これって手遅れ?AGA対策には期限がある?AGAを放ってしまうと…

AGAを何もせずに放っておいたら、

すっかり髪が薄くなってしまった…。 

 

こんなとき、もしかしてもう手遅れなのでは?

と心配になりますよね。 

 

抜け毛が増えたり、少し薄くなったりする程度だと病院や薄毛の専門院に

行くほどではないと本格的な対策に踏み切れない方も少なくありません。 

 

しかしAGAは進行性の脱毛症なので、

放置しておくと症状が進んでしまいます。 

 

では、AGAの対策をしなかった場合、

手遅れになることがあるのでしょうか? 

 

今回は、「AGAで手遅れになることがある?」

「施術の効果がない状態とは?」

「手遅れにならないためには?」などについて解説いたします。 

 

AGAを放っておくと手遅れになる?

冒頭でも触れたように、AGAは進行性の脱毛症です 

 

そのため、対策せずに放置しておくと髪がどんどん薄くなり、

やがて手遅れになってしまう可能性があります。 

 

手遅れになる理由関係してくるのが、細胞分裂の回数。 

 

髪の毛は、毛母細胞が細胞分裂することによって作られます 

 

人体の細胞が細胞分裂できる回数は、およそ40~50回と

言われており、これは毛母細胞も例外ではありません。 

 

つまり、40~50回生え変わったら、

それ以上髪は生え変わらないということです。 

 

髪の生え変わりのサイクルを「ヘアサイクル」と言いますが

3~6年で1サイクルとなっており、これが髪の寿命です 

 

ですから3年ごとに髪が生え変わサイクルが短めの人であっても

生きている間に40~50回という細胞分裂の回数を使い切ることなく、

髪は生え変わり続け 

 

しかし、AGAになると話は変わってきます。 

 

ヘアサイクルには「成長期」、「退行期」、「休止期」があり、

成長期は通常2~6年続きますが、AGAになると成長期が半年~1年

まで短縮してしまうのです。 

 

すると、ヘアサイクルが短くなるため、どこかの時点で40~50回に

到達し毛母細胞が死滅してしまい、それ以上髪が

生え変わらなくなるわけです。 

 

こうなってしまうと、たとえAGA対策をしても緩和が難しくなってきてしまいます。 

 

AGA対策はできるだけ早く始めるべきだと言われるのは、

こういった理由があるからなのです。 

 

AGA対策の効果がないとされるAGAの状態

AGAの対策の効果がな手遅れと言われる状態とは、

どのような状態なのでしょうか? 

 

■毛穴がない 

脱毛が進地肌が見えているとき、頭皮に毛穴がなく産毛すら

生えていないことがあります。 

このような場合、毛母細胞が死滅してる可能性が高く、

発毛の期待が難しくなります 

 

■脱毛が広範囲に渡っている 

広範囲に渡って頭皮が見えるくらい脱毛している場合、

AGA対策の効果が発揮できにくくなってしまいます 

 

AGAによって毛包がミニチュア化してしまうと、

細い髪が生えやすく、全体的なボリュームも回復しにくいのです。 

 

また、AGAの薬を使っても効果がないときは、植毛という選択肢も

ありますが、脱毛範囲が広すぎると移植する髪が足りず、満足できる

仕上がりには程遠くなってしまいます。 

 

手遅れかどうかの判断は自分では難しい

「髪がずいぶん薄くなってしまったから、もう手遅れに違いない」 

こんなふうに自己判断でAGA対策を諦めてしまうのは早計です。 

 

適切な対策を行いさえすれば、

緩和する可能性あるかもしれません。 

 

一方、何も手を打たなければ、現状よりさらにAGAが進行してしまう

ことはたしかです。 

 

しかし、手遅れかどうかを自分で判断するのは難しいですよね。 

 

やはり、薄毛の専門家に直接見てもらった上で判断してもらう方が

間違いありません。 

 

それも早いに越したことはないので、手遅れになる前に

薄毛の専門家に相談してみましょう。 

 

薄毛の専門院の対策について

https://xn--7orpdr10alxq95ae86aegz.com/man/difference/

 

焦らず長い目で対策をしましょう

AGA対策は、スタートが早いほど短期間で効果が出やすくなります。 

 

裏を返せば、スタートが遅くなると緩和するまで

の分時間かかるということ。 

 

対策を始めるのが遅くなったときは、

このことを知っておく必要があります。 

 

もともとAGA対策は、対策すぐに効果が出るものでは

ありません。 

 

緩和効果があらわれるまで早い人でも1〜3ヶ月

通常は半年~1年くらいかかります。 

 

ですから、症状が進んでから対策を始めると、

満足できる状態まで緩和するのにそれ以上の時間がかかるのです。 

 

AGA対策は焦らず、長い目で見て対策に取り組むようにしましょう。 

 

整体で血流を良くして体質改善も合わせてAGA対策をしよう

薬を使わずにAGA対策をしたい方には、「整体」がおすすめ! 

 

整体には、全身の血流UPの効果が見込まれます 

 

血液は髪の原料となる栄養素を運んでいますが、血行不良になると

栄養素の運搬滞り、髪の育毛に支障が出てしまうのです。 

 

そのため、AGAなど薄毛の緩和には血流をよくすることが

重要になります。 

 

また、AGAを根本から緩和するためには体質を整えることも欠かせません。 

 

AGAになるということは、体の中に根本原因があるということ。 

 

その原因を突き止め除去するには、体質から変えていく

必要があるのです。 

 

整体で血流UP&体質を整える双方向からアプローチすることで、

より効率的にAGA対策ができるようになります。 

 

これからAGA対策を始めようという方は、

ぜひ整体を検討してみてくださいね。 

 

こちらも参考に

https://xn--7orpdr10alxq95ae86aegz.com/man/difference/

 

まとめ:これって手遅れ?AGA対策には期限がある?AGAを放ってしまうと…

AGA対策には期限があり、放っておくと手遅れになってしまう

おそれがあります。 

 

手遅れになるのは、毛母細胞の分裂回数に限りがあり、

AGAによるヘアサイクルの乱れによって

毛母細胞が死滅し髪を作りだせなくなるからです。 

 

毛穴がなくなったり、脱毛の範囲が広くなりすぎたりすると、

AGA対策の効果期待できなくなります。 

 

やはり大切なのは、手遅れになる前に専門家に相談すること。 

 

早い段階でAGA対策を始めれば、それだけ緩和する可能性も

高くなります。 

 

病院に行くのは敷居が高い、薬を使わずにAGAを緩和したいと

いう方には、整体もおすすめです! 

 

  • ブログで分からなかったこともLINEで先生に相談できます。

    ※23歳以下の方は保護者の方からのお問い合わせをお願いいたします。

  • あなたに今一番お伝えしたいことはこちらに書かれています。

ブログを読んでいただきましたか?

ブログでは書けない私たちが伝えたいことが
たくさんこちらには詰まってます。

私たちについて

ぜひこちらをご覧いただいて、
私たちの思いを知ってください。