生え際が気になり始めたらAGA?後退した生え際は復活する? 

「以前より生え際の髪の毛が後退している気がする」

「おでこが後退して広くなっているかもしれない」

と感じていても

「気のせい」とスルーして何もせずにいる方は要注意です。

 

生え際が後退しおでこがM字になっているのは

もしかしたらAGA(男性型脱毛症)かもしれません。

 

AGAは進行性のため放置せずに早めの対策が必要なので、

まずはチェックしましょう。

 

そこで今回は

「生え際が後退して薄くなった方へのAGAのチェック方法」

「一度後退したおでこの髪の毛は復活する可能生はあるのか」

などをご紹介いたします。

 

生え際が薄くなってM字になり始めたらAGAかも

おでこは前髪で隠されて気付きにくいこともあり、

生え際が薄くM字に後退していると気付いたときには

かなりAGAが進行していることも。

 

髪の毛の後退が気になったら、

まずはおでこの生え際が広くなっていないか

確認してみましょう。

 

眉上に中指と薬指、小指の3本を置いてみて

生え際までの間にまだスペースがあれば、

生え際が後退している可能性が高いです。

 

次に抜け毛のチェックです。

 

通常でも100本、髪の毛の多い人や抜け毛の多い時期は200本ほど

抜けますが、それ以上に抜け毛が多いと要注意です。

 

さらに抜け毛を確認したとき、細く毛根がほとんどない髪の毛は

AGAの可能性が高く、放っておくとさらに生え際が

後退しやすいので早めに対策をしましょう。

 

元々生え際がM字になっている方の場合はとくに

心配する必要もありませんが、抜け毛が増えて

生え際の後退によって

おでこが徐々に広くなってきているとしたら

AGAを疑ってみる必要があります。

 

生え際の毛根が死んでいなければおでこが

後退していても髪の毛が回復する可能性があるので、

放置せず、初期のうちにAGA対策を始めることを

おすすめします。

 

AGAの場合は早めの対策がおすすめ

AGAは進行性で初期に対策を始めた方が効果は出やすいため、

早めの対策をおすすめします。

 

できればおでこが後退する前の抜け毛が増えてきた段階で、

対策を始めたいもの。

 

AGAの場合は生え際の後退だけでなく、

頭頂部が薄くなる可能性もあるので注意しましょう。

 

病院でのAGAに対しての対策は大きく分けて2つあります。

 

・AGAの原因となっている悪玉男性ホルモン

「ジヒドロテストステロン」を抑制する働きを持つ

「フィナステリド」「デュタステリド」の服用

・血管を拡張して血行促進する「ミノキシジル」の外用

 

他に発毛剤の使用やオリジナルのサプリメントの服用など

病院独自のものが併用されることもあります。

 

参考:https://hikaru-blog.net/retreat-hairline/#2

参考:https://www.msdmanuals.com/ja-jp/…

 

しかし知っておいてほしいことは、対策をしたからといって

AGAが全ておさまることはないということです。

 

さらに薬でAGAの進行を抑えている場合は、

薬の服用をやめるとAGAが再び進行するので

ずっと飲み続ける必要があります。

 

AGA以外では脂漏性皮膚炎の可能性も

髪の毛が抜けて生え際が後退しM字になるのは全てAGAとは限りません。

 

AGAのほかに考えられる原因として、

「脂漏性皮膚炎」があります。

 

脂漏性皮膚炎は、髪の生え際や耳の後ろなどの

頭皮にフケや脂っぽい皮脂が多くでます。

 

自然治癒しにくく、放っておくと皮脂が頭を

覆い新しい髪の毛が成長することができずに、

髪の毛が抜けておでこの生え際が後退するなど、

AGAと似た症状でが現れて薄毛が進行していきます。

 

慢性の脂漏性皮膚炎になると頭皮が赤く炎症し

かゆみがでることもあるので、

脂漏性皮膚炎の場合でも早めの対策が必要です。

 

ジャンプ―は刺激の強すぎないものを使用する、

洗うときは爪を立てずに指の腹で丁寧に洗うなど意識してください。

 

また睡眠の質が悪かったり、脂っこい食事ばかりでも

脂漏性皮膚炎になる可能性が高くなります。

 

おでこの生え際が後退してフケが大量に出るなら、

施術などの対策も大切ですが生活習慣も整えましょう。

 

根気よく改善を続ければ後退した生え際が復活する可能性も

おでこの生え際がM字に後退するAGAも脂漏性皮膚炎も、

早めに対策することで髪の毛が復活する可能性が高くなります。

 

しかし薬だけに頼っていると、使用をやめたときに

薬の効果がなくなり、再びおでこが後退する

可能性があるので注意しましょう。

 

生え際に髪の毛が復活し、

その状態を保ち続けたいならば根本原因を

探し出し体質改善する必要があります。

 

根本原因を取り除き根気よく改善を続けることで、

AGAの進行を遅らせ、生え際の後退などの症状を

改善することができます。

 

根本原因は意外と自分では気づかないため、

薄毛専門院のようなプロに相談しましょう。

 

薄毛専門院では、頭皮の状態や薄毛の進行状況、生活環境、

体の使い方のクセなど

様々な角度から原因を探し、一人ひとりに合った施術をします。

 

薬を飲まなくても、根気よく改善することで生え際が復活することも。

 

そしてAGAも脂漏性皮膚炎も

初期症状であるほど早く改善効果が期待できます。

 

「髪の毛が抜け生え際が後退して、おでこのM字がはっきりしてきた」

と不安に思ったら、AGAや脂漏性皮膚炎が悪化する前に

早めにプロに相談してくださいね。

 

まとめ:生え際が気になり始めたらAGA?後退した生え際は復活する?

髪の毛が大量に抜けてそり込みのようにM字に生え際が後退するのは、

「AGA」か「脂漏性皮膚炎」などが原因として考えられます。

 

進行性であるAGAは、

抜け毛が増えて生え際の後退が気になりだしたら早めに

対策することをおすすめします。

 

脂漏性皮膚炎も自然治癒しにくいため、抜け毛やフケが増えたと

感じたらすぐに対策をしましょう。

 

AGAも脂漏性皮膚炎も早めの対策が大切ですが、

薬に頼っていると服用をやめたときに再び症状が進行します。

 

生え際の後退した部分が復活するためには

体質から改善することが大切で、

プロに相談して根本原因を探し出し改善しましょう。

 

根気よく改善を続けることで

生え際が復活しておでこの後退も改善し、

AGAが回復する可能性も高くなりますよ。

  • ブログで分からなかったこともLINEで先生に相談できます。

    ※23歳以下の方は保護者の方からのお問い合わせをお願いいたします。

  • あなたに今一番お伝えしたいことはこちらに書かれています。

ブログを読んでいただきましたか?

ブログでは書けない私たちが伝えたいことが
たくさんこちらには詰まってます。

私たちについて

ぜひこちらをご覧いただいて、
私たちの思いを知ってください。