女性ホルモンが減るとAGAに?エストロゲンの働きとは

女性なら誰もが「いつまでもきれいな髪でいたい」いますよね。 

 

しかし、気付いたときには以前のような髪のボリュームはなくなり、

分け目も目立つようになっていた…。 

 

いつの間にか薄毛になったことに悩んでいる女性

少なくありません。 

 

このような髪の変化は、女性ホルモンが減ることと

関係しているのでしょうか? 

 

放っておくと、男性に多いAGAのような薄毛に

なってしまうのでしょうか? 

 

今回は、女性ホルモンとAGAの関係について、

またエストロゲンの働きについてご紹介します。 

 

女性ホルモンとAGAは繋がり・関係はある?

女性ホルモンとAGAには、繋がりや関係があるのでしょうか? 

 

AGAとは男性型脱毛症のことで、

男性ホルモンや遺伝による影響が大きいといわれています。 

 

女性も男性型脱毛症(AGAになることがあるといいますが、

男性とは症状や原因が異なることから、

女性男性型脱毛症(FAGA)「女性」を前につけた呼び方が

使われています。 

 

AGAには男性ホルモンが関わっているように、

女性の薄毛は女性ホルモンと深い繋がりや関係があります 

 

そのため、女性ホルモンの分泌量が大きく変化する時期に、

抜け毛が増えたり、髪が薄くなったりするのです。 

 

女性の体にとって大きな変化がある時期には、

女性ホルモンの分泌量が増えたり減ったりします。 

 

最もわかりやすく変化するのは妊娠・出産の時期です。 

 

出産前後ホルモンバランス急激変化して起こるのが、

出産後脱毛です。 

 

また、年齢を重ねることでも女性ホルモンの分泌量は変化します。 

 

更年期と呼ばれる頃になると、

女性ホルモンは急激に減少するため、

多くの女性が髪質やボリュームの変化を感じるようになるのです。

 

参考: https://www.kao.com/jp/haircare/hair/4-7/ 

 

女性ホルモンのエストロゲンは卵巣から分泌されている

女性ホルモンといえばエストロゲンが有名ですが、

このホルモンは卵巣から分泌されています。 

 

卵巣から分泌されている女性ホルモンには、

プロゲステロンというホルモンもあります。 

 

それぞれ役割が異なり、卵胞ホルモンのエストロゲンは、

女性らしさに関わるホルモンです。 

 

一方、黄体ホルモンのプロゲステロンは、

妊娠に関わっているホルモンです。 

 

女性ホルモンの分泌量は、

女性の卵巣機能が活発な20代にピークを迎え

その後年齢とともに卵巣機能は低下し、

50前後で閉経を迎えます。 

 

一般的に「更年期」と呼ぶの

閉経の前後約10年間かなり長期間です 

 

この時期に現れるさまざまな心身の不調が、

いわゆる更年期障害 

 

更年期頃になると、多くの女性が心身の不調とともに

髪の毛にも変化を感じます。 

 

女性の薄毛と関係が深いの

エストロゲンという女性ホルモンです 

 

エストロゲンには、女性らしい体を作り、

若々しく健康に保つ働きがあります。 

 

また、悪玉コレステロールを減らし、善玉コレステロールを

増やす働きや、骨を丈夫に保つ働き、血管をしなやかに保ち

動脈硬化を防ぐ働きがあるなど、女性の健康や若々しさを

キープするためには欠かせないホルモンです。 

 

参考:https://www.healthcare.omron.co.jp/bijin/shittemiyo/body.html 

参考: https://www.amcare.co.jp/amc_labo/…

 

エストロゲンは髪や肌を健康に保つ効果がある 

エストロゲンには、髪の毛や肌を健康に保つ効果があります。 

 

髪の毛や肌のハリや潤いを保ち、若々しくいるためには、

女性らしさに関係しているエストロゲンが必要なのです。 

 

しかし、出産後や更年期になると

エストロゲンの分泌が急激に減少します。 

 

この時期に薄毛に悩む女性が増えるのは、

エストロゲンの減少が影響しているのです。 

 

では、「更年期になると、女性もAGAになるの?」と

不安になる方がいるかもしれませんね。 

 

しかし、そのような心配は無用です。 

 

上記でも少し触れましたが、

男性型脱毛症(AGA)と女性男性型脱毛症(FAGA)は、

症状や原因が異なります。 

 

女性ホルモンが減少することで、薄毛になる方がいるのは事実です。 

 

しかし、男性のAGAのように、生え際から徐々に髪の毛が抜けたり、

頭のてっぺんだけが極端に薄くなったりすような症状は、

女性には起こりません。 

 

女性の薄毛は頭の一部分だけが脱毛するようなことはなく、

全体的に髪が薄くなるのが特徴です。 

 

そのため、「髪のボリュームが減ってきて、髪型がうまくきまらない」

「最近髪のコシがなくなり、細くなったような気がする」などと、

全体的な髪の変化を感じる方が多いのです。 

 

まとめ:女性ホルモンが減るとAGAに?エストロゲンの働きとは

女性は男性のAGAのように部分的に脱毛することはないですが、

女性ホルモンの減少は薄毛に大きく影響していること

わかりましたね。 

 

女性ホルモンのエストロゲンには、髪や肌を若々しく保つ働きが

あるので、エストロゲンが減る出産後や更年期になると、

薄毛になる方が増えてしまうのです。 

 

しかし、女性ホルモンの分泌量が変化するのは、

出産や更年期に限ったことではありません。 

 

睡眠不足やストレス、食生活の乱れなどが影響して

バランスをこともります。 

 

年齢による女性ホルモンの減少は避けられませんが、

普段から規則正しい生活や栄養バランスのとれた食事を心がけ、

しっかり眠り、ストレスをためないように注意したいですね。 

  • line

男性薄毛専門治療院 いいね鍼灸院 名古屋院

住 所
名古屋市西区名駅2-28-22 アールイービル3F
アクセス
名古屋駅1番出口から徒歩3分

TEL:052-562-3058

女性薄毛専門治療院 いいね鍼灸院 東京院

住 所
東京都港区東新橋2-6-7電光ビル3階
アクセス
新橋駅烏森口&汐留駅 出口から徒歩5分

TEL:050-3503-3058

女性薄毛専門治療院 いいね鍼灸院 大阪院

住 所
大阪府大阪市淀川区宮原3−3−3ビクトリアスビル1F
アクセス
地下鉄御堂筋線「新大阪」駅下車 徒歩3分
JR「新大阪」駅下車 徒歩4分