エクステを取ったら抜け毛が!地肌に負担をかけてる?

簡単に髪型の変化が楽しめるエクステは、髪が伸びるのを

待つことなくイメージチェンジができるとても便利なものです。

 

最近は種類も豊富になり、装着もより簡単になったことから、

エクステもファッションの一部となりつつあります。

 

しかし、「エクステを取ったら抜け毛がすごかった」

という声も聞こえてくるため、不安に感じている方も

少なくないようです。

 

そこで今回は、エクステと抜け毛の関係について

薄毛専門いいねヘアケアラボが解説します。

 

エクステと抜け毛の関係について

エクステをすると抜け毛が増えるなど心配する方もいるようですが、

エクステと抜け毛には関係があるのでしょうか?

 

「エクステ」とは「ヘアーエクステンション」を略したもので、

人毛や化学繊維で作られた人工毛の毛束のことをいいます。

 

地毛に毛束をつけることで、実際の髪はそのままで気軽に

イメージチェンジができると人気です。

 

エクステの装着方法によってそれぞれ特徴がありますので、

抜け毛との関係も合わせてチェックしていきましょう。

 

「編み込みエクステ」はエクステ初期からある基本のタイプで、

長持ちするのが特徴です。

 

地毛に編み込んでゴムで結ぶというオーソドックスな装着方法

のため、ゴムを切れば自分で取り外すことも可能。

 

しかし、一つ一つ手で編み込むため装着には時間がかかり、

仕上がり後も装着部分が膨らんでボコボコしてしまうという

欠点があります。

 

どうしても髪を引っ張りながら編み込むことになるため、

頭皮に負担がかかり、痛くなる方もいるようです。

 

また、シャンプー後に編み込み部分が乾きにくいので、

装着後のケアにも注意が必要です。

 

頭皮への負担や頭皮環境の悪化を招きやすい点を考えると、

編み込みエクステの抜け毛リスクは高めでしょう。

 

「チップエクステ」は、装着部分に専用のチップを使います。

 

編み込みよりは膨らまないものの、チップが残るため

少しボコボコとするのは避けられません。

 

髪を引っ張りながらつけることから、頭皮への負担は大きく、

やはり痛くなる方もいるようです。

 

また、チップが着いたままの状態になるので、

シャンプーをするときはしっかり洗い流し、ドライヤーで十分乾かし、

頭皮を清潔に保つことが大切です。

 

しかし、取れにくく比較的長持ちするというメリットもあります。

 

髪を引っ張ることで地肌への負担もあり、

やはり抜け毛のリスクは高めですね。

 

「シールエクステ」最も手軽にエクステを楽しめるタイプです。

 

エクステの根元にシールがついているので、

地毛を挟んでとめるだけの簡単なもの。

 

編み込みエクステやチップエクステのように、

装着部分が膨らんでボコボコしないため前髪にも使えます。

 

短時間で装着でき、痛みも起こらず頭皮への負担も

少ないエクステです。

 

しかし、負担が少ない分、取れやすく長持ちしないという

デメリットもあります。

 

「超音波エクステ」は専用の機械や接着剤でつけるタイプのもの。

 

装着時間が短く、仕上がりも自然で長持ちすることから

とても人気です。

 

髪や地肌へのダメージも少なく、エクステと自分の髪の毛との

境目がボコボコしないのもうれしいところ。

 

しかし、その分値段は高めです。

 

専用の機械が必要なため、どこの美容院やサロンでも

扱っているわけではありません。

 

取り外しも自分ではできないので、注意が必要です。

※取り外しの際の負担には注意が必要

 

エクステの装着方法の違いにより、

頭皮や髪への負担は異なります。

 

それぞれメリットやデメリットがあるので、

好みで選ぶと良いでしょう。

 

また、「エクステを取ったら、抜け毛がすごく多くて驚いた」

という方もいるようですが、これには理由があります。

 

そもそも髪の毛は、1日50~100本くらいは自然に抜けるもの。

 

装着していた1~2か月の間に自然に抜けていた髪の毛も

あるはずです。

 

しかし、エクステが装着されていたため、

落ちずにくっついていた。

 

そのため、エクステを外したときにごっそり抜けたように

感じてしまったのではないでしょうか。

 

参考:

http://hi-extension.site/extension/

参考:

https://www.aderans.co.jp/kamiwaza/usuge_kiso_chishiki/hair_extension_care/

 

たくさんエクステを付けていると抜け毛の原因になる牽引性脱毛症になることも

エクステをたくさん付けていると、牽引性脱毛症になることも

あるので注意が必要です。

 

抜け毛が増えた原因は、

もしかしたら牽引性脱毛症かもしれません。

 

地毛を引っ張らずに装着できるタイプもありますが、

どのタイプであっても付けたエクステの重みは

地毛にかかり続けます。

 

また、地毛を引っ張りながらエクステを装着するタイプの場合は、

引っ張られた状態が1~2か月間続くのですから、

頭皮にかなりの負担がかかり続けることになるのです。

 

牽引性脱毛症は、髪をきつく結んでいたり、

長期間髪を引っ張り続けたりすることで起こります。

 

エクステをたくさん付けていると、頭皮への負担が続き、

牽引性脱毛症になることもあるので注意しましょう。

 

頭皮炎症が起こり、抜け毛が増えることもあるので休止期間も必要

頭皮に炎症が起こり、抜け毛が増える場合もありますので、

エクステは連続でつけず、必ず間に休止期間を設けるよう

にしましょう。

 

エクステを付けていると、

普段どおりにシャンプーするわけにはいきません。

 

装着部分は優しく丁寧に洗い、よく乾かすことが大切です。

 

しかし、エクステが取れないようにと気にするあまり、

地肌をしっかり洗えなかったり、

十分にすすげなかったりすると、

頭皮に炎症を起こすことがあります。

 

また、装着部分は乾きにくいため、

どうしても蒸れやすくなってしまいます。

 

蒸れた状態でいると雑菌が繁殖して

さらに頭皮環境が悪化します。

 

このような状態が続くと、抜け毛の増加につながることも

あるので注意しましょう。

 

編み込みエクステ、チップエクステ、シールエクステ、

超音波エクステなどいろいろなタイプがあります、

どの種類のエクステであっても、

多かれ少なかれ髪や頭皮にダメージを与えます。

 

エクステを取ったあとはしばらく休止期間を設け、

頭皮を休ませてあげるようにしたいですね。

 

まとめ:エクステを取ったら抜け毛が!地肌に負担をかけてる?

エクステを付けたからといって、取ったときに大量に

髪の毛が抜けるわけではありません。

 

自然に抜けた髪が落ちなかったため、エクステを取ったときに

抜け毛が多く感じられたのでしょう。

 

しかし、エクステの種類により装着方法は異なっていても、

地肌や髪に負担をかけていることに違いありません。

 

牽引性脱毛症や頭皮炎症が心配な方は、

負担の少ない種類を選び、

装着後のヘアケアも丁寧に行うことが大切です。

https://xn--7orpdr10alxq95ae86aegz.com/difference/

  • ブログで分からなかったこともLINEで先生に相談できます。

    ※23歳以下の方は保護者の方からのお問い合わせをお願いいたします。

  • あなたに今一番お伝えしたいことはこちらに書かれています。

ブログを読んでいただきましたか?

ブログでは書けない私たちが伝えたいことが
たくさんこちらには詰まってます。

私たちについて

ぜひこちらをご覧いただいて、
私たちの思いを知ってください。