円形脱毛症がどんどん広がる場合はどうしたらいい?

髪の毛が抜け落ちて、円形や楕円形の脱毛が生じる円形脱毛症ですが、

その種類はいくつかあり、種類によっては完治するまでに

早くても約半年ほどの期間が必要となるものも。

 

また、治療が長期間に渡るものや症状も人それぞれであり、

中には円形脱毛症が広範囲に進行してしまうこともあります。

 

そうなれば精神的ダメージは大きく、

人目が気になり不安な日々を過ごしかねません。

円形脱毛症の症状がどんどん進行している場合は、

どうすれば良いのでしょうか。

 

今回は円形脱毛症が広範囲にわたって広がる原因や、

その対処法について解説していきます。

 

 

円形脱毛症がどんどん広がってしまう原因は

はじめて発見した時は一箇所の脱毛だったはずが、

気がつけば脱毛範囲がどんどん広がっている

とこのような円形脱毛症の症状にショックを受け、

一人悩んで不安になっている方も少なくありません。

 

では、円形脱毛症がどんどん広がってしまう原因は

どんなことが考えられるのでしょうか。

 

円形脱毛症の種類はさまざまで、それぞれ特徴が違います。

 

「単発型」「多発型」「蛇行型」「全頭型」「汎発型」とあり、

中でも「単発型」以外の種類は症状が広がる可能性も多く、

治療期間も長いのがほとんどです。

 

髪の毛一本一本に周期があり、

日々生え変わるこの流れをヘアサイクルと呼び、

このヘアサイクルが脱毛や抜け毛の症状に関係している場合もあります。

 

ヘアサイクルには

「成長期」→「退行期」→「休止期」という一連の流れがあり、

一般的に男性は約3~5年と言われています。

 

これまでに円形脱毛症の原因は、

遺伝や内分泌障害、自己免疫疾患、アレルギーやストレス等

さまざまな説がありますが、はっきりとしたことは

未だ解明されていないのが現状です。

 

近年、円形脱毛症発症のメカニズムは解明が進んでいることから、

原因は「自己免疫疾患」であるという説が有力とされており、

自分の白血球(リンパ球)が自身の毛髪を攻撃してしまうために抜ける

という自己免疫が関係していることがわかってきています。

 

「自己免疫疾患」とは免疫機能が何らかの異常で、

自分の身体の一部である異物を攻撃してしまい、

髪の毛が抜け落ちるという仕組みのようです。

 

どんどん広がる円形脱毛症をストップさせるには?

前述したように、これまでどんどん広がる円形脱毛症原因について考えてきましたが、

実際はどのように進行をストップさせればいいのでしょうか。

 

通常、髪の毛は1日50~150本ほど抜けると言われており、

季節の変わり目などには抜け毛の本数が増え、

中には倍になって抜けるというケースも。

 

しかし、これは生理現象なので神経質になる必要はありません。

 

これに対して円形脱毛症の場合は、

季節に関係なくどんどん髪が抜けていき、

次第に地肌が露出してしまいます。

 

また、特徴的なのは抜けた毛の多くは、毛根が細く尖っているという点です。

 

円形脱毛症は小さいお子さんから高齢の方まで、

また男女を問わず発症するので、どんどん脱毛が広がっていくのは

精神的にも辛くどうにかして進行を止めたいと思うでしょう。

 

まずは一人で抱え込まず専門家に相談し、

治療を早期に始めることをおすすめします。

 

治療は長期間に及ぶことが多いようですが、

毛根がなくなるわけではないので毛が生える可能性はあり、

根気良く治療を続けていくことが大切です。

 

一人一人に応じた有効な治療をすることで、

円形脱毛症の症状の回復に期待ができます。

 

円形脱毛症がどんどん広がる原因は複数あることもあり、

同時に生活習慣を見直すことも大切ですので、

こちらを意識することも重要となってきます。

 

あらゆる箇所にできてしまうなら多発型の円形脱毛症

脱毛班が何箇所にもできてしまうなら、

それは多発型の円形脱毛症を疑います。

 

まれに単発型から多発型に移行することもあると言われています。

 

多発型は、円形脱毛斑が2つ以上発生し、適切な治療を行っても

完治まで半年から2年くらいかかる場合が多いと言われています。

 

さらに脱毛斑が結合し拡大する「多発融合型」もあるので、注意が必要です。

 

治療が長引くことにより、自らが理想とする生き方や、

自分らしい生活を見失うということに繋がりかねません。

 

これらの生活の質を低下させないためにも、

医療用のかつらを上手に利用したり、別の治療法を試してみたりして、

生活の質の維持・向上をめざすことも大切です。

 

円形脱毛症の治療方法も様々

今や円形脱毛症の治療方法もさまざまで、

毛髪の抜ける早さや範囲によっても治療法が変わってくるため、

ご自身に合わせた治療法を受けることが重要です。

 

円形脱毛症の治療方法は、

「局所療法」「外用療法」「内服療法」の大きく3つに分かれます。

 

中には例外もありますが、

円形脱毛症は基本的に健康保険が適用される保険診療となる数少ない脱毛症です。

 

広がる勢いが強い場合は炎症を止める治療が必要となり、

ステロイドの塗り薬、局部注射などが使用されています。

その他に塩化カルプロニウムの外用薬、

抗ヒスタミン薬やグリチルリチンなどの内服薬なども挙げられます。

 

多発型や融合型の円形脱毛症の治療にもこれらが用いられます。

 

高い水準の発毛効果があるとされているステロイドの局所注射は、

症状がなかなか改善しない単発型、

多発型の成人した患者に対して使われることがあります。

 

しかし、ステロイドの局所注射は注射時に強い痛みを伴うことと、

注射部位が陥没することもある副作用に注意が必要です。

 

その他には、漢方薬や体質改善を行う整体なども治療法としてもあるので、

ご自身の症状に合わせた治療法を見つけられるといいですね。

 

円形脱毛症の異変を感じたらプロに相談を!

円形脱毛症の症状に何らかの異変を感じたならば、

いずれにしても、放置せずに早期にプロである専門家に

相談をすることをおすすめします。

 

勝手な自己判断で気になる異変を放置することは、

症状が悪化する恐れがあるので大変危険です。

 

また、適切な治療を行わないと症状が長引くことも考えられます。

 

脱毛は全身状態と深く関連を持つので、

疲れをためないようストレスの少ない、

可能な限り規則正しい生活を心がけるとよいでしょう。

 

規則正しい生活とは、睡眠は十分に取り、喫煙、アルコールは適量にし、

バランスのよい食事を摂るようにすることなどが挙げられます。

 

これらをしっかり意識することも重要です。

 

このように、治療と同時に食生活の見直しや、

ストレスが溜まらない生活をしていくことも

大切であることがわかりますね。

 

まとめ:円形脱毛症がどんどん広がる場合はどうしたらいい?

今回は、円形脱毛症がどんどん広がる場合、

その原因やどのように対処すればいいのかを解説してきました。

 

脱毛が一箇所見つかっただけでも不安でいっぱいであるのに、

どんどん広がっていくとその精神的ダメージは大きいものと安易に想像できます。

 

円形脱毛症がどんどん広がる場合は、治療が長期間に及ぶことがほとんどなので、

前述したように生活の質を下げずに自分らしく生活をしていくかが

重要になってくるでしょう。

 

円形脱毛症は上手に治療とつきあい、

充実した人生を送ることができるよう、

少しでも悩みや不安があれば一人で抱え込まず、

専門家に相談することが大切です。

  • line

男性薄毛専門治療院 いいね鍼灸院 名古屋院

住 所
名古屋市西区名駅2-28-22 アールイービル3F
アクセス
名古屋駅1番出口から徒歩3分

TEL:052-562-3058

女性薄毛専門治療院 いいね鍼灸院 東京院

住 所
東京都港区東新橋2-6-7電光ビル3階
アクセス
新橋駅烏森口&汐留駅 出口から徒歩5分

TEL:050-3503-3058

女性薄毛専門治療院 いいね鍼灸院 大阪院

住 所
大阪府大阪市淀川区宮原3−3−3ビクトリアスビル1F
アクセス
地下鉄御堂筋線「新大阪」駅下車 徒歩3分
JR「新大阪」駅下車 徒歩4分