毛根の状態で薄毛の状態が分かる!抜け毛が気になったら抜けた髪の毛をチェックしよう

この頃、抜け毛が気になる・・・

そんな時は、抜けた髪の毛を観察してみましょう。

 

髪の毛は毎日、50本~100本抜けると言われていますが、

それ以上、抜けていると薄毛が進行している可能性があります。

 

抜け毛の本数を数えるのは大変なので、まずは、

抜けた髪の毛が健康かどうかを判別するために

観察してみましょう。

 

今回は、抜け毛の詳しい判別方法を紹介いたします。

 

毛根が細く痩せていたら毛周期が乱れているかも

人は、一日に50本から100本毛が抜けると言われています。

 

髪の毛が抜けるのは、髪の成長が止まり、

生え変わる時期にきたという証拠。

 

髪の毛の健康状態は、抜けた髪の毛の色と形状で見分けることが

できますので、拡大鏡などでじっくり観察してみてください。

 

心配しなくていいものは、

抜けた髪の毛の毛根が白くて、根元にふくらみがあるもの。

 

髪の毛の根元を触ってみると、

かすかにふくらみがあるのが感じられます。

 

これは、毛根鞘というもので、

髪の毛と皮膚の接着剤のような役目があります。

 

髪の毛の根元が白く半透明であれば正常な状態です。

 

また、毛根が白いのは、髪の毛を黒くする色素を作る細胞が

死滅したためです。これは、細胞が寿命を終えているサイン。

 

このような状態であれば、問題ないのですが、

以下のような場合は、要注意です。

 

・毛根が黒くなっている

・皮脂が付着している

・先が細く尖ったような形状

・髪の毛が細く、毛根も細い

 

髪の毛は、発毛と脱毛に一定のサイクルがあります。

 

「成長期」、「退行期」、「休止期」。この3つの期間を

繰り返して、新しい髪の毛が生え変わっていきます。

 

「成長期」は、毛母細胞が活発に分裂をくりかえし、

頭髪が成長しつづける期間です。

 

通常3~7年と言われており、健康な状態は、

5年以上伸びつづけます。髪の毛の約9割は、成長期です。

 

「退行期」は、毛母細胞の分裂が急速に衰える時期で、

髪の成長に関わる毛球部が徐々に退縮していきます。

 

この期間は、約2週間です。

 

「休止期」は、退行期を経て、髪の毛の成長が完全にストップし、

自然と髪の毛が抜けていきます。通常、休止期は3カ月程度

その後、次に成長期を迎えて新しい髪の毛に生え変わります。

 

正常なヘアサイクル(毛周期)の中での、

抜け毛は問題ありませんが、先に挙げた要注意の抜け毛は、

ヘアサイクルの乱れや過度なストレス、病気の可能性

考えられます。

 

「毛根が黒い」のは、まだ成長段階にあるのに

抜けてしまったものです。

 

また、「先が細くとがっている」のは、急に成長が止まり抜けたもの。

 

これは、円形脱毛症などを発症している可能性があります。

 

「髪の毛が細く、毛根も細い」のは、

成長期が極端に短くなってしまい、

太く、長く成長する前に抜けてしまったと考えられます。

 

抜けた髪の毛の毛根をチェックして、

こういった特徴がある抜け毛が混じっている場合は、

放っておくと、薄毛が進行するかもしれません。

 

皮脂が付いていたら頭皮環境に問題があることも考えられる

また、頭皮の状態が悪化すると、

髪の毛が抜ける原因になることもあります。

 

髪の毛の根元がべたべたしている場合、

皮脂が過剰に分泌されている懸念があります。

 

食生活の乱れ、間違った頭皮ケアなどが影響している

可能性があるので、見直すことをおすすめします。

 

皮脂は、毛根鞘と混同しやすいのですが、見た目は、

薄い黄色の半透明で、触るとベタベタしています。

 

正常な髪の毛は毛根が白く膨らんでいる

健康な髪の毛の抜け毛は、根元が白く、膨らんでいます。

 

こういった髪の毛は、正常なヘアサイクルをたどり、

自然に抜けた状態の髪の毛ですので、心配はありません。

 

薄毛の人はどのような毛根になっている?

薄毛が進行している人の毛根は、

 

・毛根が黒くなっている

・皮脂が付着している

・先が細く尖ったような形状

・毛が細く、毛根も細い

 

こういった特徴があれば、要注意です。

 

ホルモンバランスの影響で、成長期が極端に短くなっている。

 

栄養不足、血行不良などで髪が成長する前に抜けている

可能性があります。

 

また、先が細く尖っているような抜け毛は、

円形脱毛症を発症している場合もあるので、

脱毛斑ができていないか、調べてみましょう。

 

まとめ:毛根の状態で薄毛の状態が分かる!抜け毛が気になったら抜けた髪の毛をチェックしよう

髪の毛は、毎日、50本~100本は抜けるものです。

 

抜けた髪の毛がどのような状態なのか心配な場合は、

一度、自分の抜けた髪の毛を確認してみましょう。

 

正常に抜けた髪の毛の根元は白く、ふくらみがあります。

 

これは、正常なヘアサイクルを経て、

抜けた髪の毛なので心配はありません。

 

一方、抜け毛の根元が黒い。根元に皮脂がついている。

 

先が尖っている。髪の毛が細く、毛根も細い。

 

こういった形状の場合は、ヘアサイクルの乱れや血行不良や栄養不足、

過度なストレスなどが原因となって、成長段階で抜けている。

 

成長期間が極端に短くなっている可能性があります。

 

また、皮脂がついているのは皮脂分泌が過剰になっているので、

食生活の改善や頭皮ケアの見直しをしましょう。

 

先が尖っている毛は、円形脱毛症を発症している可能性もあるので、

脱毛斑ができていないかどうかチェックしてみましょう。

 

抜け毛の状態が心配な人は、

早めに皮膚科やクリニック、専門院などに

相談することをおすすめします。

  • ブログで分からなかったこともLINEで先生に相談できます。

    ※23歳以下の方は保護者の方からのお問い合わせをお願いいたします。

  • あなたに今一番お伝えしたいことはこちらに書かれています。

ブログを読んでいただきましたか?

ブログでは書けない私たちが伝えたいことが
たくさんこちらには詰まってます。

私たちについて

ぜひこちらをご覧いただいて、
私たちの思いを知ってください。