びまん性脱毛症に回復の見込みはある?適切な治療が鍵

びまん性脱毛症とは、髪の毛のハリやコシがなくなって

髪の毛のボリューム減り、頭部の広範囲にわたって

薄毛が見られる脱毛症状です。 

 

分け目が薄くなってきてびまん性脱毛症と診断されたら、

回復の見込みがあるのか気になりますよね。 

 

びまん性脱毛症は、回復の見込みがまったくないわけではなく

適切な治療が鍵となります 

 

こちらでは、びまん性脱毛症が回復の見込みがあるのか

について解説いたします。 

 

びまん性脱毛症は早めの治療開始が大切

薄毛は進行していくので、何もせずに放置してしまうと

回復することが難しくなってしまいます。 

 

びまん性脱毛症は、適切に治療をすることで

回復の見込みがあるので早めの治療開始が大切なのです。 

 

女性のびまん性脱毛症の主な原因は、加齢食生活の乱れ

ストレス、出産などによるホルモンバランスの乱れ

頭皮環境の悪化です。 

 

ホルモンバランスを崩したり、頭皮環境を悪化させる生活習慣を

見直していくことで、びまん性脱毛症の回復の見込みが期待できます。 

 

びまん性脱毛症からの回復のために、症状によって治療方法を変えていく

びまん性脱毛症からの回復のために大切なことは、

悪化させる原因を取り除いて、

状によって治療方法を変えていくことです。 

 

つむじのあたりから広範囲に髪の毛が薄くなっていく症状は、

生活習慣の乱れも原因とります 

 

たとえば、栄養バランスが悪くなることなどによって

びまん性脱毛症は引き起こされます。 

 

偏った食生活過度なダイエットなどで、髪の毛をつくるために

必要なタンパク質やビタミン、ミネラルなどの栄養素が不足すると、

髪の毛が成長できなくなり、びまん性脱毛症につながってしまう

のです。 

 

さらに、ジャンクフードや加工食品、間食など

脂質や糖質・塩分が摂りすぎると、血液の循環が悪くなり、

頭皮へ必要な栄養が届きにくくなって、

びまん性脱毛症を悪化させることがあります。 

 

女性ホルモンを減らすような生活習慣でも

びまん性脱毛症は引き起こされます 

 

睡眠や休息をしっかりとってホルモンバランスを整えたり

ストレスが溜まらないようにしたりすることも大切です。 

 

ストレスが解消できないこと睡眠不足で、自律神経が乱れたり、

ホルモン分泌が崩れたり、免疫力が下がり、体のさまざま

不調の原因になります。頭皮血行不良につながることもあり、

髪の毛の成長にとって必要な栄養が頭皮に届きにくく

薄毛の症状につながるってしまうのです。 

 

閉経を迎えることで女性ホルモンが減って相対的に

男性ホルモンが優位になると、男性ホルモンである

ジヒドロテストステロンの影響で、の毛が十分に成長できずに

柔らかくな、地肌が透けてみえるようにしまう症状が

出てきてしいま 

 

老化による薄毛は仕方がないと諦めなくても大丈夫。 

 

歳をとっているからこそ、今までの無理な生活を改めることで

頭皮環境をととのえること抜け毛を対策することができるのです。 

 

さらに運動をして体力の衰えも予防しながら

頭皮の血行や新陳代謝を促し、

自律神経のバランスをととのえて薄毛対策していきましょう。 

 

びまん性脱毛症の回復スピードを早めることはできる?

回復スピードを早めるためのような対策を

行うといのでしょうか? 

  

まず大切なのはご紹介した生活習慣の見直しを継続して

健康的な生活を送りましょう。 

 

せっかく生活習慣を改善して健康によい生活を送っても、

シャンプー選びや洗い方が間違っていると頭皮にダメージを

与えてしまいます 

 

自分の頭皮に合ったやさしいタイプのシャンプーを選んで

十分に泡立てて優しくマッサージするようにしっかりと汚れを

落として頭皮を清潔に保ちましょう。 

 

生活習慣を変えて健康的な生活を送ることは、他の病気を予防する

ことにもつながりますが、症状が回復するスピードは緩やかです。 

 

自分でできる生活習慣の改善と並行して、専門家に相談してみる

こともびまん性脱毛症の回復のスピードを早めるひとつの方法です 

  

専門家に相談して適切なアドバイスを受けることで体の根本から

びまん性脱毛症の原因を探り、原因と症状に対して適切に

アプローチすることで回復するスピードが早まるのでおすすです 

 

皮膚疾患などの可能性もあるのでクリニックで検査を受けよう

びまん性脱毛症になった原因が、病気である可能性もあります。 

 

たとえば、ハウスダストや花粉、食べ物、紫外線などが

アレルギー原因物質として作用し、頭皮に炎症が起きる

皮膚疾患などは、頭皮ダメージをうけると薄毛に

つながってしまうのです 

 

その他、甲状腺機能異常症、膠原病、鉄欠乏性貧血、

亜鉛欠乏症などの疾患が原因で、薄毛になることあります。 

 

病気びまん性脱毛症原因である場合は病気を治すことで

薄毛を回復することもできますので、

気になったら早めにクリニックで検査を受けよう 

 

まとめ:びまん性脱毛症に回復の見込みはある?適切な治療が鍵

薄毛は進行するので、びまん性脱毛症かなと気づいたら、

早めに適切な治療をはじめることが鍵となります 

 

ホルモンバランスを崩したり、頭皮環境を悪化させる生活習慣を

見直して、びまん性脱毛症が回復できるように健康的な生活を

心がけましょう。 

 

また、びまん性脱毛症の背景には、皮膚疾患や甲状腺機能低下症

などの病気が隠れている可能性もあるので、分け目が薄くなったから

びまん性脱毛症だろうと自己判断せずに、

早めに受診して検査を受けることおすすめいたします 

  • line

男性薄毛専門治療院 いいねヘアケアラボ 名古屋院

住 所
名古屋市西区名駅2-28-22 アールイービル3F
アクセス
名古屋駅1番出口から徒歩3分

TEL:052-562-3058

女性薄毛専門治療院 いいねヘアケアラボ 東京院

住 所
東京都港区東新橋2-6-7電光ビル3階
アクセス
新橋駅烏森口&汐留駅 出口から徒歩5分

TEL:050-3503-3058

女性薄毛専門治療院 いいねヘアケアラボ 大阪院

住 所
大阪府大阪市淀川区宮原3−3−3ビクトリアスビル1F
アクセス
地下鉄御堂筋線「新大阪」駅下車 徒歩3分
JR「新大阪」駅下車 徒歩4分