ブログ

若いのに薄毛に…その原因と対策は?

薄毛で悩む男性の割合は30代以降に多いのですが、

10代20代前半の若い世代でも少なくありません。

 

若い年齢での薄毛は精神面に与える影響が大きく、

ストレスを抱えることで薄毛を進行させてしまいます。

 

今回は、10代から20代前半の若い世代の薄毛の原因と対策についてご紹介します。

 

若いのに薄毛になる原因は?

AGAとは「Androgenetic Alopecia」の略語で、

「男性型脱毛症」と言われています。

 

髪の毛がだんだんと薄くなるという進行性の脱毛症で、

抜け毛などの初期症状が現れるのは20~30代後半ですが、

10~20代前半から発症するケースもあります。

 

AGAは、遺伝や男性ホルモンの影響などが主な原因と考えられています。

男性ホルモンのテストステロンが、

5αリダクターゼという酵素と結びついて、

髪の毛の成長を抑制するDHT(ジヒドロテストステロン)がつくられます。

十分な成長期間が得られないため髪の毛も細く弱くなり、

髪の毛が抜けて薄くなってしまうのです。

 

10代、20代前半の若い世代の男性の場合、

遺伝的要素に加え食生活の乱れ

社会に出て間もない時期に大きくのしかかる精神的なストレスやなどが

関係して薄毛につながっていると考えられています。

 

例えば、大学進学や就職での一人暮らしで朝食を食べなかったり、

ファーストフードなどで脂っこく、味が濃い食事を食べ続けると

皮脂が増加して頭皮環境が悪化し、

髪に栄養が届きにくくなることで薄毛の原因になってしまうのです。

 

お酒を飲む機会も増えて過度な飲酒により

髪の毛に必要なビタミン群がたくさん消費され、

分解しきれずに残ったアセトアルデヒドが

AGAの原因であるDHTの分泌量を増やす作用もあると言われています。

 

学校生活や勉強、将来の進路のこと、

学生から社会人になれば生活環境がガラっと変わり、

仕事のことなどストレスを感じているでしょう。

過度なストレス自律神経が乱れて

血管を収縮させる働きがある交感神経を緊張させ血行不良となり、

薄毛につながってしまうのです。

 

体力がある若い男性の場合、ある程度寝なくても無理しがちです。

髪の主成分であるケラチンと呼ばれる

タンパク質の合成を促す作用がある成長ホルモンの分泌が盛んになるのは

深い睡眠中の状態なので、睡眠不足や質の悪い睡眠は薄毛につながるのです。

 

若い世代では、PCやスマホでの操作の時間が長い傾向があり、

眼精疲労の原因になります。

 

目の疲れを回復するために、

髪の主成分でもあるケラチンを構成するL-シスチンとビタミン類が消費されて、

薄毛につながると言われています。

 

首を傾けてスマホ画面などを見ている姿勢も、

肩や首、腰のコリにつながり、

血行不良になることで栄養が届きにくくなり、薄毛の原因となってしまうのです。

 

過度なブラッシングやマッサージ、皮膚に合わない整髪料、

整髪料を付けたままの就寝、過剰なカラーリングやパーマ、

間違った方法でのシャンプーなども頭皮環境を悪化させる原因となります。

 

若年性の薄毛の特徴

若い世代の薄毛の原因は、遺伝性の要因が関わっていると言われています。

 

若年性脱毛症の脱毛パターンとしては、

額の生え際から毛が薄くなっていく「M字型脱毛」や、

頭頂部のつむじ周辺が抜けてしまう「O字型脱毛」があります。

生え際と頭頂部のいずれか、もしくは両方に症状が出現します。

 

遺伝的な要素以外にも、

若い世代での薄毛を促すきっかけとなってしまうのが生活習慣の乱れです。

偏食が原因で髪の毛にとって必要な栄養が不足したり、

脂っこい食品の食べ過ぎで皮脂が多く分泌されて毛穴につまるなどして、

髪の毛が成長しにくくなり抜け毛が増えてしまいます。

 

若い世代の薄毛は

新陳代謝が活発なためAGAが発症すると進行速度も速く

逆に生活習慣を見直して薄毛対策をすれば

薄毛が改善する可能性が高いので早めの対策がポイントです。

 

若いのに薄毛になってしまったときの対策は?

薄毛対策のために、以下のような生活習慣を見直してみましょう。

 

・バランスの良い食事をとる

若いからこそ、

健やかな髪の毛を育てるための栄養でもある

タンパク質、ビタミン類、亜鉛など、

髪の毛に必要な栄養素を1日3食・バランスよく摂るようにしましょう。

お酒は適量であれば血行を良くしますが、過度な飲酒は控えましょう。

 

・睡眠不足とストレスの解消を心がける

6~7時間の睡眠時間を確保できるようにしましょう。

十分な睡眠時間が確保できない方は、

寝る前にリラックスして睡眠の質を高めることをおすすめします。

 

寝る前のスマホ操作やカフェインを摂ることは脳が刺激され、

睡眠の質が落ちてしまうので避けましょう。

 

・目の負担を減らす

1時間に1回はパソコンやスマートフォンの画面から目を離し、

遠くを見るようにしましょう。

疲れがひどい時はホットタオルなどで目を温めるのも効果的です。

 

・シャンプーの後は素早く丁寧に乾かす

髪を濡れたままにしていると頭皮に雑菌が繁殖しやすく、

髪の毛を守ってくれているキューティクルが傷みやすいため、

シャンプーの後は素早く丁寧に乾かすことが大切です。

 

頭皮を乾かす感じで、

ドライヤーを当てる場所をずらしながら全体を乾かしましょう。

 

シャンプーをする前にブラッシングをしてから

お湯をかけ汚れを落としておきましょう。

泡を立てたら指の腹で髪ではなく頭皮を洗うようにして

最後にしっかりすすぎましょう。

 

まとめ:若いのに薄毛にその原因と対策は?

AGAの原因は、遺伝だけではなく、

不規則な生活習慣、ストレス、睡眠不足など様々な原因が絡み合って発症します。

 

若い年齢での薄毛の場合は、

食生活やストレスなどの生活習慣の見直し

頭皮環境が改善し薄毛対策につながるので、

先ほどご紹介した生活習慣の見直しを今すぐはじめてみましょう。

 

  • line

LINE@で無料相談する!!

男性薄毛専門治療院 いいね鍼灸院 名古屋院

住 所
名古屋市西区名駅2-28-22 アールイービル3F
アクセス
名古屋駅1番出口から徒歩3分

TEL:052-562-3058

TEL:052-562-3058

女性薄毛専門治療院 いいね鍼灸院 東京院

住 所
東京都港区東新橋2-6-7電光ビル3階
アクセス
新橋駅烏森口&汐留駅 出口から徒歩5分

TEL:050-3503-3058

TEL:050-3503-3058

女性薄毛専門治療院 いいね鍼灸院 大阪院

住 所
大阪府大阪市淀川区宮原3−3−3ビクトリアスビル1F
アクセス
地下鉄御堂筋線「新大阪」駅下車 徒歩3分
JR「新大阪」駅下車 徒歩4分