AGA治療薬「プロペシア」のメリット・デメリットについて

AGAの治療方法の1つに、プロペシアの服用があります。

 

プロペシアはAGAによる薄毛改善に優れた効果が期待できる薬。

 

しかし気をつけなければならない点もいくつかあるので、

服用を開始する前には十分な検討を要します。

 

今回は、プロペシアのメリット・デメリットをご紹介するので、

ぜひAGA治療方法を選択する際の参考にしてくださいね。

 

プロペシアはなぜAGA治療に効くの?

プロペシアはミノキシジルと並んで、

AGA治療に用いられる代表的な薬です。

 

もともとは前立腺がんの治療薬として開発が進められてきた薬で、

開発中に脱毛抑制や薄毛改善の効果が見られたことにより、

現在のようにAGA治療に用いられるようになりました。

 

AGAによる薄毛の改善に効果があり、日本皮膚科学会が定める

「男性型および女性型脱毛症診療ガイドライン」

でも推奨度Aとなっています。

 

「行うよう強く勧める」という評価で、ガイドラインで

同じ推奨度Aとされているのはザガーロ、ミノキシジルの外用のみ。

 

いくつかあるAGA治療方法の中でも、

主要なポジションに位置付けられています。

 

AGAは男性ホルモンの1つであるテストステロンが、

頭皮の5α還元酵素によってジヒドロテストステロンに

変換されることで発生します。

 

ジヒドロテストステロンは頭髪を作る細胞と結びついて、

正常な毛の成長を妨害し、薄毛に。

 

プロペシアは5α還元酵素に働きかけ、

テストステロンのジヒドロテストステロンへの変換を抑制する薬。

異常な脱毛を防ぎ、薄毛改善へと導きます。

 

ただしプロペシアは脱毛を抑制するだけで、

発毛や育毛の効き目はありません。

 

またプロペシアは2種類がある5α還元酵素のうち、

作用を及ぼすのは1種類に対してのみとなっています。

 

ミノキシジルは発毛・育毛の効果があり、

ザガーロは2種類の5α還元酵素のどちらに対しても作用することが、

主な相違点です。

 

プロペシアがAGAに効くまでの期間

プロペシアはガイドラインで「行うことが強く推奨される」

という評価を得ているほど、高い薄毛改善効果が期待できる治療法です。

 

しかし効果が現れるまで長期間を要するというデメリットも。

 

早い場合でもプロペシアの効き目が出てくるまで、

3ヵ月はかかるとされています。

 

もちろん早い場合で3ヵ月なので、効果が出てくるまでの時間が

もっとかかる人もいます。

 

効果の有無がわかるまで時間がかかるプロペシアは、

一度飲み始めたら効き目が感じられなくても

一定期間は服用を継続することが必要です。

 

少なくとも6ヵ月は飲み続けなければなりません。

 

いろいろな治療方法を試してみたい男性より、

1つの治療方法にじっくりと向き合いたい男性に、

向いていると言えるかも知れませんね。

 

AGA治療に用いられるプロペシアのメリット

プロペシアはAGA治療に優れた効果が期待できる薬です。

 

1日に1回飲むだけでOKな内服薬で、

服用での注意点と言えば飲み忘れないようにすることぐらい。

 

プロペシアは継続して服用しないと効果が得られない薬なので、

毎日きちんと飲む習慣を身につけることが重要です。

 

服用が1日1回のみと言うことは、周囲の人に知られずに

AGA治療が行えることにもなります。

 

AGA治療をしていることを他人に気づかれたくない人でも、

安心ですよね。

 

AGA治療でなくても薬を服用していることで

あれこれ詮索されたくない男性もいるのではないでしょうか?

 

そういった方のAGA治療方法としても、プロペシアはおすすめです。

 

AGA治療に用いられるプロペシアのデメリット

プロペシアのデメリットには取扱いに

厳重な注意が必要だということがあげられます。

 

男性に対しては推奨度Aであるのに対し、

女性に対しては「行うべきではない」の推奨度Dとなっています。

 

プロペシアはAGAに対してはよく効くものの、

女性がなるFAGAに対しては効果を発揮しません。

 

それどころかプロペシアの成分に女性が触れると、

妊娠中であれば胎児に異常を引き起こす危険が。

男子胎児の生殖器官などに問題を生じる恐れがあります。

 

こうした悪影響は服用しなくても、割れたり欠けたりして中身が

むき出しになっているプロペシアに手で触っただけでも

及ぶことがあるので、本当に危険。

 

女性の安全のため、

プロペシアはしっかりと保管しておく必要があります。

 

またプロペシアは服用する男性に対する副作用として、

生殖活動や肝機能に支障が出る恐れもあります。

 

生殖活動に対する問題として考えられるのはED(勃起不全)、

射精不全、性欲減退、精子への悪影響など。

子供をもうけることを計画している男性は、注意が必要です。

 

肝機能障害が起こる可能性はそれほど高くありませんが、

肝臓が弱い男性は医師に相談した上で服用しましょう。

 

まとめ:AGA治療薬「プロペシア」のメリット・デメリットについて

プロペシアはAGA治療で用いられる薬の1つです。

 

1日1回服用の内服薬で、AGAを改善へと導きます。

 

しかし一度飲み始めたら6ヵ月は飲み続ける必要がある、

生殖活動に支障が出る恐れがあるなどの注意点も。

 

メリット・デメリットを知って十分に検討した上で、服用しましょう。

  • line

男性薄毛専門治療院 いいねヘアケアラボ 名古屋院

住 所
名古屋市西区名駅2-28-22 アールイービル3F
アクセス
名古屋駅1番出口から徒歩3分

TEL:052-562-3058

女性薄毛専門治療院 いいねヘアケアラボ 東京院

住 所
東京都港区東新橋2-6-7電光ビル3階
アクセス
新橋駅烏森口&汐留駅 出口から徒歩5分

TEL:050-3503-3058

女性薄毛専門治療院 いいねヘアケアラボ 大阪院

住 所
大阪府大阪市淀川区宮原3−3−3ビクトリアスビル1F
アクセス
地下鉄御堂筋線「新大阪」駅下車 徒歩3分
JR「新大阪」駅下車 徒歩4分