肥満は薄毛になりやすい?偏った食生活は悪影響も

太っていると「薄毛」になる可能性がある。 

 

ちょっとドキッとする話ですが、薄毛と肥満は関連しています。 

 

どちらも「容姿」に大きく影響するので、できれば避けたいところです。 

 

なぜ、肥満と薄毛が関連しているのか? 

 

肥満と薄毛を予防するためには、何をすればいいのか。 

こちらで解説いたします。 

 

肥満は薄毛になる可能性が上がる!?

そもそも、肥満の定義は、「見た目がぽっちゃりしている」とか

「お腹がぽっこりして二の腕もぷにぷに」などいう

あいまいな表現では測れません。 

 

ずばり、「肥満」は数字で確認できます。 

 

世界的にも使われているBMI(Body Mass Index) 

 

この数値が25以上は肥満。35以上は高度肥満と定義されています 。

 

BMIは、体重(kg)÷身長(m)÷身長(m)で算出できます。 

 

この数値が25以上だと「肥満」ですが、

肥満=薄毛ということでは、ありません。 

 

厳密にいうと、肥満になる人の生活習慣は、

薄毛を発症させやすい条件が揃っているのです。 

 

そういう意味で、「薄毛」と「肥満」は関連性があると

言ってもいいでしょう。 

 

「肥満」の人の生活習慣は、 

・高カロリーの食事やジャンクフードを好む傾向がある。 

・運動の習慣があまりない。 

・強いストレスを抱えている 

以上のような傾向があると考えられます。 

 

「高カロリーの食事」や「ジャンクフード」は、塩分、脂質、糖質、

カロリーは高めですが、良質のたんぱく質やビタミン、ミネラルなどの

栄養素が足りてない可能性があります。

 

髪の毛は、たんぱく質(ケラチン)でできており、

ケラチンを作るためには、アミノ酸、ビタミン、ミネラルが

必要となりますので、不足していると、健康な髪の毛を

育てることができません。

 

また、脂質の摂りすぎは、皮脂の過剰な分泌にもつながり、

頭皮の毛穴の詰まりを引き起こすきっかけにもなります。

 

毛穴の詰まりは、ヘアサイクルの乱れにも影響するので、

薄毛を引き起こす原因となります。 

 

また、運動不足になると、血流が悪くなり、

新陳代謝にも影響が出てきます。

 

新陳代謝がにぶくなると、細胞の生まれ変わりにも影響し、

頭皮のターンオーバーにも乱れが生じます。 

 

適度な運動の習慣は、血流を促すためにも、必要です。 

 

さらに、「ストレスでドカ食い」「ストレス解消にスイーツ」など

と言われるように、過剰なストレスは過剰な食欲になり、

肥満へとつながります。

 

過剰なストレスは、頭皮環境も悪化させるので、

自分なりのストレス解消法を見つけることが大切です。 

 

栄養バランスが偏っていると頭皮環境に影響も

生活習慣の中でも、一番大切なのは、

「栄養バランスのとれた食事」です。

 

体は、食べた物でできています。食べ物に含まれる栄養素は、

「エネルギーになるもの」

「骨や筋肉など体を作るもの」

「体の調子を整えるもの」

があり、このどれか一つが欠けても、

健康な身体づくりはのぞめません。 

 

具体的には、 

主食・・・ごはん、パン 

主菜・・・魚、大豆製品、肉、卵 

副菜・・・野菜、海藻、きのこ 

 

こういった献立の食事をすることで、

肥満対策と薄毛対策ができるのです。 

 

反対に、脂質過多の食事をしていると、皮脂の過剰分泌に

つながり、頭皮の毛穴の詰まりを引き起こし、

髪の成長を妨げることになります。 

 

過度なダイエットも栄養不足に繋がって薄毛の原因になることも

肥満につながる生活習慣は、薄毛にも影響しますが、反対に、

過度なダイエットも危険です。

 

極端なダイエットは、身体に脂肪をため込みやすくし、

筋肉量が減り、髪の毛の栄養不足を招きます。 

 

また、健康を損なうような事態にもなりかねませんので、

生活習慣を整えて、ゆっくりとしたペースで減量できる

ようなダイエットを行いましょう。 

 

肥満予防や薄毛対策の為に運動がおすすめ 

次に、おすすめなのは、適度な運動習慣を取り入れること。 

 

適度な運動は、肥満予防はもちろん、薄毛対策にも最適です。 

 

ウォーキングなどは、手軽に始められますが、なかなか時間が

取れないという方は、通勤の時に1駅分歩く。

 

エスカレーターは使わないで階段を使う。

 

など、毎日の生活に取り入れやすい方法で運動の機会を

増やすことをおすすめします。 

 

適度な運動は、カロリー消費につながり、血行をよくしてくれます。

 

さらに、ストレス解消にもなるので、

習慣にすると「肥満」と「薄毛」対策に大きな力となるでしょう。 

 

まとめ:肥満は薄毛になりやすい?偏った食生活は悪影響も

肥満=薄毛ではありませんが、肥満の人の生活習慣は、

薄毛にも影響を及ぼします。 

 

肥満の人は、 

・高カロリーの食事やジャンクフードを好む傾向がある。 

・運動の習慣があまりない。 

・強いストレスを抱えている 

 

こういった傾向がありますが、

この要素は、薄毛の発症にも関係しているからです。 

 

生活習慣の中でも、

特に重要なのは「栄養バランスのとれた食事」です。 

 

身体は、食事からできているので、

「エネルギーになるもの」

「骨や筋肉など体を作るもの」

「体の調子を整えるもの」

この3つの栄養素をバランスよく摂ることで、健康が保たれます。

 

具体的には、

主食(ごはん・パン)、

主菜(魚・大豆製品・肉・卵)、

副菜(野菜・海藻・きのこ)、

こういった献立を心がけましょう。 

 

肥満解消のために、過度なダイエットをすると、

薄毛の発症を促してしまうことになりかねません。

 

極端なダイエットは、健康を損なうことにつながりますので、

生活習慣を整えて、ゆるやかなダイエットを行いましょう。 

 

また、適度な運動は、肥満と薄毛の対策のためにも有効です。

 

ウォーキングなどを習慣にすることにより、

カロリー消費とともに、血行もよくなり、

ストレス解消にもつながります。 

 

時間がとれないという方は、通勤時に一駅分歩いてみる。

エスカレーターではなく、階段を使うことからはじめてみましょう。

  • line

男性薄毛専門治療院 いいねヘアケアラボ 名古屋院

住 所
名古屋市西区名駅2-28-22 アールイービル3F
アクセス
名古屋駅1番出口から徒歩3分

TEL:052-562-3058

女性薄毛専門治療院 いいねヘアケアラボ 東京院

住 所
東京都港区東新橋2-6-7電光ビル3階
アクセス
新橋駅烏森口&汐留駅 出口から徒歩5分

TEL:050-3503-3058

女性薄毛専門治療院 いいねヘアケアラボ 大阪院

住 所
大阪府大阪市淀川区宮原3−3−3ビクトリアスビル1F
アクセス
地下鉄御堂筋線「新大阪」駅下車 徒歩3分
JR「新大阪」駅下車 徒歩4分