びまん性脱毛症が自然治癒する可能性はあるの? 

女性にもっとも多く見られる薄毛の症状が

「びまん性脱毛症」です。 

 

「びまん性脱毛症」は最初は髪が細くなる、

全体的なボリュームが減るといった

症状から始まり、徐々に分け目やつむじが目立ってきたり、

地肌が透けて見えたりするようになります。 

 

髪は見た目の印象を大きく左右する重要なパーツですから、

びまん性脱毛症になったとしたらできるだけ

早く改善したいですよね。 

 

それには、びまん性脱毛症は放置しておいても

自然治癒するものなのか、それとも何か対策が必要なのかを

知っておく必要があります。 

 

今回は、びまん性脱毛症が自然治癒する可能性と、

自然治癒が期待できるケースについて解説いたします。 

 

びまん性脱毛症は自然治癒する可能性が低い?

「びまん性脱毛症」とは、女性の薄毛多く見られる薄毛の症状

のことを言い、

「円形脱毛症」のような正式な病名ではありません。 

 

額の生え際や頭頂部など局所的に薄くなるのではなく、

頭髪が全体的に薄くなっていくのがびまん性脱毛症の特徴です。 

 

びまん性脱毛症は自然治癒する可能性は低いのでしょうか?

 

びまん性脱毛症の主な原因は「加齢」と言われていますが、

ストレスや生活習慣の乱れ、ダイエットなどの要素も

大きく影響しており、これらが複数重なって発症することも

多いようです。 

 

30代後半くらいからびまん性脱毛症を発症する女性が

増え始めますが、早い人では20代で発症するケースもあります。 

 

このことからもわかるように、

びまん性脱毛症は加齢だけが原因ではなく、

様々な要因が考えられます。 

 

ダイエットによる栄養不足や、仕事のストレスから来る

頭皮の血行不良など、何らかの要因があれば若くても

びまん性脱毛症になることもあるのです。 

 

びまん性脱毛症を改善するためには、原因を取り除く必要があります。 

 

先ほどの例で説明すると、食事を見直して必要な栄養を摂る、

ストレス解消によって血行不良を防など

原因を解消しない限りびまん性脱毛症の改善も期待できません。

 

つまり、何も対処をせずに放置していると自然治癒する可能性は

限りなく低いと言えます 

 

むしろ放置しておくことで

びまん性脱毛症の症状進行してしまうこともあるので

注意しましょう 

 

産後のホルモンバランスの乱れだと自然治癒することもある?

びまん性脱毛症のひとつに、「産後脱毛(分娩後脱毛)」があります。

 

産後脱毛とは妊娠から出産にかけてホルモンバランス

急激変化するために、産後に起こる脱毛のことす。 

 

この場合、薄毛の症状が産後のホルモンバランスの乱れだと

自然治癒することもあるのでしょうか?

 

実は、この産後脱毛はびまん性脱毛症の中で唯一、

自然治癒が期待できる脱毛症です。 

 

産後脱毛が起こる理由と、なぜ自然治癒に結びつくのかを

解説しましょう。 

 

女性が妊娠すると、妊娠を維持したり分娩に備えたりするために

「エストロゲン」「プロゲステロン」という

2つの女性ホルモンの分泌が急増します。 

 

エストロゲンには髪の生育をサポートし、ヘアサイクルの成長期を

維持する働きがあるため、妊娠中は髪が抜けにくくなり

そのまま保たれるのです 

 

しかし、出産が終わると女性ホルモンの分泌量は激減し、

妊娠前の状態まで戻ります。 

 

この急激な変化によってホルモンバランスが乱れ、

同時にヘアサイクルも元に戻るため、

本来妊娠中に抜けるはずだった髪が

一気に抜けてしまうというのがその仕組みです 

 

このような産後脱毛は一時的なもので、ホルモンバランスが

整ってくると自然に脱毛もおさまります。 

 

人にもよりますが、だいたい産後半年~1年くらいの間には

落ち着くので心配はいりません。 

 

慣れない育児でストレスを溜めないように上手に気持ちを

切り替えたり、母乳のことも考えて栄養バランスに

配慮したりするとよいでしょう。 

 

しかし、長い期間、産後脱毛の症状が改善しなかったり

脱毛や薄毛の症状が進行している場合は、

専門院に相談されることをお勧めします

 

びまん性脱毛症は放置せずに早めに対策を始めよう 

産後脱毛を除き、

びまん性脱毛症になると自然治癒はほとんど期待できません。 

 

脱毛の進行を抑え改善するためには、早めの対策がカギとなります。

 

しかし、対策と言われても具体的に何をどうすればよいのか

わからないという方もきっと多いですよね。 

 

そんなときは、専門家に相談してみましょう 

 

びまん性脱毛症の相談ができるところといえば、

病院やクリニック、薄毛の専門院などが多数あります。 

 

専門家に頭皮や髪の状態をきちんと診てもらうことで、

本当にびまん性脱毛症なのかどうかがわかります。 

 

自分ではびまん性脱毛症だと思っていても、

実際は別の脱毛症だったということもあるので注意が必要です。 

 

また、専門家の目で急ぎの治療や対策が必要かどうか

のようなケアが最適か判断してもらうことが

改善への近道になると思います 

 

また、自分でできる対策として、食生活や睡眠、運動など

生活習慣の見直しや、上手にストレス解消を図ること

アミノ酸系シャンプーに変えてみるのもおすすめです! 

 

「髪が細くなった」、

「ボリュームが減った」、

「抜け毛が増えた」

などの症状が現れる初期のうちに、専門家への相談と

自分でできるケアを並行して行うのがベストです。 

 

できるだけ、放置せずに早期発見&早期対応を心がけましょう。 

 

まとめ:びまん性脱毛症が自然治癒する可能性はあるの?

びまん性脱毛症を放置して自然治癒する可能性は

ほとんどないと思った方がよいでしょう。 

 

むしろ、放置することによって症状が進行することもあるので

注意する必要があります 

 

びまん性脱毛症の進行を防ぎ、改善するには、

原因となる加齢やストレス、生活習慣の乱れを見直して

解消することが大切。 

 

そのためには一度専門家に相談してみるのもよいでしょう。 

 

びまん性脱毛症の自然治癒は無理でも、

適切な対策を行えば改善期待できます。 

 

髪の薄毛や脱毛などの変化に気づいたら、

なるべく早めの対応を心がけてくださいね。 

  • ブログで分からなかったこともLINEで先生に相談できます。

    ※23歳以下の方は保護者の方からのお問い合わせをお願いいたします。

  • あなたに今一番お伝えしたいことはこちらに書かれています。

ブログを読んでいただきましたか?

ブログでは書けない私たちが伝えたいことが
たくさんこちらには詰まってます。

私たちについて

ぜひこちらをご覧いただいて、
私たちの思いを知ってください。