血行不良になりやすく頭皮に栄養が届きにくくなります。

 

頭皮に栄養が届かないと頭皮環境が悪化し、

新しい髪の毛が生えにくくなります。

 

1つの原因だけでなく、

複数の原因が重なることで薄毛リスクがさらに高まります。

 

参考:https://ai-med.jp/contents/aga/article-4/

 

20代よりも若い子供も円形脱毛症になることもある

円形脱毛症は老若男女誰でもなる可能性があるので、

20代だけでなく子供もなる可能性があります。

 

円形脱毛症は自己免疫疾患が主な原因と言われており、

アトピー体質などを持っている子供がある日

急にごっそりと髪の毛が抜けることがあります。

 

しかし円形脱毛症は子供や20代など若いうちになると

思っていない方も多いので、

気づくのが遅くなる傾向があります。

 

円形脱毛症は早期発見するほど治りやすいため、

寝起きの枕に髪の毛が大量についているのを見たら

子供でも脱毛斑を探したり円形脱毛症を疑ってください。

 

参考:

https://beauty.epark.jp/hair/article/bc-1/mc-73/sc-22/writing-000583/

 

子供の脱毛症は家族のサポートが必要

子供が円形脱毛症になると、

本人だけでなく親も将来の不安などから神経過敏になることも。

 

治療をはじめてもすぐには治らないため、

親子ともにストレスが多くなりがちです。

 

子供に精神的な負担がかからないように親が余裕を持って、

家族で子供の脱毛症をサポートしてあげましょう。

 

あまり神経過敏にならずに普通に接する、

親子の会話を増やすなどして心のゆとりをもつといいですよ。

 

「脱毛症になってもあなたの価値は変わらない」と

伝えてあげることも大切です。

 

子供のストレスが溜まらないように

心が安定する生活を送ってください。

 

参考:https://www.enkei-datsumou.com/enkei/kids/

 

20代に限らず若いうちから薄毛にならないように生活は規則正しく!

男性ホルモンの量を調整したり遺伝による薄毛を

セルフケアで改善しようとするのは難しいです。

 

しかしストレスや生活環境の乱れは、

自分の努力で改善できる部分があります。

 

20代でまだ薄毛になっていなくても若いうちから

規則正しい生活を送ることで、

薄毛になりにくい頭皮環境を作ることができます。

 

運動や質の良い睡眠をとりましょう。

 

運動や睡眠は血行促進され、

ストレスの軽減にもなります。

 

さらに食生活や生活環境を見直しも大切です。

 

規則正しい生活を送って

薄毛になりにくい頭皮を作ってくださいね。

 

20代の円形脱毛症などの薄毛症状はなるべく早く専門院に相談しよう

20代の円形脱毛症などは薄毛に気づきにくいため、

気づいたときには症状が進行していることも。

 

円形脱毛症は進行するほど脱毛斑が増えたり

脱毛範囲が広がることもあるので、

円形脱毛症かと思ったら早めに専門院に相談しましょう。

 

皮膚科でも円形脱毛症の治療を受けることも出来ますが、

病院は基本的に薬を使用します。

 

しかし薬は効果がある一方、副作用が起こることも。

 

薬に頼らない薄毛改善を目指すなら、

薄毛の患者さまを多数改善実績のある専門院に

相談をおすすめします。

 

専門院のプロは頭皮環境や髪の毛の状態、

生活習慣などあらゆる角度から薄毛の原因や症状を考え

薬に頼らない方法で薄毛の改善を目指します。

 

ご自身ではAGAだと思っていても

円形脱毛症と判断されることもあるなど、

プロにしか分からないこともります。

 

脱毛症状により対処法も変わってくるので、

20代の円形脱毛症など薄毛が気になったら

早めに専門院に相談してくださいね。

 

まとめ:20代であっても円形脱毛症に?子供もなり得る円形脱毛症

20代であっても子供であっても、

円形脱毛症や薄毛に悩む方は多くいます。

 

脱毛症により原因の違いはありますが、

考えられる原因は4つ。

 

・男性ホルモン

・遺伝

・ストレス

・生活習慣の乱れ

 

脱毛症の中でも円形脱毛症は20代だけでなく

子供にも多く発症します。

 

子供が円形脱毛症になったときは、

家族でサポートし心のゆとりがもてる生活をしましょう。

 

また20代から若ハゲにならないためには、

規則正しい生活をして頭皮環境をよくすることも大切です。

 

運動や質の良い睡眠でストレス軽減を心がけてください。

 

20代の若ハゲは気づくのが遅かったりして、

円形脱毛症なら脱毛斑の数が増えたり範囲が広がるなど、

気づいたときには症状が進行していることもあります。

 

20代や子供であっても円形脱毛症や他の脱毛症に

気付いたら早めにプロに見てもらいましょう。

 

薄毛に詳しい専門院ならどの脱毛症かわかり、

それに合った施術やアドバイスをしてくれます。

 

一人ひとりに合ったセルフケアも教えてくれるので、

髪の毛が多く抜けると思ったらプロに相談してくださいね。

  • ブログで分からなかったこともLINEで先生に相談できます。

    ※23歳以下の方は保護者の方からのお問い合わせをお願いいたします。

  • あなたに今一番お伝えしたいことはこちらに書かれています。

ブログを読んでいただきましたか?

ブログでは書けない私たちが伝えたいことが
たくさんこちらには詰まってます。

私たちについて

ぜひこちらをご覧いただいて、
私たちの思いを知ってください。