ブログ

【薄毛治療は卒業できる!?その秘訣は??】

どうもこんにちは~!

 

愛知県名古屋市、東京の新橋

お薬なし育毛剤なしで薄毛の施術を行ってます!

いいねヘアケアラボ 代表のやべっちです!

 

さて今日は、

薄毛治療の【継続問題】のお話をしていこうと思う。

 

2018.4.19撮影(男性)_180923_0147

 

薄毛治療って言うとお薬や注射をメインとするクリニックだったり

僕らのようなお薬を使わない治療院だったり、

他にも育毛サロン、ヘッドスパなどをやっている美容院だとか、

あとは植毛をやってるクリニックとか、

こういった感じで色んな所があるよね。

 

他にもドラッグストアとか市販で売っているお薬や塗り薬とか、

ネットで購入できるお薬とかも薄毛の対策にはなってくるよね。

 

でも薄毛の悩むみんなが気になってるのはどういった問題かって言うと、

「薄毛治療っていつまで続ければ良いの?」っていう話だと思うんだ。

 

今日はこういった薄毛治療の期間などの、

実際のリアルな話をみんなにお伝えしていけたらなと思う。

 

だからもしあなたが薄毛治療って

どれくらい続くんだろうなと思っていたり、

本格的に薄毛治療を考えてるんだけど、

それまでに「何か薄毛治療の詳しい知識を知っておきたいな・・・」

って考えているようだったら、

是非このブログを読んでもらえると、

薄毛治療に対しての知識が深まると思う。

 

僕自身も最初は、

自分が薄毛に対して悩んでいたけど、

薄毛に対してよくわからなかった。

 

20代前半の頃はね。

 

だから右も左も分からず、

とりあえず髪がやばいから

有名な大手のサロンさんに何とかなるんじゃねぇ か!?

って考えも強かったのね。

 

でも今では薄毛のお薬を使わない本家本元の整体院として

日本中からたくさんの患者さんと出会ったり、

自分自身が薄毛の患者さん一人一人と向き合っていく中で、

薄毛治療に対しての知識がものすごく深まってきたんだ。

 

そういった知識をやっぱりみんなにもっと知ってほしいし、

薄毛治療をする時に間違った選択や、

悩むってことをしてほしくないんだよね。

 

だから今日は僕の知識の中から、

薄毛の情報をお伝えしていけたらなと思う。

 

早速だけど、薄毛の治療期間からお話しして行こうかな。

 

1、クリニックでのAGA治療はどれくらいの期間が必要?

 

早速今日の本題なんだけど、

AGA治療ってどれくらいの期間が必要なのかっていう問題。

 

半年?

1年?

3年?

ずっと??

 

これに関しては正直、

治療によって異なるから明確なことは言えないんだけど、

基本的にAGA治療は半年コースや1年コースみたいに、

期間を決めて治療を受けてくことが多いんだよね。

 

例えばその代表例が、クリニックでのお薬とか注射の治療だと思うんだ。

→あ、俺だ。ってなっている人も少なからずいると思う。。。

 

AGAのお薬となると、

プロペシア(もしくはザガーロ)とミノキシジルがすごく代表的なお薬。

 

一般的にこの2つのお薬は併用していって、

毎日毎日飲み続けることが前提になってくるんだ。

 

要は、

「半年間飲み続けてくださいねー」とか

「1年間飲み続けてくださいね」っていうことなんだよね。

 

じゃあ途中でやめてしまったらどうなってしまうかというと、

元々自分の体内では髪の毛が生えにくかったり、

抜けやすい状態で

薬の力で何とか生えていただけだから

服用をやめてしまうと、

やはりお薬の効果が切れてしまうから、

それ以前に髪の毛が生えてきてたとしても抜けてきてしまうんだ。

→ただ、ここで勘がいい人は1点気づくことがあると思う。

→→それは【いつまで服用するか問題】

 

だからクリニックでのAGA治療とかは、

半年でいくらだとか、

1年で頑張っていきましょうね

っていうコースがメインになってくるんだ。

 

そして2年目の更新、3年目の更新に移っていく。

 

僕らの実際の患者さんでも、

過去にクリニックで1年間治療を受けてきたとか、

長い人だと10年以上お薬での治療を続けてきた

っていう患者さんもいるんだよね。

 

お薬とかを使うと、

確かに髪の毛に対して少なからず

大なり小なり何らかの反応は出てくると思うんだ。

 

でもこれらに関しては使い続けないといけないから、

薄毛の治療が卒業できるどころか、

ずっと頼り続けなければいけないものなんだ。

 

ここで実際に

いいねヘアケアラボに来られた男性の話を1つ

お伝えしていこうかなと思うんだけど、

この患者さんはいいねヘアケアラボに来られる前に

数年間お薬を飲み続けていたんだ。

 

でもいつまで飲み続けたらいいかわからなくなったその患者さんは、

自分の意思でお薬を飲むことをやめてしまったんだよね。

 

それがいいねヘアケアラボに来られる3ヶ月ほど前だったんだ。

 

でね、その患者さんのカウンセリングをした時に

ものすごい量の抜け毛があるってお話をしていて、

その話を深掘りしていくと

やっぱりお薬をやめたところがきっかけだったんだよね。

 

お薬の効果は?って聞いたら、

「まぁ何とか現状維持ぐらいかな」って言っていたんだけど、

「どちらかというと全身の毛が濃くなった」

っていう感想が強かったんだよね。

 

だから数年間飲み続けたけど、

もうやめてみようと思ってやめたけど

その後の抜け毛が半端なかった、、、

→これがお薬を辞めた後の脱毛の脅威。泣

 

その患者さんはいいねヘアケアラボ

その後も施術を継続されていったんだけど、

僕らが施術をしていく間も、

一定の期間だけかなりの抜け毛があったんだ。

 

やはりこれはお薬をやめた影響で抜け毛がドバーッと、

一時的に量がかなり増えてしまったんだ。

 

でも一定の期間を過ぎたところからは

体質を整えていったことによって、

髪の毛も回復してしっかりと髪は生えてきたんだけどね。

 

最初はどうしても僕らの手があったとしても追いつかないぐらい、

抜け毛の量がすごかった、、、

こういった実際のお話もあるように、

やはりお薬に関しては症状を止めたりとか、

全身の毛は濃くなるかもしれないけど、

一定値髪の毛に効果を出すこともあると思う。

 

もちろん効果が出る人、出ない人の個人差はあると思うけどね。

でも結局のところ、お薬をやめてしまうとどうなるかというと、

共通して髪の毛に出た効果はなくなってしまったり、

抜け毛が止まっていたけど抜け毛がそれ以前のように

バーっと抜けてしまうってことも出てきたりするんだ。

 

だからさっきもお伝えしたように、

薄毛治療の卒業どころか

ずっと薄毛治療が続いてしまうっていうのが現実問題なんだよね。

 

だから僕もよく患者さんから

「お薬を卒業したいんです」とか

「お薬をやめられたら一番いいです」

だからいいねヘアケアラボさんに来ました

っていう相談を受けることもかなり多かったりするのね。

 

僕らはお薬や育毛剤を使わずに、

体質を整えていって

自分の髪の毛が生える限界値はどこかっていうのを探り、

日々技術を磨きながら施術にあたっているんだ。

 

その結果、日本中から多くの患者さんが来てくれるようになった。

 

これはものすごく嬉しいことなんだよね。

 

名古屋の本院では、遠い人だと

九州とか四国、中国地方から片道5時間以上かけて来られる方もいる。

 

東京院では東北の方とか、

甲信越の方から新幹線とかを使って来られてる方もいる。

 

海外から一時帰国中に行きたいです

っていう患者さんも中にはいるんだよね。

 

それぐらいこの僕らのお薬を使わない治療は、

みんなに注目されてきてるのかなってすごく感じるんだ。

 

ちょっと話がズレてしまったけど、

このお薬のお話って

例えばヘッドスパとか育毛剤、

植毛でも一緒のことが言えるんだよね。

 

ヘッドスパだって1回やると

「あー頭皮がすごい気持ちよかったなぁ」って感じがして、

なんだか髪の毛が元気になったような気がする

っていう声はすごく多いんだ。

 

でもまた2、3日経ってしまうと元に戻ってしまったりもする。

じゃあ植毛なんてどうだろう、、、

植毛をやったら確かに植毛したところの髪の毛は増える。

これは間違いない。

 

自分の後ろの髪の毛を生え際に持ってきたりすることによって、

生え際を目立たなくさせることはできる思う。

 

でも大体クリニックさんで植毛をし終わった後

「プロペシアとミノキシジルをしっかり飲んでくださいね」

って言われることも少なくないんだよね。

 

これはなぜかと言うと、

植毛をしたところは確かに髪の毛は生えてるんだけど、

もともと髪の毛が薄くなってきているってことは、

植毛した周りの髪の毛はまだ薄くなる要素を控えてるんだよね。

 

だから植毛した人が悩むことって、

植毛した部分の髪の毛は残っているんだけど、

その周りはハゲてくるってところなんだ。

 

こういったところで、

植毛も2回目3回目に走ってしまったり、

植毛しながらお薬も飲んでいる人って実はすごく多いんだよね。

 

だから結局のところ、

さっきのお薬のお話と一緒で

「AGA治療の卒業」が見えてこないんだ。

 

でね、

結論からするとどれくらいの期間が必要かというと、

正直なところ「ずっと」って言っても間違ってないと思うんだよね。

 

もしくは、

「自分が満足できるまで」

っていうところが最終的な期間になるのかなと僕は思う。

 

この満足できるまでというのは、

「ここまで成果出たからOK!」ではなくて、

「もう本格的な薄毛対策はいいかな」という期間ね。

→飲み続けないと維持ができなくなってしまうからね。

 

だからこそ僕は、

物を使わずに自分の力で髪の毛を増やすっていうこと

しっかりやっていきたいんだ。

 

2、治療薬はぶっちゃけ使った方がいい?

 

正直なところ僕の個人的な意見にはなるけど、

AGAの治療薬に関しては「使わない方がいい」と思う。

 

ただ全面的に止めるかと言うと、そういうわけではない。

 

プロペシアやミノキシジルを使っても

お薬の副作用を感じないとか、

使っていてもしっかり効果が出ていて、

使うことでのコスト面とか継続するっていう問題で

何も自分の中でストレスがないよー

っていう場合だったら使ってもらってもいいと思うんだ。

 

ただここでずっと使い続けるのはどうかなとか

コスト的に続けるのは難しいとか、

副作用で将来的に体が心配だとか、

こういった感じで治療薬に対して、

何か一つでも不安な部分があったら

その不安ってずっと付きまとってしまうから

正直僕はおすすめしないんだよね。

 

だから全面的に否定するわけではないんだけど、

何か不安な部分があったら、

僕はできるだけ使わない方がいいのかなと思う。

 

もちろん治療薬ってすごいお薬で、

いいねヘアケアラボに来られた患者さんでも半数ぐらいは

一応は効果が出たって言われる。

 

もちろん効果出ました!っていう人も中にはいる。

→ただ現実問題、僕らのところに相談に来ている。

→→お薬で髪が増えても悩み続けているからだ。

 

でも副作用を感じる人は、

どっちかと言うと効果を感じる人よりも結構多かったりもする。

 

だからそれだけ体に負担をかけてしまった結果で、

髪の毛を増やしているわけだから

今は大丈夫だったとしても

3年、5年、10年と長い間使っていると

いつの日か体に負担をかけてしまって、

お薬が使えなくなってしまう時が来るかもしれない。

 

もともとミノキシジルは血圧のお薬だし、

プロペシアは前立腺肥大など泌尿器科で使われていたお薬だから

本来は髪の毛のお薬じゃないんだよね。

 

体の色んな所に働きかけて、

結果的に髪の毛に作用しているだけだから

それだけ頭皮のみならず

全身に負担をかけてしまってることは間違いではないよね。

 

ネットで調べてみるとAGAの治療薬ってすごくたくさん出てくるし、

身近な人でも結構飲んでる人って多かったりもするんだ。

 

実際の患者さんの中にも

友達に髪の毛のことを相談できる人は

意外と俺も飲んでるよって言われる方も多かったり、

過去に友達が飲んでて、

それを見てたら怖くて

自分は飲めなくなったっていう患者さんもやっぱりいるんだ。

 

だからAGA治療=お薬

っていうイメージが浸透していたりもするんだけど、

実はそういうわけじゃないってことを

今このブログを読んでるあなたに覚えといてもらいたい。

 

だって、

僕らはお薬を使わずに数々の薄毛に悩む男性を救ってきたから。

 

3、髪を生やすために薬は必要なかった

 

正直なところ、髪を生やすために薬は必要ない。

 

これはいいねヘアケアラボが掲げている治療方針でもあるんだよね。

 

これはなんでかというと、

髪の毛が抜けるってことは

そもそも

体が髪の毛必要ないよーっていうサインを出しているってことなんだ。

 

髪の毛は体の隅っこにある部分、一番端っこだよね。

 

だから体の状態が乱れたり、何か不具合が起きてくると

体の隅っこには問題が生じてくるんだ。

 

例えば、肌が荒れてカサカサしてきたり

ニキビなどの吹き出物がかなり増えてしまったり。

爪がガタガタ割れてきたり、

抜け毛が多くなったりとか、

こういった部分で髪の毛だけじゃなくて、

どこかに体がヤバいよーっていうサインを出したりするんだよね。

 

薄毛の状態もその1つなんだ。

 

もちろん薄毛だから

健康じゃないかというとそういうわけではないんだけどね。

 

健康診断でどこも悪いところがなくて、

しっかりジムとかで運動してる人でも薄毛になったりすることもある。

 

でもこういった男性でも自律神経が乱れていたり、

末端の血流が悪かったり、

内臓の疲れが隠れていたりだとか、

こういったところで小さな体質の乱れが隠れていたりもするんだ。

 

そういうのが長年積み重なってきて、

髪の毛に悪影響を与えているってことも多いんだよね。

 

だから薄毛の状態って何を表してるかと言うと、

さっきもお伝えしたように、

髪の毛が必要なくなってきている状態になってるってことなんだ。

 

髪の毛を生やす力が衰えてきている体になってしまってるんだよね。

 

だからお薬や育毛剤を使って栄養を与えたり、

無理矢理血流をあげて生やすとかではなくて、

そもそもの土台である体質を整えて、

自分の体でしっかり髪が生えるよー

っていう状態を作ることが僕は一番大事だと思うんだ。

 

現に最初にお伝えしたお薬をやめた状態で来られた男性は、

最初はものすごい勢いで髪の毛が抜けていった。

 

もちろんハゲもどんどん進行していって、

通院しているにも関わらず序盤は薄くなっていった状態。

 

でも最終的にはどうなっていったかと言うと、

もともと偏頭痛持ちで、

なかなか偏頭痛は0までは消えなかったけど

その頻度がすごくゆるまったり、

髪の毛では、

頭頂部の皮膚が透けない状態まで薄毛が回復できたんだ。

 

ちなみにこの患者さんは40代半ばぐらい。

 

だからこの年齢とかまでいってもしっかり体質を整えていったら、

「髪の毛って生えるんだな」っていうのは、

僕は日々施術現場ですごく感じているんだよね。

 

もちろん、

お薬や育毛剤を使わずに髪の毛が生えるなんて

信じられないって みんな思うことだと思う。

 

別に僕だって信じてほしいなんて1ミリも思ってない。

 

ただ現に僕らはこうやってなぜ毎日施術ができてるかって言うと、

一つ一つの回復症例を積み重ねていったから、

日本中から多くの患者さんが来てくれるようになったのかなと思う。

 

だからぶっちゃけたお話をすると、

髪を生やすために正直お薬は必要ない。

 

しっかりと自分の体質を整えていけば、

生えるべき力の分だけは生えてくる。

 

もちろん、

100本しかMAX生えないところに120本130本は生えてこない。

 

これは自分の体の限界値があるから。

 

でも大事なのは体質や頭皮環境を整えていった結果、

自分の体でどこまで生えるのかっていうことなんだよね。

 

そこでしっかり髪の毛が生える力が残っていれば、

髪の毛って生えるべくして元に戻ってくるんだ。

 

じゃあ、次に薄毛を改善させるための2つの秘訣を教えるね。

 

4、薄毛を改善させるための2つの秘訣

 

まず1つ目なんだけど、

これはやはり「物に頼らない」ことなんだ。

 

薄毛治療というと、

お薬とか育毛剤とかサプリメント、シャンプー、

いろんなものが出回ってる。

 

もちろん成分だけを見てみるとすごく優秀なものも多いんだけど、

結局のところいつまでも使っていかなきゃいけなかったり、

そこからもっと良いものはないかなって探し求めてしまうから、

終わりが見えなくなってしまうんだよね。

 

だから物に頼るんじゃなくて、

まずは自分の体を見つめ直すことが大事。

 

自分ってどんな体なのか、、、

 

血流が悪いとか頭皮が硬いとか、

末端の方が冷えやすいとか、

お酒やタバコがやめられないとか

夜中の睡眠が浅いなど

色々自分の中で課題があると思う。

 

これに関しては答えがないから、

自分の中でこういった体だなって見つけてもらえたら一番いいかな。

 

もちろん僕達の所にカウンセリングを受けに来た患者さんは、

自分が気付いていないようなところを

指摘されることもすごく多いんだよね。

 

だから自分で気づかなくてもまずはいいんだけど、

「自分で気付く努力」をしていくことが大事になってくるんだ。

 

で、

2つ目の改善の秘訣は、

「原因は自分の中にある」ってことなんだ。

 

よく育毛剤とかお薬を使っている患者さんから

ポロッと出る声があるんだけど、

「この育毛剤は効かなかった」

「全然効果ないんですよねー」とか、

「あのお医者さんは生えるって言ったのに・・・」

って話がポロっと出たりもするんだよね。

 

でも忘れてほしくない。

 

髪の毛って自分の体から出てくるものであって、

育毛剤とかお薬から出てくるものではないんだ。

 

だから育毛剤を使ったとしても、

髪の毛が出る出ないは自分の体次第だし、

お薬を使ったとしても同じことが言えるんだよね。

 

だから別に育毛剤やお薬は何も悪くない。

 

もちろんサプリとかシャンプーだって悪くない。

 

そこで一番関わってるものは何かというと、

「自分の体」なんだ。

 

だから髪の毛が生えないとか、抜けやすい状態に関しては、

全部自分の中で何かしら足りない状態が続いているよー

っていう問題があるんだ。

 

そこに対して何か物を使えば良いという問題ではない。

 

そうじゃなくて、

自分の体質をしっかり見直してもらうと一番いいのかなと思う。

 

 

1、物に頼らないこと

 

2、お薬や育毛剤のせいにしない、原因は自分の中にある

 

 

これは薄毛を改善させるためにすごく大事になってくるんだ。

 

だからこのブログを読んで、

「あー俺薬のせいにしてたなぁ」とか

「育毛剤効かないじゃないか!」

なんて思ってることがあったら、

 

「あーやばい、ちょっと俺悪かったな。モノのせいにしていた。」

って、 自分を見直してもらえたらいいかなと思う。

 

僕らの患者さんでも

すごく軽い気持ちで相談に来られる方もいれば、

本当に藁をもつかむ思いで相談される方も多いんだよね。

 

機会があったら行ってみようと思いま~~す。

って軽い人もいれば

有給を使って仕事を休んでまで通院される方もいるし、

丸1日かけて日帰りで通院される方もいるし、

泊まり込みで2日間かけて通院される方もいるんだ。

 

だから良くなりたい人って、

本気で行動してると思うんだよね。

 

そして自分の体とちゃんと向き合ってる。

 

もう1回伝えるけど、

やはり髪の毛って、お薬や育毛剤で生えるものではない。

 

お薬や育毛剤を使ったとしても、

自分の体から生えてくるものなんだ。

 

そこだけ忘れずに生活してもらえたら、

きっと髪の毛に対しての考え方も変わってくるんじゃないかな。

 

じゃあ最後に、僕の本音とかもまとめていくね。

 

5、まとめ&やべっちの本音

 

ここまで薄毛治療は卒業できるのかっていう話をしてきたけど、

正直なところ「薄毛治療は卒業できる」!

 

その前提として、やはり体質を整えるってことはすごく重要。

 

 

お薬や育毛剤は確かに成分的にはすごく魅力的なものが含まれてる。

効果も出る人はいると思う。

 

ただ共通して、

これらはずっと使い続けないといけなかったり、

途中でやめてしまうと

また髪の毛が抜けてしまうっていうリスクも控えているんだよね。

 

だから物に頼ってしまうと、

基本的には卒業できなくなってしまう。

 

でもいいねヘアケアラボの患者さんって、

薄毛治療を卒業される方が多いんだよね。

 

これって何でだろう?

 

この答えは、

「自分専用のセルフケア」をみんなに覚えてもらうからなんだ。

 

もちろん最初の時点では、

自分専用のセルフケアなんてわからない。

 

最初バッと会った瞬間に、

あなたのセルフケアはこれですなんていう予言とかもできないからね。

 

でも施術の経過を追う中で、

その人の体ってだんだんわかってくる。

 

こういったところが弱いな、

逆にこういったところはしっかりできているなーってことが出てくる。

 

だから僕らは通院されている患者さんに関しては、

〇〇さんの体はこういった体だから、

頭皮に対してはこんなケアをして、

食事面ではこういったことを気を付けるといいよ って、

人それぞれのセルフケアをアレンジしていくんだよね。

 

それを薄毛の施術の卒業後も、しっかりと続けてもらうんだ。

 

だから僕らの院を卒業して久しぶりに会った患者さんって

お薬や育毛剤を使ってないんだけど、

髪の毛の調子がいいよっていう患者さんが多かったりもするんだよね。

 

その薄毛のケアでやっていることは簡単なことで、

別に何か特殊なものを使っているわけでもない。

 

大事なことは、

自分の体質に対してどれだけ合った対策をできるか

っていうところなんだ。

 

例えばシャンプーを例にあげてみようかな。

 

シャンプーってインターネットで調べてみると

2回洗った方がいいよっていうサイトもあれば、

1回洗う、

むしろシャンプーは使わない方がいいよ

っていうサイトもあったりして、

結局どれがいいかわからない。

 

でも僕らからすると2回洗うのも正解だし、

1回でも、シャンプーを使わないのも正解だったりするんだ。

 

結局これって何が言いたいかと言うと、

体質的に2回洗った方がいいよっていう体の人もいれば

シャンプーを使わなくてもいいっていう体の人もいるんだ。

 

だから結局なところ全部正解で、

大事なのは自分の体に対しては

何をするべきなのかってところが大事になってくるんだ。

 

でもそういったところがわからないと、

よくインターネットで良いと言われている情報に左右されてしまうから、

こういった物を食べるといいよーとか

育毛剤もこっちの方が効果が出やすいらしいよ

っていう情報に左右されてしまって、

薄毛対策を転々としてしまうんだよね。

 

だから、

昔はこれをやっていた。

でも数年前からこれをやっていて、

今は全く別なことをやっています

っていう患者さんも多かったりするんだ。

 

じゃあこれからは?って話になった時に、

また違う対策を模索し続けてしまうんじゃないかなと僕は思う。

 

そうなってしまうといつまでもネットで対策を検索してしまって、

薄毛対策をしているのにさらに良い対策があると思って、

ずっと探し続けてしまうんじゃないかなと僕は思うんだよね。

 

その対策を探す過程で今日のブログに出会ったのかもしれないけど、

今日このブログを読んで、

「薄毛治療って別にお薬だけじゃないんだな」

っていうことは、ちょっとだけ知ってもらえたらいいかな。

 

お薬はずっと続けなきゃいけないけど、

卒業できる薄毛の治療法も中にはあるんだっていうことを知って、

ちょっとでも参考になったら嬉しい。

 

髪の毛の悩みって、ずっと付き合っていくものだと思う。

 

若い方だと20代で悩んでいる人もいるし、

もっと上の方だと60代の方とかもいたりするのね。

 

つまり、

結局いつまでたっても髪の毛は気にしていくものだと思うから、

そこでいかに自分に合ったケアができるかって、

すごく大事なことだと思うんだよね。

 

だから今日から自分の体質をしっかり意識してもらって、

より良い薄毛対策を見つけてもらえたら嬉しいな。

 

もし既にお薬とかを使っていたり

育毛剤を使っているけどなかなか思うようにいかなかったり、

逆に体質っていう所に自分の薄毛の原因がありそうだなと感じたら、

一度僕に相談してみてほしい。

 

正直なところ、

僕らの院は患者さんですごく溢れてきてるんだよね。

 

なかなか施術を受けたいですって言われても、

曜日や時間帯によっては

予約が1ヶ月先になってしまうことも現に今起きてるんだ。

 

このブログを読んでもらった時には、

もっと予約できる日数が伸びているかもしれない。

 

だからもしあなたが薄毛に悩んでいたら、

できるだけ早めに相談してもらえたらいいかなと思う。

 

いきなり来てくださいとは僕も思っていない。

 

まずはLINEとかメッセージでもいいから

相談してもらえたら、

何かアドバイスができると思うから、

一人で悩まずに相談してね。

 

っということで今日はちょっとお話が長くなっちゃったけど、

薄毛治療は卒業できるんだって感じてもらえたらすごく嬉しいな。

 

また現場も頑張っていくし、

YouTubeとかでも動画配信していくからよかったら見てね。

 

2018.4.19撮影(男性)_180923_0349

 

では、またねー!

  • line

LINE@で無料相談する!!

男性薄毛専門治療院 いいね鍼灸院 名古屋院

住 所
名古屋市西区名駅2-28-22 アールイービル3F
アクセス
名古屋駅1番出口から徒歩3分

TEL:052-562-3058

TEL:052-562-3058

女性薄毛専門治療院 いいね鍼灸院 東京院

住 所
東京都港区東新橋2-6-7電光ビル3階
アクセス
新橋駅烏森口&汐留駅 出口から徒歩5分

TEL:050-3503-3058

TEL:050-3503-3058

女性薄毛専門治療院 いいね鍼灸院 大阪院

住 所
大阪府大阪市淀川区宮原3−3−3ビクトリアスビル1F
アクセス
地下鉄御堂筋線「新大阪」駅下車 徒歩3分
JR「新大阪」駅下車 徒歩4分