生え際の薄毛が気になったらFAGAのチェックをしよう!

「生え際の髪が薄くなってきた…」 

「前髪の量が少なくなってスタイリングが決まらない」 

 

このような生え際の薄毛が気になるときは、

もしかしたらFAGAかもしれません。 

 

「FAGA」とは女性男性型脱毛症のことで、

男性に見られる「AGA」の女性版です。 

 

生え際は正面から見たときに目が行きやすい場所なので、

薄毛の進行は何としても避けたいところですよね。 

 

そこで今回は、FAGAの原因やFAGAでは生え際が

どのように薄毛になるのか、薄毛チェック法について

解説いたします。 

 

女性もAGAになるって本当?女性の場合はFAGA!

AGAとは男性型脱毛症のことで、「DHT」という強力な

男性ホルモンによるヘアサイクルの乱れが原因で

引き起こされると考えられています。 

 

早い人10~20代で発症し、40代で大幅に発症数が増えます。 

 

前頭部や頭頂部の髪が薄くなるのが特徴で、

進行するとサザエさんのお父さんのように

髪が抜け落ちてツルツルになってしまうことも… 

 

実はこのAGAは、女性にも発症します。 

 

女性の場合はAGAと区別するために、

「FAGA(女性男性型脱毛症)」と呼ばれています。 

 

FAGAは40代から発症する女性が多いのですが、

最近は20代など若い世代で発症するケースも

増えてきているようです。 

 

FAGAでは男性のように髪が全部抜けることは少なく

生え際から分け目にかけて、

頭頂部全体が徐々に薄くなっていく傾向が見られます。 

 

FAGAはホルモンバランスの乱れにより発症する?

FAGAの原因は、「ホルモンバランス」の乱れにあります。 

 

女性には「エストロゲン」「プロゲステロン」という

2種類の女性ホルモンが分泌しており、

月経や排卵、妊娠、出産と深く関わっています。 

 

このうちエストロゲンは髪の成長を促進し、ツヤ・ハリ・コシを

与えてくれる美髪になくてはならない大切なホルモンです。 

 

男性とくらべて女性の薄毛が目立ちにくいのも、

エストロゲンの分泌が多いからなのです。 

 

ところが加齢やストレス、ダイエットなどが原因で

女性ホルモンの分泌が減少すると、ホルモンバランスが崩れ、

心身にさまざまな不調が現れるようになります。 

 

そのうちの一つが、FAGAです。 

 

FAGAの発症が40代以降から増えていくのは、

その時期に女性ホルモンが大幅に減少し

更年期や閉経を迎えるからなのです。 

 

男性とくらべると量はごくわずかですが、

女性にも男性ホルモンが分泌しています。 

 

更年期から閉経にかけて女性ホルモンが激減すると、

男性ホルモンの影響を受けやすくなるのもFAGAの一因です。 

 

また、ホルモンバランスの乱れは、加齢の他にストレスや

過度なダイエットによって引き起こされることもあります。 

 

まだまだ若い20代でFAGAを発症している女性は、

ストレスやダイエットによってホルモンバランスが

乱れるケースが多いようです。 

 

前髪の量が少なくなってきたら要注意!生え際はどうなっている?

FAGAの進行パターンには、次の3種類があります。 

 

■ルードウィッグ型 

頭頂部が薄くなっていくタイプで、徐々に範囲が広がっていきます。 

 

FAGAで一番多く見られるのがこのタイプ。 

 

最初は髪のボリュームが減ってスタイリングしにくい、

トップがペタンコになると実感するところから始まるため、

初期のうちは薄毛に気づきにくいこともあります。 

 

女性は男性のように完全に髪が抜けてしまうことは少なく、

頭頂部全体が少しずつ薄くなっていきます。 

 

■クリスマスツリー型 

分け目の生え際から、頭頂部に向かって薄くなっていくタイプです。

 

薄くなるにつれて生え際が幅広く、頭頂部に近づくにつれて

細くなっていくクリスマスツリーのような形になるため、

この名称が使われています。 

 

生え際や分け目は自分でも目に入りやすいため、

比較的薄毛に気づきやすいと言えます。 

 

前髪をおろしている場合は、前髪のボリュームが減ってきて

薄毛に気づくことが多いようです。 

 

■ハミルトン型 

生え際に剃り込みが入ったようにM字型に脱毛していくタイプで、

FAGAの中では少数です。 

 

男性のように頭頂部とつながって髪が抜けてしまうことは、

ほとんどありません。 

 

FAGAで生え際が薄毛になるのは、

クリスマスツリー型とハミルトン型の2つです。 

 

このような薄毛の症状にあてはまる場合は、

FAGAかもしれないと考えてみましょう。 

 

生え際や髪質、抜け毛の状態も確認して薄毛チェックしよう

「髪が薄くなってきた…」と思ったら、次の3点をチェックしましょう。 

 

1.生え際の状態は? 

女性の薄毛は「びまん性脱毛症」と言って、

頭髪が全体的に薄くなるという特徴があります。 

 

FAGAでは、ルードウィッグ型がこのタイプです。 

 

しかし、FAGAにはクリスマスツリー型やハミルトン型のように、

生え際が薄くなるタイプもあります。 

 

そのため、生え際が薄くなっている場合は

FAGAを疑ってみる必要があります。 

 

2.髪質 

FAGAのようにホルモンバランスが乱れると、

正常なヘアサイクルが保てなくなり、

成長期が短くなってしまいます。 

 

すると、髪は十分に成長できなくなるため、

細くて短い髪が増え、抜けやすくなるのです。 

 

また、エストロゲンが減少することにより、

ツヤ・ハリ・コシのない髪になります。 

 

髪のボリュームが減った、髪が細くなった、ツヤがなくなりパサつく、

ハリがないといった症状が出ているときは、

FAGAの可能性を考えてみる必要があります。 

 

3.抜け毛の状態 

抜け毛が細い、毛根が細くなっている、毛根がないという場合は、

ヘアサイクルが乱れていることが考えられます。 

 

成長期の短縮により髪がしっかり育たない状態なので、

FAGAの可能性も高くなります。 

 

FAGAの疑いが濃いときは進行を抑えるためにも、

早めに専門家に相談した方がよいでしょう。 

 

まとめ:生え際の薄毛が気になったらFAGAのチェックをしよう!

FAGAとは女性男性型脱毛症のことで、ホルモンバランスの乱れ

によって発症する40代以降に多い脱毛症です。 

 

FAGAには3つの進行パターンがあり、

そのうち2つは生え際が薄くなるタイプです。 

 

1つ目は、分け目の生え際が薄くなり

クリスマスツリーのような形になる「クリスマスツリー型」です。 

 

2つ目は、生え際にそり込みを入れたように

M字型に薄くなる「ハミルトン型」です。 

 

生え際の薄毛が目立つ、頭頂部の地肌がうっすら透けている

髪が細い、抜け毛の毛根が細いなどの症状が出ているときは、

FAGAの可能性を考えてみてもいいかもしれませんね。 

 

FAGAが疑われるときは、

放置しておかずに早めに専門家に診てもらいましょう。 

  • line

男性薄毛専門治療院 いいねヘアケアラボ 名古屋院

住 所
名古屋市西区名駅2-28-22 アールイービル3F
アクセス
名古屋駅1番出口から徒歩3分

TEL:052-562-3058

女性薄毛専門治療院 いいねヘアケアラボ 東京院

住 所
東京都港区東新橋2-6-7電光ビル3階
アクセス
新橋駅烏森口&汐留駅 出口から徒歩5分

TEL:050-3503-3058

女性薄毛専門治療院 いいねヘアケアラボ 大阪院

住 所
大阪府大阪市淀川区宮原3−3−3ビクトリアスビル1F
アクセス
地下鉄御堂筋線「新大阪」駅下車 徒歩3分
JR「新大阪」駅下車 徒歩4分