円形脱毛症を隠すためにエクステはつけていい?頭皮の負担になる?

円形脱毛症は何の前触れもなく突然できるもの。

 

対策をしたからといって

すぐに元通りにはならないため、

対策の期間中は上手に隠しながら生活しなければなりません。

 

そこで今回は、

円形脱毛症を隠すためのエクステ使用について解説します。

 

円形脱毛症はエクステで隠せる?

円形脱毛症はエクステで隠せるのでしょうか?

「エクステ」とは「ヘアーエクステンション」の略で、

人毛人工毛で作られたつけ毛のことをいいます。

 

ショートヘアをロングヘアに見せたり、

ボリュームのない髪を

ボリュームアップできたりするとても便利なアイテムです。

 

エクステをつけて、ヘアスタイルの変化やイメチェン、

コスプレなどを楽しむ女性も多いですよね。

 

ファッション性の高いエクステですが、

円形脱毛症や薄毛を隠すためにも使えるのでしょうか?

 

女性の場合、

髪型を工夫すれば脱毛斑を隠せることもあるでしょう。

 

しかし、脱毛斑ができた場所や大きさによっては、

髪型を工夫しただけでは隠しきれないこともあります。

 

そんなときエクステを上手く使えば、

脱毛斑を隠すことが可能です。

 

回復までの期間を前向きに過ごすため、

症状や髪の状態に合わせ、

エクステを使用してみるのも一つの方法です。

 

また、あまり大きくない円形脱毛症の場合は、

ペンタイプのヘアーファンデションで隠す方法もあります。

 

髪が抜けてしまった部分は地肌がむき出しになっているため、

どうしても目立ちますよね。

 

そこで地肌に髪の毛と同じような色をつけてしまえば、

目立たなくなるというもの。

 

円形脱毛症の頭皮部分を隠すのにはとても便利ですが、

使用頻度には注意し、頭皮に負担をかけないようにしましょう。

 

円形脱毛症に特化したエクステサロンも

円形脱毛症に特化した

エクステサロンはあるのでしょうか?

 

エクステサロンというと、

ヘアーエクステンションを専門にしているところが一般的ですが、

円形脱毛症などの脱毛症や、

薄毛の方に特化したエクステサロンも存在しています。

 

「増毛エクステ」や「ヘアループ」という言葉を

聞いたことはありますでしょうか?

 

これらは髪をボリュームアップするため、

地毛の1本1本に数本のエクステを結びつける増毛法です。

 

脱毛斑が小さい方や全体的な薄毛の方、

ボリュームアップしたい方に向いています。

 

しかし、増毛エクステやヘアループは、

地毛がある所にしか使用できません。

 

円形脱毛の周囲の自毛に負担をかけてしまう恐れもあり、

症状や髪の毛の状態によっては向かない方もいますので、

気になる方はサロンに相談してみると良いですね。

 

編み込みタイプは頭皮に負担がかかるリスクも

編み込みタイプのエクステは、

頭皮に負担がかかるリスクがあるため、

円形脱毛症の方にはあまりおすすめできません。

 

では、どのタイプのエクステならいいのでしょうか?

 

エクステにはいくつかの種類があり、

髪の量や付け方が異なります。

 

そのため、自分に合ったタイプを選ぶことが大切です。

では、どのようなタイプのエクステがあるのか、

それぞれのメリット・デメリットも合わせてみていきましょう。

 

シールエクステ

シールエクステは地毛にシールを貼ってつける手軽なタイプで、

短時間でつけることができます。

 

しかし、外す時は専用のリムーバーが必要なので、

自分では外せません。

 

また、取れやすくあまり長持ちはしません。

 

編み込みエクステ

編み込みエクステは、自分の髪の毛の根本部分に

エクステを編み込んでつけるタイプのもの。

取れにくくボリュームがでるのがメリットですが、

つけるのには時間がかかります。

 

他のタイプよりも髪や頭皮への負担が大きいので、

髪の毛が細い人には向きません。

 

また、取り付け部分の膨らみが気になる方も多く、

シャンプー後に乾きにくいというデメリットもあります。

 

超音波エクステ

超音波エクステは、超音波を使って樹脂を溶かして接着するタイプのもの。

専用のマシンが必要なので、

他のエクステに比べると値段は高めです

 

取り扱っているサロンは少なく、

外すときも専用マシンが必要なため、

自分で外せないのがデメリットです。

 

しかし、自然な仕上がりや持ちの良さ、

つけ心地が良いのは大きなメリットです。

 

ワンタッチエクステ

ワンタッチエクステは、

自分で簡単につけたり取り外したりできるタイプのもの。

カラーも豊富にあるので、

その日の気分で手軽に使えるのがメリットです。

しかし、取れやすいというデメリットも。

 

エクステは取り付けや取り外しの際、

地毛や頭皮にどうしてもある程度の負担がかかります。

 

円形脱毛症の方がつける場合は、

脱毛斑のまわりの地毛につけることになるため、

注意が必要です。

 

エクステをつけている間はずっと負荷がかかり続けているので、

髪が抜けやすくなる可能性もあります。

 

また、エクステをつけたままシャンプーはできますが、

頭皮環境の悪化を招かないように丁寧にすすぎ、

根本までしっかり乾かすことが重要です。

 

エクステをつけてもいい状態かどうかは、

脱毛の症状によっても異なります。

 

円形脱毛の専門家などでよく相談してから使うようにしましょう。

 

参考:https://feely.jp/98837/

 

薬を使わずに副作用がない方法で円形脱毛症を改善できる方法がある?

薬を使わず、副作用もない方法で、

円形脱毛症を改善できる方法はあるのでしょうか?

 

円形脱毛症は自己免疫疾患の一つと考えられていて、

発症にはアトピー素因や遺伝的要素が深く関係していると

いわれています。

 

ステロイドなどの薬を使用して対策するのが一般的なので、

副作用が心配な方も少なくありません。

 

しかし、円形脱毛症を発症した方の中には、

1か所だけ脱毛斑ができる「単発型」と呼ばれるタイプが最も多く、

その約8割は1年以内に症状が緩和するといわれています。

 

まれに重症化してしまうケースはあるものの、

悪化しないタイプであれば、

薬を使わずに自然治癒する方がほとんどです。

 

まずは状態を確認するために早めに専門院に相談するようにしましょう。

 

また、円形脱毛症は体質による影響が大きいため、

体質を改善することが脱毛の改善につながることもあります。

 

睡眠不足が続いたり、生活習慣や食生活が乱れたり、

強いストレスが続いたりすると、

健康にも悪影響を及ぼしてしまいますよね。

 

いいねヘアケアラボでは、お薬やステロイドを使わずに円形脱毛症の施術をおこなっています。

東洋医学(鍼灸や整体、食事、生活スタイル、メンタルケア)などであなたの体質の乱れを整えることから円形脱毛症のアプローチをおこなっています。

円形脱毛症は、体の中で自己免疫機能のトラブルがおこなっていると言われています。

つまり本来起こらないところで乱れが生じてしまっているため、円形脱毛症になっていると考えられます。

 

あなたの体質から見直していくことが円形脱毛症の回復の一歩になると思います。

 

体質や体調を整え、ストレスをためないように心がけることは、

健康のためにも円形脱毛症の改善のためにも大切なことなのです。

 

いいねヘアケアラボの円形脱毛症専用ページはこちらをご覧ください

https://名古屋薄毛治療.com/stcat/円形脱毛症-2/

 

参考:https://www.enkei-datsumou.com/enkei/syurui/

まとめ:円形脱毛症を隠すためにエクステはつけていい?負担になる?

円形脱毛症を隠すためにエクステを使うことは、

ストレスを軽減する意味では有効な方法です。

 

しかし、エクステは地毛につけるもの。

 

頭皮や髪の毛に負担がかかることは避けられません。

 

症状の悪化につながる可能性があるときは、

無理に使用しないことをおすすめします。

 

また、円形脱毛症は自然治癒するケースも多いですが、

まれに重症化してしまうこともあります。

 

脱毛斑を見つけたら放置せず、

早めに専門院に相談することが重要です。

 

いいねヘアケアラボは円形脱毛症に悩まれる方が県外からもお見えになっています。

過去にお薬やステロイドをおこなってもうまく症状が変わらなかったり、

お薬を使うことを苦手としているかたなどの相談を受けています。

 

名古屋・東京・大阪にあり、

名古屋駅から徒歩3分

新橋駅から徒歩5分

新大阪駅から徒歩3分

と非常にアクセスも便利になっています。

 

もし体質から円形脱毛症の対策を行いたいとお考えの場合は、

一度ご相談いただければと思います。

あなたのお力になれれば嬉しいです。

 

いいねヘアケアラボ 円形脱毛症専用ページはこちら

https://名古屋薄毛治療.com/stcat/円形脱毛症-2/

 

  • ブログで分からなかったこともLINEで先生に相談できます。

    ※23歳以下の方は保護者の方からのお問い合わせをお願いいたします。

  • あなたに今一番お伝えしたいことはこちらに書かれています。

ブログを読んでいただきましたか?

ブログでは書けない私たちが伝えたいことが
たくさんこちらには詰まってます。

私たちについて

ぜひこちらをご覧いただいて、
私たちの思いを知ってください。