AGA治療は病院の何科を受診したらいいの?

「生え際が後退して額が広くなってきた…」

「トップが薄くなって地肌が透けて見える…」

 

こんな症状が現れたら、

もしかしたらAGA(男性型脱毛症)かもしれません。

 

AGAは病院で治療することができます。

 

病院でAGA治療を受けるとき、何科を受診すればよいのでしょうか?

 

今回はAGA治療について、

何科を受診すればよいのか、

どんな治療法があるのか、

AGA専用外来とは何か?

などを解説いたします。

AGAの為には病院の何科で診断してもらう?

AGAとは男性型脱毛症のことで、男性に最も多い脱毛症です。

 

DHT(ジヒドロテストステロン)という強力な男性ホルモンが、

ヘアサイクルを狂わせることが主な原因です。

 

AGAには遺伝やストレス、生活習慣の乱れなども

影響していると言われています。

 

AGAは進行性の脱毛症なので、

気になり始めたら早めに治療を始めましょう。

 

AGA治療は、頭皮も皮膚の一部であることから

病院の皮膚科で受けることができます。

 

一般皮膚科ではAGAだけでなく様々な皮膚疾患を

扱っているため、脱毛症で通院していることを

知られたくない方にとっては通いやすい場所と言えるでしょう。

 

ただし、AGA治療は保険適用外であるため、

皮膚科で治療をする場合も自費診療となります。

 

総合病院では、脱毛症外来が設置されているところもあります。

 

AGAや円形脱毛症、女性男性型脱毛症、抜毛症など脱毛症全般が

対象となっており、脱毛症に詳しい皮膚科医が担当しています。

 

より専門的な診断を求める場合は、

脱毛症外来のある病院を探してみてもいいかもしれませんね。

 

一般病院、皮膚科のAGA治療内容

一般病院の皮膚科では、日本皮膚科学会による

「男性型および女性型脱毛症診療ガイドライン2017年版」に

沿った治療が行われます。

 

皮膚科では、AGA治療薬を使って治療をします。

ガイドラインで、推奨度Aとされている治療薬は次の3つ。

 

■フィナステリド(プロペシア)

男性ホルモンのテストステロンは「Ⅱ型5αリダクターゼ」

という酵素によって、より強力な「DHT(ジヒドロテストステロン)」

という男性ホルモンに変換されますが、

これがAGAの原因となっています。

 

フィナステリドは、このⅡ型5αリダクターゼを阻害する内服薬です。

 

フィナステリドを服用すると、AGAの原因であるDHTが

作られにくくなるため、治療効果が得られるというわけです。

 

男性機能低下の副作用の可能性があります。

 

■ザガーロ(デュタステリド)

ザガーロもフィナステリドと同様に、

5αリダクターゼを阻害する内服薬です。

 

ザガーロの場合、Ⅰ型・Ⅱ型両方の5αリダクターゼを

阻害するため、より高い効果が得られます。

 

男性機能低下の副作用のリスクがあります。

 

■ミノキシジル

ミノキシジルは日本で唯一発毛効果が認められている成分で、

頭皮に直接塗布する外用薬として用いられます。

 

ミノキシジル含有の外用薬としては、

大正製薬の「リゲイン」が有名です。

 

内服薬と併用するケースが多いようです。

 

頭皮のかゆみや頭痛、動悸などの副作用が生じる可能性があります。

 

AGA専門外来を利用する人も増加中

一般皮膚科以外でAGA治療が受けられるところに、

AGA専門外来があります。

 

AGA専門外来とは、AGAを専門に扱っているクリニックのことです。

 

AGA専門外来では、一般皮膚科にはない薬や治療法もあり、

より専門的な治療を受けることができます。

 

■ミノキシジルタブレット

ミノキシジルの内服薬です。

日本で承認されているのはミノキシジル外用薬のみで、

内服薬は承認されていません。

 

しかし、AGA専門クリニックではミノキシジルタブレットを

処方してくれるところもあります。

 

内服薬は外用薬よりも効果が高いのですが、

その分副作用のリスクも高くなるため、

医師の指示を守り正しく服用する必要があります。

 

また重篤な副作用が生じた場合、

副作用被害救済制度の対象外となるので注意が必要です。

 

■HARG療法

HARG療法とは再生医療の一つで、

成長因子が含まれたHARGカクテルを頭皮に直接注入することで、

発毛を促す治療法です。

 

■植毛

自分の髪の毛を毛根ごと、脱毛した部分に移植する治療法です。

 

一度移植して定着すれば、髪が生え、成長し、抜けるという

正常なサイクルを繰り返すようになります。

 

脱毛症診療ガイドラインでは、

推奨度Bで「行うように勧める」とされています。

 

鍼灸院などで頭皮ケアと並行するのもおすすめ

AGA治療と並行して、鍼灸院を利用するのもおすすめ。

 

鍼灸は東洋医学の一つで、

ツボを刺激することで体の不調や様々な症状を改善する療法です。

鍼灸をすると、全身の血行がよくなります。

 

AGA治療薬によってDHTの生成を抑制できても、

頭皮が血行不良の状態では必要な栄養が行きわたらず、

髪の生育に支障をきたしてしまうのです。

 

鍼灸によって血行が改善すれば、

毛乳頭に十分な栄養と酸素が供給されるようになり、

髪も生育しやすくなります。

 

より効果的なAGA改善を目指して、

鍼灸も検討してみてはいかがでしょうか。

 

まとめ:AGA治療は病院の何科を受診したらいいの?

AGAは、病院の皮膚科で治療が受けられます。

 

病院では、日本皮膚科学会の

「男性型および女性型脱毛症診療ガイドライン」に沿った治療が

行われており、フィナステリド・ザガーロなどの内服薬と、

ミノキシジル含有の外用薬が使われています。

 

その他の選択肢としてAGA治療に特化したAGA専門外来もあり、

一歩踏み込んだ専門的な治療を求める人向きと言えるでしょう。

 

また、体の中から整え血行改善に効果的な鍼灸もおすすめ。

 

病院での治療と鍼灸を並行することで、

より効果的なAGA改善が期待できます。

 

AGAは進行性なので、薄毛が気になり始めたら

できるだけ早く専門家に相談するようにしましょう。

  • line

男性薄毛専門治療院 いいねヘアケアラボ 名古屋院

住 所
名古屋市西区名駅2-28-22 アールイービル3F
アクセス
名古屋駅1番出口から徒歩3分

TEL:052-562-3058

女性薄毛専門治療院 いいねヘアケアラボ 東京院

住 所
東京都港区東新橋2-6-7電光ビル3階
アクセス
新橋駅烏森口&汐留駅 出口から徒歩5分

TEL:050-3503-3058

女性薄毛専門治療院 いいねヘアケアラボ 大阪院

住 所
大阪府大阪市淀川区宮原3−3−3ビクトリアスビル1F
アクセス
地下鉄御堂筋線「新大阪」駅下車 徒歩3分
JR「新大阪」駅下車 徒歩4分