ブログ

【テレビの情報を鵜呑みにしすぎてどんどん薄毛になった人の話】

 

 

どうも~!

 

 

名古屋と東京薬なしで髪の毛の施術を行っている

いいね鍼灸院 代表のやべっちです!

 

 

 

今回は「テレビの情報を鵜呑みにしすぎてどんどん薄毛になった人」

の話をしていこうと思う。

 

 

 

今日は、

実際にいいね鍼灸院に来院されていた30代女性のBさんについてお話ししていくね。

 

 

このBさんなんだけど、

まず最初に来た時の髪の状態としてはやっぱり全体的に髪が薄くて

これはまぁ生まれつきと言うか、

元々髪の毛に関してはそんなにしっかりしてるほうじゃなかったんだよね。

 

 

でも最近特にすごく髪が薄くなってきて、

髪の毛自体にも元気がなくて

ボリュームもなくてぺっちゃんこな状態、、、

頭皮に関しても本来は青白くないといけないのに、

すごく真っ黄色になっていて、産毛もなくて毛穴も全くない状態。

だから状態はほぼあまり良いところがないイメージだったかな。

 

 

そんなBさんは、実はとても髪の毛や健康への意識が高かったんだ。

だからインターネットで調べたり、テレビで見たりした、

体や髪の毛に良いと言われてるあらゆることを

基本的にはなんでもやってきてたんだ。

お薬以外なんだけどね。

 

 

お薬に関してはBさん自身、

やっぱりお金もかかるし副作用も怖かったから

手を出さなかったみたい。

 

 

やっぱりこんなに髪の毛を気にしてても、

お薬は怖いものなんだなって改めて実感してる。

さて、そんなBさんをもとに本題に入っていくよ~!

 

 

 

 

1、AGAってよくテレビとかで見るけど、女性にも関係あるの?

 

 

実際にはAGAっていうのは、

女性の方にはあんまり、全くというわけではないけど

ほとんど関係ないかなと思う。

 

 

AGAのイメージってやっぱり男性ホルモンとか、男性がなるものって感じだと思う。

ただ最近では女性でも女性ホルモンが減少し、

男性ホルモンが勝って、AGAと似たような症状になるケースはあるかなぁ。

でも基本は男性がハゲになるのっていうのが、AGAっていうことになってくる。

 

 

 

最近は逆パターンもあって、

男性のハゲなんだけど、女性薄毛特有の髪の毛が全体的に薄くなる

「びまん性脱毛症」になることもあるんだ。

 

 

人によって本当に薄毛の原因っていうのはさまざまなんだよね。

だからインターネットやテレビの情報だけをあまり鵜呑みにせず、

その情報だけで

「私の症状はこれかな?あれかな?」

みたいな感じで決めつけたり、思ったりしない方がいいかもしれないね。

その勝手な思い込みで、逆にすごく心配にもなるし

不安なあまり、自分の髪の毛の症状の実際の状態とか本来の体質ってものを把握せず

ワケの分からない対策ばかりして、

余計悪化してしまうっていうケースもあるんだ。

 

 

 

だから安易によくわからない対策をしたりとか、

いろんな情報をあれもこれもと入れすぎないようにしていくことが大事になってくるかなと思う。

そしてAGAっていうのも、男性のハゲに多くて女性にはあまり関係ないかな。

 

 

2、女性がハゲになる原因とは、、、

 

 

女性がハゲになる原因っていうのはすごく多くて

さまざまな要因が考えられるんだ。

だから一人一人結構バラバラ。

 

 

 

まず1つ目の要因として考えれるのは体質。

生まれつき持った体の状態だね。

例えば体毛が濃い人もいればお酒が強い人もいるし、逆に弱い人もいる

そんな感じで髪の毛自体にも元々すごく剛毛な方もいれば、

猫っ毛で髪の毛自体そんなにボリュームがドンって感じじゃない人もいると思う。

こういう体質っていうのがまず1つあるかな。

 

 

 

もう1つは生活習慣。

やはり最近は女性の薄毛限らず、

生活習慣病ってすごく取り上げられていることだと思う。

ガンだって2人に1人がなるといわれるぐらい、

生活習慣の悪化って体にやっぱり悪い影響を与えているんだよね。

 

 

生活習慣が乱れた結果、

髪の毛にも影響が出てきているっていうのが実際の僕らのデータで出てるんだ。

 

 

 

 

あとは牽引性脱毛症につながる、髪の毛の縛りすぎ。

女性だとやっぱり仕事をする上で

ヘアゴムなどで髪の毛を縛ったりとか留めたりしてるケースが多いかなと思う。

その結果髪の毛が引っ張られすぎちゃって、

薄毛、ハゲになる原因になったりもするんだ。

 

 

 

あとは原因不明の自己免疫疾患で、

これがよくある円形脱毛症になる原因だったりもする。

これは本当に原因不明で、人によってさまざまな要因があるから

一概にストレスとかそういったものだけではない

っていうのが一番大事なポイントかな。

 

 

 

ほんっとーに色々ありすぎてちょっと複雑すぎるから、

ここで話すのは一旦やめておくね。

でもほとんどにやっぱり「生活習慣」が絡んでくるんだよね。

 

 

体力面の問題、

要は体がしっかり休まっていない状態とか、メンタル的なことがすごく大きいかなと思う。

 

 

メンタルっていうのは、

単純に病んでる・病んでないそういう問題だけではなく、

思考だったり考え方、

そういったものが頭だとか体調にもすごく影響が出ているってことが

実際にたくさん施術に入ってて、よく見受けられることかな。

 

 

 

なのでこの辺りが原因としてすごくよくあるパターンかなぁと思う。

 

 

3、抜け毛の量が月によって増えたり減ったりするのはなんで?

 

 

この抜け毛が増えたり減ったりっていうのは人間限らず、

動物でもあることだと思うんだ。

動物でも季節の変わり目に毛がすごく抜けたり

冬になる前から抜ける毛がすごく増えたり、逆に減ったりとかね。

 

 

 

人間も同じでその季節ごとにやっぱり特性があって、

人間であればやっぱり夏だと夏の暑さでバテたりとか、

冷たいものを摂取しすぎたり、

ビールだとかお酒を飲みすぎて内臓に負担がかかって抜け毛が増えたり。

夏の終わりの秋口とかそういうときにすごく髪の毛が抜けてきて、

そこから冬になるにつれて髪の毛が増えてくるとか。

やっぱり季節によって、

抜け毛っていうのは量が増えたり減ったりっていうのはすごく多いのかなと思う。

「秋は抜け毛のシーズンと言われているのもこういうことが関係してるのね!」

 

 

 

 

あとは「自律神経」も関係してくる。

季節というよりは、

季節の変わり目に、要は体が気温や梅雨だとか、台風が多いとか、

何かしら体に影響を受けやすい天候になっていると、

自律神経も乱れて

それがまた抜け毛の量に関係してくることがあるんだ。

 

 

 

ただ忘れて欲しくないのは、

抜け毛というのは元々一定値、抜けるっていうのが決まっているもの。

50~80本は抜けるとも言われているし、

100本抜けることが正常の人もいるのね。

 

 

だから季節、月によっても抜け毛って関係あるかもしれないけど、

あんまり気にしすぎてはいけないっていうのがポイントかな。

 

 

4、ハゲや抜け毛に効果的なのは育毛剤?!

 

 

ハゲ抜け毛効果的な育毛剤っていうのは、存在しないと思う。

存在しているのであれば、

お薬だって僕らだって必要ないと思うんだ。

 

 

それに育毛剤の効果があるなら、

女性の薄毛になっている人、悩んでいる人だってもっともっと少ないはず。

 

 

でも近年では、逆に薄毛に悩む女性がすごく増えているっていうのが現状なんだよね。

でね、ここでまた最初に出てきたBさんについてお話ししていこうと思う。

 

 

 

Bさんは最初にもお話ししたけど、

元々髪の毛の症状が強くて来院された方だった。

そしてBさんの場合、

髪の毛にすごく効果的だったことが1つあったんだよね。

 

 

 

実は、皆さんが毎日やっている簡単なこと。

ドライヤーをしっかり毎日やってもらったんだ。

「え?ドライヤー?」って思うかもしれないね。

 

 

もちろん僕らの施術ありきの対策にはなるんだけど・・・。

で、実はこのBさん、

今までそれこそ10代の頃からずーっと20年間くらい、

髪の毛を洗ってお風呂上がり、ドライヤーをかけずに自然乾燥だけだったみたいなんだ。

 

 

 

これがなんでかっていうと、

Bさんはテレビだったりインターネットに書かれている情報を見て、

ドライヤーをすることによって、

髪の毛が傷んでしまったり髪の毛に良い影響が出ないっていう勝手な認識を持ってしまってたんだ。

だから、ドライヤーをすることを避けてきたんだよね。

 

 

 

その結果何が起こったかというと、

最初にも話した、頭皮が黄色いという話に関わってくる。

お風呂上がりにしっかり乾かさなかったことによって、

頭皮がずっと湿った状態になってしまい、

簡単にいうと雑菌が増えて、菌が繁殖して頭皮がすごく荒れている状態になってしまってたんだ。

 

 

 

そのせいで頭皮が痒くなったり赤くなったり、

髪の毛が全然育たないとか、頭皮がベタつくとか

いろんな症状が出てしまってたんだよね。

 

 

 

それに対して、育毛剤を使ってみたり、

頭皮マッサージしたり、ヘッドスパしたり、、、

色々対策はしてたみたいなんだけど

その頭皮自体の環境が変わることはなかったんだ。

 

 

 

僕らも最初、

何がその頭皮の状態を作り出してしまっているのかっていうのを見ていった結果、

Bさんに確認したんだ。

まさか僕らもドライヤーをやっていないとは思ってなかったから、

まさかと思いながらもBさんに

「もしかして、ドライヤー使ってない?」

っていうことを聞いたんだよね。

→「まさかなぁ・・・と思って確認してみた。笑」

そしたら

「ずっとドライヤーを使ってこなかった」

って。

→「やっぱりか~~~!!」

診察中なんだけど、

大きな声を出してしまうぐらいびっくりしてしまった。笑

 

 

 

これか!っていうのに気付いたから、

そこからはもうずっとしっかりドライヤーを使ってもらうようにしたんだよね。

そしたら本当に今までの状態がなんだったのか!

っていうぐらい、すごく綺麗な頭皮の状態に変わったんだ。

 

 

 

 

こんな感じで、

ハゲや薄毛に効果的な育毛剤とか、

そんな簡単なものに頼るのではなく

何がその人にとっての原因になっていたのか、

それを見つけていくことが、しっかりとした対策になると思う。

 

 

5、人によって薄毛治療の内容は全然違う?

 

 

これに関してはもう薄毛の治療もそうだし、

そもそもやっぱり原因が違うから、治療内容は全然変わってくるかなと思う。

 

 

 

例えばとかお灸もそうだけど、

同じような施術を行っていたとしても

目的の趣旨が違ったりもするんだ。

 

 

 

僕達の場合でいくと、

体の状態も見させて頂くし、

頭の状態もやっぱり見ていくんだよね。

 

 

頭といっても頭皮だけではなく、

頭の骨頭蓋骨の状態を見ていったりもするんだ。

その時に人によって脳みその使い方とか、

そういったもので同じ頭でも日によってやストレスの具合によって頭の形が違ったりとか

自律神経の関係で、

左右の頭の硬さだとか大きさにばらつきが出たり

本当に人によって状態っていうのはバラバラなんだ。

だからもちろん施術の内容も変わってくる。

 

 

 

 

このあたりは、

僕たちが日本で一番薄毛の症例を見てる鍼灸院って自負があるから、

状態に合わせて対策が組めるっていう最大のポイントでもあると思う。

だから人によって頭しか触らない人もいれば、

鍼を一回も打たない人もいたり、お灸しかしないとか

さまざまな施術の内容になってくるんだ。

 

 

 

 

6、髪の治療のために病院に行くのって、ぶっちゃけどう?

 

 

んーそうだね。

僕としては決して病院をどうこう言うつもりはない。

でもBさんもやはりコストの問題もあるけど、

それ以上に「健康」をすごく重要視していたから、

やっぱり病院に行ってお薬を使うことによって体調が崩れてしまうとか

副作用っていうのがすごく怖いって、病院を懸念してた材料の1つになると思う。

 

 

 

やっぱり僕たちの院にも病院でお薬を処方されて、

実際に使われてから来られる方ってすごく多いんだけど

皆さんの経過としてはやっぱり

使ってる方、使ってない方だと、使ってない方のほうが実は経過はいいかなぁ。

 

 

 

お薬を使ってしまうと、

いわば体の状態を無視して髪の毛だけをどうにかしようとしているから

スポーツで言うドーピングみたいなものになってしまい、

体自体の負担がすごく大きくなってしまうんだ。

 

 

 

その結果、通常の体の状態に戻るまでにどうしても時間がかかってしまう。

だから安易に飲んでみようかなっていう感覚でお薬を飲まれるのは、

ちょっと待った!!ってなるかな。

だから病院ってぶっちゃけどう?って言われると

あまりお勧めはしてない。笑

決して病院がいけないわけじゃないからね。

 

 

ちゃんと原因を理解した上で、

対策していくのが大事ってこと。

 

 

7、テレビの薄毛の情報って鵜呑みにしちゃダメ?!

 

 

これは絶対、もちろんそうだと思う。

 

 

テレビ限らず、本やインターネットとか

今は情報がたくさん出回ってるから、

皆さん基本的には情報過多になっているケースが多いんだ。

→でも本当に情報が多くてかなり調べていても迷うと思う。泣

 

 

 

そのテレビとかの情報と

自分自身の状態が照らし合わさってない状態だから

一方的に情報が先走っていることが多いんだよね。

 

 

 

だから、あれもこれもやらなきゃってなってるっていうのがすごく見受けられる。

こないだ来院された患者さんも、

これはテレビじゃなく本からの情報だったと思うんだけど

薄毛の対策で髪の毛を良くしていくために

バナナをすりつぶして蜂蜜を混ぜて、

それを髪の毛のパックにして対策してるって言ってたんだよね。

もちろん聞いた時はすごくびっくりしたんだけど、

その人もやっぱり藁にもすがる思いだから、

できることは何でもしたいっていう状態だったと思う。

もちろんその気持ちもすごくよくわかる。

 

 

 

でもその人の実際の頭皮の状態を見ていると、

もちろん良い状態ではなかった。

 

 

 

ということはどういうことかというと、

情報を発信している人は、実際にその対策で良くなったかもしれない。

でもそれはその人が良くなっただけで、

その情報を読んでいる人が良くなるとは限らないんだよね。

だって原因も状態も、その人によって全然違うから。

だから鵜呑みにしちゃいけない。

それが最大のポイントかなと思う。

 

 

 

これは美容師さんとかからの情報でも一緒だと思う。

ヘッドスパもよく勧められたりすると思うけど、

もちろんヘッドスパは頭のマッサージ感覚でやられる分にはいいかなと思う。

ただ髪の毛のことや、髪の毛のための発毛とかそういう目的でやるんであれば

僕たち専門家からしてみると、あまりお勧めできるものじゃないんだ。

 

 

 

なぜかと言うと、

ヘッドスパは確かに気持ちよかったり、一時的に頭皮が気持ちよかったりするんだけど、

その洗浄力によってかなり髪がダメージを受けてしまうんだ。

普段のシャンプーやドライヤーでさえ抜けてしまう髪の毛だから

それが強い洗浄力を受けると、、、と考えると、ん~~~ってなるよね。泣

 

 

 

だからインターネットとかテレビでは当たり前だと言われている情報や対策って、

実際本当にそれって重要なこと?むしろやって大丈夫な事?

っていうのが僕からするとすごく出回っているから、

安易にあれもこれもと対策するのはオススメできないんだよね。

 

 

8、やべっちの本音

 

 

正直、僕の本音としては、

やっぱりたくさん症例を見てきていて

男性のハゲ、女性の薄毛って色々あるし、すごく難しい。

薄毛=万人に〇〇の対策っていうのは正直ないんだ。

 

 

 

だからこそ、あなたの状態や原因をしっかり見つけていき、

あなたの体質や髪の状態に合った対策をしていくことがすごく大事になってくる。

 

 

そしてその原因を見つけていったり、

対策していくことに非常に長けているのが僕たちだと思う。

だって600以上の薄毛の症例を見ているから。

 

 

決して僕たちのところに来てくださいっていうわけではない。

ただ色々あれもこれもと対策して、

何していいかわかんない、

不安ばかり募ってすごくストレスになってしまって、

そこでまた薄毛が悪化したりとか体調を崩している人、、、

こういう方ってすごく多いと思うから

もしも少しでも不安だったり、

どうしていいか分かんないとか悩んでる方がいたら

僕たちに相談してみて欲しい。

きっと相談で心の重荷も少し軽くすることができると思うから。

 

 

少しでも力になれたらなぁと思う。

 

 

 

では、今日はこの辺にしようかな。

最後まで読んでくれてありがとう~!

 

 

 

 

他にもいろんなブログ書いてるから、色々読んでみてね~!

 

 

 

 

  • line

名古屋駅店移転記念キャンペーン

薄毛集中改善 9,980円(税別)

初回から髪の毛の違いを体感される患者様も多くお見えです。悩んでいるよりご相談ください。

  • 052-562-3058
  • WEBで予約する

まずは、お気軽にご相談・お問い合わせください!

名古屋市西区名駅2-28-22 アールイービル301

女性薄毛専門治療院 いいね鍼灸院

住 所
名古屋市西区名駅2-28-22 アールイービル301
アクセス
名古屋駅1番出口から徒歩3分

TEL:052-562-3058

女性薄毛専門治療院 いいね鍼灸院 東京院

住 所
東京都港区東新橋2-6-7電光ビル3階
アクセス
新橋駅烏森口&汐留駅 出口から徒歩5分

TEL:03-6820-2829