AGAを発症後、毛根を見れば髪の状態が分かる!?

皆さんは、抜け毛の毛根の部分を

じっくりご覧になったことがありますか? 

 

AGAになると抜け毛が増えますが、

その毛根を見ると正常な抜け毛とは異なる特徴が見られます。 

 

なぜAGAによって、毛根が変化してしまうのでしょうか? 

 

今回はAGAの仕組みと合わせて、

AGAが毛根にどのような影響を与えるのか、

注意すべき毛根の状態についてご紹介します。 

 

AGAを発症すると髪が十分に育たない

AGAとは男性型脱毛症のことで、男性薄毛の9割を占める脱毛症です。 

 

なぜAGAになるのか、そのメカニズムを解説しましょう。 

 

男性にはテストステロンという男性ホルモンが分泌されており、

男性らしい体を作っています。 

 

テストステロンが毛乳頭にある5αリダクターゼと結びつくと、

「DHT(ジヒドロテストステロン)」という

強力な男性ホルモンに変わります。 

 

このDHTが男性ホルモン受容体と結合すると、

ヘアサイクルの乱れを引きおこします。 

 

ヘアサイクルとは髪が生え、成長し、やがて抜け落ちるという

サイクルのことで、3~6年ごとに繰り返しています。 

 

ヘアサイクルには「成長期」、「退行期」、「休止期」があります。 

 

このうち成長期は通常3~6年ほど続きますが、AGAになると

DHTによって半年~1年に短縮されてしまうのです。 

 

すると、髪十分に成長できない退行期に移行してしまうため

そこで完全に成長が止まって抜け落ちてしまいます 

 

AGAを発症すると細くて短い髪が増え、抜け毛の量が増えるのは、

成長期が短縮したために十分に成長できずに抜けてしまうからなのです。 

 

毛根が細くなっている場合はAGAかも

毛根とは、髪の毛のうち頭皮の内側にある部分です。 

 

髪の毛は、毛根の一番下にある毛乳頭という場所で、

毛母細胞が分裂を繰り返して生み出されています 

 

抜け毛の根元にある毛根の部分を見ると、髪の状態がわかります。 

 

次のような抜け毛がある場合は、AGAの可能性があり注意が必要です。 

■毛根が細い 

■毛根がない 

■髪が細くてハリがない 

 

ういった状態の抜け毛は、正常な抜け毛とは言えません。 

 

ヘアサイクルが乱れて成長期が短縮し、髪の毛が十分に

成長できずに抜けたと考えられます。 

 

このような異常な抜け毛が増えたときは、AGAの可能性があります。 

 

AGAは進行性の脱毛症なので、見つけたら早めに専門家に

相談することをおすすめします。 

 

正常な髪の毛の毛根はどうなっている?

それでは、正常な抜け毛の毛根はどうなっているのでしょうか? 

 

正常な抜け毛とは、成長しきってから自然に抜けた髪のことです 

 

正常な抜け毛の毛根は、ふっくらと丸くなっています。 

 

マッチ棒を逆さまにしたような形といえば

わかりやすいかもしれませんね。 

 

3~6年の成長期を経ているので、

太くてハリのある髪に成長しています。 

 

また毛根の先の部分が白っぽくなっています。 

 

もともと髪は白く、生えるときにメラニン色素の供給を受けて

黒くなるのです。 

 

正常な抜け毛の場合、メラニン色素の供給がなくなるため毛根が

白くなるのです。 

 

毛根に半透明の塊がついていることがありますが、

これは毛根鞘(もうこんしょうと言って、

髪をつなぎ止める役割があります。 

 

毛根鞘がついていても、成長の終わった髪と一緒に抜けただけなので

心配いりません。 

 

栄養不足でも毛根が育たないことがある

毛根が細くなる原因はAGAだけではありません。 

 

栄養不足もその一つです。 

 

髪の毛は食べ物から得た栄養素で作られています。 

 

そのため栄養不足に陥ると、肝心の原料が足りないために

髪の毛がうまく生育できなくなります。 

 

その結果、毛根が育たず細いまま

髪の毛自体も細く短くなってしまうのです。 

 

AGAなど薄毛を改善するためには、食生活がとても重要です。 

 

髪の主成分ケラチンのもととなるたんぱく質、ケラチンの合成に

必要な亜鉛ビタミン特に意識しながら、栄養バランスの

とれた食事を心がけましょう。 

 

AGAが進行すると毛根の発毛作用が弱体化する

毛根を包んでいる部分を「毛包」と言いますが、AGAが進行すると、

「毛包のミニチュア化」が見られるようになります。 

 

毛包のミニチュア化とは、毛包が小さくなる現象です 

 

健康な頭皮では、毛母細胞が活発に分裂・増殖を繰り返し、

髪を太く長く成長させています。 

 

しかしAGAになると成長期が短縮し、成長が阻害されます。 

 

さらに毛包のミニチュア化によって、

髪が細く軟毛化してしまうのです。 

 

抜け毛の毛根が細い、細い軟毛が増えた

こんな症状があるときはAGAが進行している可能性が

あるので注意しましょう。 

 

まとめ:AGAを発症後、毛根を見れば髪の状態が分かる!?

AGAを発症していると毛根が細くなる、毛根がなくなる、

髪が細くハリを失うなどの変化が現れます。 

 

抜け毛の毛根を見て、このような症状が見られるときは

AGAを疑ってみる必要があります。 

 

AGAになると毛根が細くなるのはDHTによってヘアサイクルが乱れ、

成長期が短くなるからです。 

 

また、AGAが進行すると毛根のミニチュア化が進み、

髪が細く軟毛化してしまいます。 

 

髪の毛が十分に成長できずに細く短いまま抜けてしまうのが、

AGAの特徴です。 

 

「AGAかも…」と思ったときは、抜け毛の毛根を

チェックしてみましょう。 

 

毛根が細い抜け毛を見つけた場合は、

早めに専門家に相談してくださいね。 

  • line

男性薄毛専門治療院 いいねヘアケアラボ 名古屋院

住 所
名古屋市西区名駅2-28-22 アールイービル3F
アクセス
名古屋駅1番出口から徒歩3分

TEL:052-562-3058

女性薄毛専門治療院 いいねヘアケアラボ 東京院

住 所
東京都港区東新橋2-6-7電光ビル3階
アクセス
新橋駅烏森口&汐留駅 出口から徒歩5分

TEL:050-3503-3058

女性薄毛専門治療院 いいねヘアケアラボ 大阪院

住 所
大阪府大阪市淀川区宮原3−3−3ビクトリアスビル1F
アクセス
地下鉄御堂筋線「新大阪」駅下車 徒歩3分
JR「新大阪」駅下車 徒歩4分