AGA治療中は筋トレしない方がいい?AGAと筋トレの関係について

体を鍛えることは健康になるだけでなく、ダイエット効果で

見た目にもかっこよくなることから、

筋トレがブームになっていますよね。 

 

しかし、AGAの治療中は筋トレをしない方が良いというもあります。 

 

本当のところはどうなのでしょうか? 

 

そこで今回は、AGAと筋トレの関係について解説します。 

 

AGA治療中に筋トレしても意味がない?

AGAの治療中に筋トレをしても意味がないという説がありますが、

それは本当なのでしょうか? 

 

AGAは遺伝男性ホルモンが主な原因といわれていますが、

男性ホルモンにもいろいろな種類があります。 

 

中でもテストステロンには、男性らしい体つきには欠かせない

筋肉や骨を作る働きや体脂肪を減らす働きがあることが

わかっています。 

 

中年になって太りやすくなるのには、年齢とともにテストステロンが

減少することも一つの要因です。 

 

また、筋トレをすることでテストステロンの分泌が促されることも

わかっています。 

 

では、なぜAGAの治療中に筋トレをすると意味がない

いわれているのでしょうか? 

 

それは、AGA治療薬が男性ホルモンに作用するという勘違いから

きているようです。 

それについては、次で解説します。 

 

参考:https://kitamura-health.com/testosterone.html 

 

AGA治療薬は男性ホルモンに直接作用するわけではない

AGA治療薬が男性ホルモンに直接作用すると勘違いしている方も

多いようですが、それは間違いです。 

 

その理由を説明する前に、男性ホルモンとAGAの関係やAGAの治療薬が

どのように作用することで薄毛の改善につながるのか

そのメカニズムを知っておく必要があります。 

 

まずは男性ホルモンとAGAの関係について解説しておきましょう。

 

AGAと関係が深い男性ホルモンは、テストステロンと

ジヒドロテストステロンです。 

 

テストステロンに5α-リダクターゼという還元酵素が働き、

強力なジヒドロテストステロンに変化します。 

 

このジヒドロテストステロンがアンドロゲン受容体と結合すると、

毛乳頭の細胞に作用し髪の毛の成長を抑制してしまうため

薄毛になるのです。 

 

次にAGA治療薬がどのように作用するのかをみていきましょう。 

 

AGA治療薬は、脱毛を抑制する働きのあるタイプのものと、

発毛を促す働きのあるタイプに分かれます。 

 

ガイドラインでも推奨されている内服薬の「フィナステリド」は、

脱毛を抑制する働きがあるタイプのAGA治療薬です。 

 

男性ホルモンのテストステロンを強力なジヒドロテストステロンに

変換する際に必要になるのが5αリダクターゼという還元酵素です。 

 

フィナステリドは、この還元酵素の働きを阻害して脱毛を

抑制しようとする薬です。 

 

つまり、AGAは男性ホルモンが影響して発症しますが、AGA治療薬は

男性ホルモンに直接作用するものではなく、

還元酵素に作用するものなのです。 

 

ちなみに、発毛を促す働きがある「ミノキシジル」というAGA治療薬は、

髪の毛包に作用して成長を促す薬です。 

これも男性ホルモンに作用するものではありません。 

 

参考:

https://www.aderans.co.jp/corporate/rd/docter-about02.html 

参考:

https://www.dermatol.or.jp/uploads/uploads/files/AGA_GL2017.pdf 

参考:https://brand.taisho.co.jp/contents/riup/detail_200.html 

 

AGA治療薬の副作用によって筋トレの効果が出にくい場合も

AGA治療薬の副作用により、筋トレの効果が出にくいこと

あるのでしょうか? 

 

ではまず、AGAクリニックなどで主に使用される「フィナステリド」

「ミノキシジル」の副作用を抑えておきましょう。 

 

「フィナステリド」で確認されている副作用は、

性欲減退や男性機能の低下など 

 

しかし、発現率は1%未満と少ないため、

あまり神経質になる必要はありません。 

 

「ミノキシジル」の副作用は、かゆみなどの皮膚症状が11%の発現率と

やや多ですが、血圧が下がることで頭痛やめまいが起こることも

2~3%の確率で起こるようです。 

 

AGA治療薬の副作用を確認しても、筋トレの効果に影響するような

ものはありません。 

 

それなのになぜ、AGA治療薬の副作用が筋トレに影響すると

いわれているのでしょうか? 

 

これもおそらく、AGA治療薬が男性ホルモンに作用するという

誤解からなのでしょう。 

 

上記でも説明したとおり、フィナステリドもミノキシジルも

男性ホルモンに直接作用するものではありません。 

 

副作用も数%の割合で出ることはありますが、それが筋トレの効果に

影響するようなことはないといえるでしょう 

 

参考:https://www.clinicfor.life/articles/a-011/ 

参考:https://www.sbc-aga.jp/aga_column/finasteride/607.html 

 

適度な筋トレは身体にもストレス解消にも髪にも良い

適度に筋トレをすることは、身体のためにも、ストレス解消のためにも、

髪のためにも良いことです。 

 

筋トレにはダイエット効果もありますから、身体が引き締まり見た目も

かっこよくなれば、それが自信にもつながります。 

 

また、体を動かすことは健康のためにも良いですし、

汗をかくことでストレス解消の効果もあります。 

 

体を動かすと体の血流も良くなり、髪にも栄養が行き届くように

なりますから、髪のためにも良い影響を与えると考えられます。 

 

適度な筋トレは、薄毛になるどころか、

メリットばかりといっても過言ではないでしょう。 

 

まとめ:AGA治療中は筋トレしない方がいい?AGAと筋トレの関係について

AGAと筋トレに関して誤解している方が多いようですが、

AGA治療中に筋トレをしても特に問題はありません。 

 

「AGA治療中に筋トレをしても意味がない」とか、

AGA治療薬の副作用が筋トレの効果が出にくい」などと

いわれているのは、いわゆる都市伝説のようなものです。 

 

それどころか、筋トレは男性にとってメリットばかりです。 

 

そもそも脱毛の抑制や発毛促進の薬は、男性ホルモンに

直接作用するものではないので、筋トレと結びつけて考える必要は

ありません。 

 

薄毛の治療中だからと筋トレを控えていた方

安心して筋トレを続けてください。 

  • line

男性薄毛専門治療院 いいねヘアケアラボ 名古屋院

住 所
名古屋市西区名駅2-28-22 アールイービル3F
アクセス
名古屋駅1番出口から徒歩3分

TEL:052-562-3058

女性薄毛専門治療院 いいねヘアケアラボ 東京院

住 所
東京都港区東新橋2-6-7電光ビル3階
アクセス
新橋駅烏森口&汐留駅 出口から徒歩5分

TEL:050-3503-3058

女性薄毛専門治療院 いいねヘアケアラボ 大阪院

住 所
大阪府大阪市淀川区宮原3−3−3ビクトリアスビル1F
アクセス
地下鉄御堂筋線「新大阪」駅下車 徒歩3分
JR「新大阪」駅下車 徒歩4分