ブログ

【食事にちゃんと気を付けています!そんな女性の、薄毛になってしまう間違った食事方法って?】

 

どうも、こんにちは~!

 

 

愛知県名古屋市、東京の新橋

お薬なし育毛剤なしで薄毛の施術を行っている

いいね鍼灸院 代表のやべっちです!

 

さっそくだけど、

みんな体の調子が悪くなったり病気になった時に、

すぐに思いつく原因って、

例えば自分の食生活であったりとか、

普段からバランスの良い食事がとれているかどうかとか、

そういったところを思いつくと思うんだよね。

 

実際、女性薄毛に悩む患者さんから多い質問があって

それも似たような事で「薄毛にいい食べ物ってなんですか?」

っていう質問をされたりすることも多いんだよね。

 

これ、 実際に思い返してみると、

すべての薄毛の患者さんの中でも一番多い質問かもしれないな。

 

やっぱり食事というものは1日3回口にするわけであって、

→お腹がすく人はもっと多いかもしれないけど、、、

僕みたいに。笑

 

そこで効率よく髪の毛に良い食べ物を食べるってなると、

自然と薄毛の対策にもなるから、

結構薄毛の大事な要素として

「食事」って位置づけられていたりするんだよね。

 

やっぱり僕らも、

お薬とか育毛剤を使わない薄毛の施術をしている中で、

患者さんによっては食事の指導が必要だったり、

栄養素が足りないなっていうことはもちろん出てきたりもするんだ。

 

逆に僕らの患者さんの中だと、

「自分はこの栄養素、気を付けてますよ。」

ってすごくアピールしてくれる患者さんもいるんだけど、

じゃあそれが必ずしも髪の毛に良いかっていうと、

そういうわけでもなかったりするのね。

 

だから今日は、 薄毛に対して何を食べたらいいんだろうか、、、

って迷っているあなたに対して、

僕ら薄毛の専門家から

食事に対してのアドバイスをしていけたらいいかなって思う。

 

っと言うことで今日は、

【食事にちゃんと気を付けています!

そんな女性の、薄毛になってしまう間違った食事方法っ て?】

っていうお話をしていくね。

具体的な食べ物とかも紹介していくから、

ぜひ最後まで読んでみてね。

 

1、薄毛に効く食べ物って何かあるの?

 

これね、実際患者さんにすごい聞かれることなんだけど、

正直結論から言うと、薄毛に直接効く食べ物っていうのは存在しない。

 

つまり、食べたから髪が生えるっていうものはないってことなんだよね。

 

ただ、人間って食べているからこそ生きれるものであって、

さらに言うならば、

健康だからこそ髪の毛以外にも肌の調子であったりとか、

皮脂感であったりだとか、

爪の調子、体の末端部分の調子って出てくるんだよね。

 

だから栄養不足になるとどうなるかっていうと、

例えば肌が荒れてきたり、

爪がぽろぽろ剥がれやすくなったり割れてきたりとか、

もちろん、髪の毛が抜けてきたり

髪の量が少なくなってきたりとか、

切れ毛が多くなってくるっていうことも起きてくるんだ。

 

チョコレートを

食べ過ぎたら次の日なんとなく皮脂が多い感覚があったりとか、

飲み会が続いたりしたらニキビができる、、、

なんてこともよくあるんだよね。

 

要は食事が、髪の毛に関わるメカニズムと一緒なんだけど、

やっぱり体の調子が落ちてきてしまうと、

髪の毛にも悪い影響が出ることもあるし

逆にちゃんとした食事をしていれば、

良い影響も出てくるっていうことなんだ。

 

だからここで覚えておいて欲しいことは何かっていうと、

薄毛に効く食べ物があるわけではなくて、

髪の毛を元気にするべき時に

「必要となる栄養素」がある っていうことだけ、覚えておいてほしいな。

 

ただこれには注意点もあって、

じゃあその必要な栄養素だけ取ればいいのかっていうと

そういうわけでもなく、取りすぎると逆に悪化してしまったり、

栄養のバランスが悪くなってしまうってこともあるから、

そういった点も注意してこのブログを読んでいって欲しいな。

 

人間にも適量があるってことだよね。

 

じゃあ、実際に薄毛に大事な栄養素を紹介していこうと思う。

 

2、薄毛に大事な栄養素って亜鉛とか?

 

うん、そうだなぁ。

 

確かに髪の毛に対して亜鉛ってすごく大事になってくるんだ。

 

人間の体のほとんどが、

そもそもたんぱく質で構成されてるんだよね。

 

髪の毛も実際たんぱく質でできていて、

その髪の毛を作る合成の途中で、

亜鉛がすごく重要な役割を果たしてるんだ。

 

だから

薄毛の時に亜鉛が必要っていう情報がよく出回ってるんだよね。

 

じゃあ実際のところ

亜鉛はどういった食べ物に多く含むか話していくね。

 

例えば、

寒くなった季節に食べる鍋によく入っている牡蠣であったり、

焼き肉だとレバー、牛肉。

他の食品だと、

にぼし、高野豆腐、切り干し大根、アーモンドなどに

よく亜鉛が含まれてるんだよね。

 

例をあげてみると、意外と馴染みが無い食品があったり、

好き嫌いが結構分かれてくる食品が含まれてるけど、

これらの食品は、

できるだけ満遍なく定期的に食べる事が良いかなぁ。

 

まぁ僕は昔牡蠣で当たったことがあるけどね、、、

当たった今でも大好きなんだけど。笑

 

だから、

まず第一に食事の中で

亜鉛を少しは取れるように心がけてもらえるといいかなって思う。

 

じゃあ他の栄養素も紹介していくね。

 

2つ目がたんぱく質。

 

たんぱく質は、三大栄養素のひとつ

炭水化物・脂質・たんぱく質って言われるくらい

重要な栄養素なんだよね。

 

体の組織のほとんどがたんぱく質を基にしてできているんだけど、

動物性たんぱく質っていう生き物から得られるたんぱく質と、

植物性たんぱく質っていう野菜や果物からとれるたんぱく質

主にあるんだ。

 

正直、どちらからでもたんぱく質は摂取できるから、

一番大事なことは、

動物性たんぱく質と植物性たんぱく質を両方ともバランスよく取る

ってことなんだよね。

 

例えば、

鶏肉や牛肉などの肉類を食べる時もあれば、

大豆や豆腐、豆乳などの大豆食品もしっかり取る

っていうことも大事なんだ。

 

かといって、

たんぱく質たんぱく質と思って取りすぎてしまうと、

今度は太ってきてしまったりとか、

脂の量が増えて皮脂の分泌が多くなってしまって、

薄毛に影響を与えてしまう ってこともあるから、

必ずしもたんぱく質をたくさん取ればいいってことではない

っていうことだけ覚えておいてほしい。

 

他にも必要な栄養素があって、それがビタミン類。

 

ビタミンってたくさんの種類があるんだけど、

ここで主に紹介したいのはビタミンA、B、C、Eという4種類。

 

髪の毛を体が作る上で、

亜鉛とたんぱく質が必要っていうのはさっきお話したんだけど、

それプラスαで必要な栄養素がビタミンなんだ。

 

イメージ的に言うと、たんぱく質は材料で、

亜鉛とビタミンが工場で作る人っていう感覚。

 

だからたんぱく質だけでもダメだし、

亜鉛やビタミンだけ取るのもダメなんだよね。

 

これらの栄養素をバランスよく取ることが必要なんだ。

 

じゃあビタミン類って、

どういった食品に含まれているのか紹介していくね。

 

まず、ビタミンA。

 

ビタミンAは、

にんじんやかぼちゃ、ほうれん草などの緑黄色野菜に多く含むんだ。

 

次はビタミンB。

ビタミンBは、レバーや納豆、まぐろやカツオなどの魚製品

結構含まれていたりするんだよね。

 

じゃあ、ビタミンCは?

ビタミンCは結構生活の中でもよく耳にするものだけど、

イメージ通り柑橘系の果物とかすっぱいもの

結構含まれていたりするんだ。

 

最後に、ビタミンE。

ビタミンEは、アーモンドやナッツなどの製品、

もしくはブロッコリーやほうれん草などの 緑黄色野菜などを

食べてもらえると一番いいんだよね。

 

ざーっと、髪の毛に必要な栄養素をあげていったけど、

簡単にまとめてみると、

魚製品、肉製品、豆製品だとか、野菜も必要なんだ。

 

つまり、

バランスが良い食事が一番大事

ってところに行きつくんだよね。

 

逆にたんぱく質が必要だとか、

亜鉛が必要だって偏った食事をしてしまうと、

どこかで不足してしまうから、

薄毛のために何か栄養素を取ろうって気持ちじゃなくて、

健康のためにバランスの良い食事を取ろうって思うと、

自然とこういった食品は取りやすいのかなぁと僕は思う。

(とかって食事を語ってる僕はこういう体形だけど笑)

 

でも僕だってごはんに行ったりすると、

絶対一人でサラダは一人前食べるし、

お肉や魚も食べるし、

バランスよく食べるってことを心がけてるんだよね。

 

実際に僕も過去に薄毛に悩んだから、

施術家として最低限こういったことは守ってこうと思ってる。

 

でも、気を付けてはいるけど僕の体形は気にしないで、、、笑

 

じゃあ、薄毛って考えた時に

髪の毛の問題だとか頭皮の問題だとか、

いろいろ考えるんだけど

髪の毛も頭皮も必要な栄養素って同じなのか

ってことについて伝えていくね。

 

3、髪の毛も頭皮も同じ栄養素が必要になってくるの?

 

実際のところ、頭皮や髪の毛に対しての栄養素は

基本的には同じ栄養素が必要だと思ってもらって良いかな~と思う。

 

だからさっきもお伝えしたように、

亜鉛・たんぱく質・ビタミン類、

この3つを意識してもらって、

あとはバランスの良い食事を最大限心がけてもらえたらな~と思うんだ。

 

ただここで、ちょっと注意してほしいことを伝えるね。

 

亜鉛とかたんぱく質とかビタミンっていろいろ調べていると、

多く含む食品の一覧とかもたまに出てきたりするよね。

 

その中に、結構加工食品が含まれているケースが多くて、

加工食品って確かに栄養素は高かったりするんだけど、

その分添加物とか体に不要な保存料だとか、

そういったものが多く含まれているから、

あんまり僕はオススメしないんだよね。

 

だからちゃんとした素材から取れる栄養素

っていうものを意識してもらえたら一番いいのかなって思うんだ。

 

ちなみにちょっと余談なんだけど、

添加物の多いものを食べすぎたりしてしまうと、

頭皮の赤みがすごく強くなったりだとか、

ベタつきが多くなったり、

急に便秘になり始めたりとか、

便の色がすごい焦げ茶色に黒っぽくなったり、

こういった症状も出てくるから、

もし私もそうかもしれないなぁ…と思ったら、

できるだけナチュラルな食事が取れるように心がけてみて。

 

どうしても仕事をしていたりすると外食とか、

コンビニとかが多くなってしまったりすると思うんだけど、

外食を選ぶにしても定食屋さんにするとか、

野菜が取れるように心がけたりしてもらえたらいいのかなって思うんだ。

 

ただ、野菜取れればいいかなって思う気持ちもあると思うんだけど、

野菜炒めとか、とんかつの脇にあるキャベツ食べてます、

っていうのはどっちかっていうとおまけについているものだから、

ちゃんとしたサラダとか野菜のおかずを取れると一番いいのかな

って僕は考えてるよ。

 

ちょっと脱線したけど、

髪の毛と頭皮に必要なのは同じ栄養素だと

思ってもらえたらいいのかなぁと思う。

 

では髪の毛の対策って考えた時に、

一般的によく使われている育毛剤。

これって実際の食べ物と何か違うのだろうか。

 

4、髪に栄養を入れるのに、育毛剤は最適?

 

髪の毛の対策で一番に、

CMやネットとかでも多く見るのが、育毛剤だと思う。

 

そもそも「育毛」って、毛を育てるって書くよね。

 

もう一つ似た単語として、

「発毛」っていう言葉があって 発毛は毛を発するって書くんだよね。

 

つまり「育毛」は、毛を順調に大きくするっていう意味で、

「発毛」っていうのは、

毛が無いところから毛を生やすっていうことを意味してるんだ。

 

育毛剤はそもそも、毛が生えるものではなくて、

毛を育てるための栄養を与えるものなのね。

 

だから実際のところ、

髪の毛が0から生えるっていう成分が含まれているわけじゃなくて、

髪の毛が生えるために必要な栄養やエキスが含まれてるんだよね。

 

だから主に成分としては、

植物由来のエキスとか、アミノ酸とかが主に含まれてるんだ。

 

たんぱく質も分解されるとアミノ酸に変わるんだけど、

要は結局、

直接分解されたアミノ酸を頭皮に与えようっていうのが育毛剤なんだよね。

 

でもね、実際のところちょっと残念なお話があって、

毛髪診断士っていう髪の毛の専門家が集まる

ちょっとした勉強会みたいなのがあるんだけど、

そこでは、

頭皮の構造上、育毛剤が浸透するっていうのは有り得ない

っていう話も出てたりするんだ。

 

育毛剤を塗ったとしてもほんのわずかの量しか入っていかなかったりとか、

そもそも浸透していくのに何時間もかかったりとか。

 

逆にシャンプーとかで育毛成分が入っているものとかもあるんだけど、

それってそもそも浸透する前に流されてしまうとか、

こういった事が結構毛髪診断士の学会とかで言われてたりするんだよね。

 

でもネットでは、

「栄養のある成分が含まれています」

ってしっかり書かれていて、

やっぱりユーザーさんからしたら、

「あ、これすごそうな育毛剤だな~」

って思ってしまうことが多いと思うんだ。

 

だから、ちょっと残念なお話にはなるかもしれないけど、

確かに育毛剤には○○エキスだとか、アミノ酸だとか、

髪の毛に必要な栄養素が含まれているのは事実なんだけど、

それが必ずしも髪の毛の栄養に行き届いているかってなると、

ちょっと△な部分があるから、

あまり高い期待はしない方が良いのかなって個人的には思うんだよね。

 

僕らも実際、

育毛剤に対してユーザーさんからデータを取ったことがあるんだけど、

ユーザーさんの8割以上の方

「特に効果は感じられないけど、使わないよりは良いのかな」

っていう思いで使っていることがすごく多いってことがわかったんだ。

 

もしかしてこのブログを読んでいるあなたも、

食事などの栄養に気を付けようと思っている反面、

もう既に育毛剤を使っていて、

でも使わないよりはいいかなっていう感覚で使われている方が

多いんじゃないかなって思う。

 

「よし、じゃあ育毛剤じゃなくて食事から根本的に頑張っていこうかな」

って思っている方もいると思うんだけど、

ここで、僕らの実際の患者さんで、

食事にはかなり気を付けていたんだけど、

間違っている方法だったから髪の毛が悪化してしまった

っていう患者さんのお話をしていこうかなと思うんだ。

 

この話、すごくためになると思うよ。

 

5、食事に気をつけてるのに、女性薄毛になってしまう原因って?

 

今からお話しする女性、

食事に対してものすごく情報が豊富で、かなり気を使ってたんだよね。

 

症状的には前髪薄毛と分け目薄毛。

 

要は生え際と頭頂部の症状なんだけど、

この人の特徴って、

特に頭皮の皮脂が強くて、頭がベタベタの状態だったんだよね。

 

対策として、育毛剤は使っていたんだけど、

お薬はやっぱり怖いっていうことで使わずに対策をしてたんだ。

 

それで、自分なりにネットや本で調べて

いろいろお薬を使わない方法で薄毛改善を試していたんだけど、

その中でも特に力を入れたのが食事だったんだよね。

 

実際の食事の内容としては、朝から豆乳1杯飲んで納豆を食べる。

あとは卵とか、お魚を食べる。

 

一般的に考えるとすごく栄養面が高いような食事ではあるんだけど、

ちょっと僕からするとたんぱく質の取り気味かな

っていう印象があるんだよね。

 

で、お昼ご飯は食堂のご飯だから、

そこまで気を付けることは無いんだけど、

夜帰ってきたら運動をしてたんだ。

 

そこでもまた髪の毛や筋肉のためにも

タンパク質をと女性用のプロテインを飲んだり、

夜ご飯に豆乳を飲んでお肉や、

納豆をもう1パック食べるっていう生活をしていたんだよね。

 

正直なところ、

たんぱく質をものすごく取ってるような食事だったんだ。

 

おそらく僕よりもタンパク質は取ってる。

 

でも実際この女性、

やっぱりたんぱく質の取りすぎが一番薄毛に関係していたんだよね。

 

たんぱく質を過剰に摂取してしまうと脂肪に変わってしまうから、

結果的に頭皮の皮脂が多くなってしまって、

頭のベタつきが強くなって、

抜け毛が増えてしまうっていう症状に発展したんだ。

 

だからもともと女性薄毛の症状で、

分け目薄毛や前髪薄毛が出ていたところに対策をしていたはずなのに、

それが逆に間違った対策になってしまって、

進行してしまったっていうケースだったんだよね。

 

だから僕が、その患者さんに対して指導したことは

もちろん栄養は大事なんだけど、

ちょっと限度を考えようってことをお伝えしたんだ。

 

よく、薄毛には豆乳がいいっていう情報も出回っているけど、

豆乳っていうのは実際のところ成分表示を見てみると

たんぱく質も確かに含まれているんだけど、

脂質の割合が結構高かったりするんだよね。

 

だから、「豆乳良いんですよね」

って飲んでいる方って、

結構太り気味の患者さんが多かったりもするんだ。

 

あとは、

豆乳飲み始めてから

体重が2、3kg増えたっていう患者さんも多かったりするのね。

 

だからもしあなたが、

このブログを読んでいて豆乳いいなって思うこともあったと思うんだけど、

本当に一日1杯くらいでいいかなぁと思うんだ。

 

また、豆乳だけっていうのは正直あんまり美味しいものではないんだよね。

本当に豆の味がするから。

 

だから調整豆乳でも良いかな?って思うことがあると思うんだけど、

調整豆乳は砂糖も入っているから、正直豆乳という概念からは外れてるんだ。

 

だから、飲むんだったらできるだけ無調整豆乳で、

豆そのものの製品を摂取していただけたらなぁと思う。

 

っということで、

食事に気を付けているってことが

逆にハゲてしまう原因になることもあるから、

一概に薄毛の対策を偏ってやるっていうのは

あんまりオススメしないんだよね。

 

今日の患者さんはたまたまたんぱく質の過剰摂取だったけど、

亜鉛の取りすぎやビタミンの取りすぎも逆に良くないんだ。

 

亜鉛を取りすぎてしまうと、

逆に他のミネラルが排出されてしまう働きが強くなってしまうんだ。

 

例えば銅とかなんだけどね。

そうすると、体の免疫機能が下がってきたり、

ビタミンを取りすぎてしまうと、

下痢やお腹が痛くなったり、

全身がだるくなってしまったりとか、

こういったことにもつながってしまうから、

一概に栄養素をたくさん取ればいいわけじゃないっていうことだけ

覚えておいてほしい。

 

冒頭にお伝えしたけど、

確かに栄養の多い食品もあるんだけど、

あくまでバランスのいい食事や生活を心がけてほしいな。

 

6、具体的に、薄毛になる食事って何?!

 

さてさて今まで

たんぱく質・亜鉛・ビタミンをバランスよく取ってねって

お伝えしてきたけど、

じゃあ逆に、もう薄毛になる食事って何?!

っていうお話をしていこうかなぁと思う。

 

僕が正直オススメできないのは、

菓子パンやファストフード、カップ麺。

このあたりかな~。

 

どうしても時間ないときって

この辺のものに頼ることってあると思うんだけど、

朝起きるのが苦手で

どうしてもコンビニで菓子パンを買ってしまうとか、

お昼は忙しくて

ファストフードとかカップ麺で済ます人もいると思うんだよね。

 

ただ、あんまりこれらの商品は

食べ物っていう認識ではない方がいいのかなと思う。

 

ほとんどが添加物の塊だし、カロリーが高かったりするからね。

 

感覚としては、

タバコやお酒のような嗜好品っていう感覚の方がいいんだ。

 

だから、栄養を取るために食べるっていうものじゃなくて、

食べたいときに気持ちを紛らわせるために食べるもの、

っていう感覚の方がいいんだよね。

 

だからお腹がすいてどうしようもないとき、

何も食べるものが無いときに、

カップ麺とかファストフードが登場するのであって、

ちゃんとした食事としてとるのは

あんまりオススメできないのかなって僕は思うんだ。

 

これらが絶対にハゲるっていう食品ではないんだけど、

やっぱりこれらをたくさん取ってしまうと

間違いなく頭皮に悪影響にはなってくるし、

結果的に前髪薄毛や分け目薄毛に繋がってしまう

っていうことは十分に考えられると思うんだよね。

 

あとは、今日何回もお伝えしているけど、

大事な栄養素があるからといって、

過剰に摂取しすぎないっていうことが大事になってくるから、

納豆だったら一日1パックから2パックでいいんだけど、

かといって他に豆乳とか、お肉をたくさん食べるだとか、

そこまでは必要ないと思うんだよね。

 

じゃあどんな感じが理想かっていったら、

大体全部一つずつっていうイメージ

持ってもらったら良いかなぁと思う。

 

納豆も1、お肉も1、魚も1、こういったイメージ。

 

その周りを野菜で囲んであげるっていうのが一番いいかなって思うから、

ちょっとこのブログをきっかけに、

今の自分の食事を改めて、気を付けていただけたらな~と思う。

 

7、まとめてみよう

 

 

ここまで食事について大事なお話をしてきたけど、

やっぱり食事は髪の毛の栄養素となる元だから、

薄毛対策としてはすごく重要にはなってくるんだよね。

 

ただ、同じように食事を気を付けていたとしても、

やっぱり髪の毛が薄くなりやすい人もいれば、

全然薄くならないっていう人も出てくると思うんだ。

 

これは何の差があるかっていうと、

要は「体質の差」なんだよね。

 

だから食事は、大前提として気を付けてほしいものではあるんだけど、

それだけで自分は十分なのかっていう見極めもしてほしいんだ。

 

やっぱり髪の毛の対策ってなると、

お薬や育毛剤はすごくメジャーな存在にはなるんだけど、

それらの対策ってその場しのぎの対策になってしまうから

一時的には効果があるんだけど、

飲み続けたり使い続けないと、効果が維持できなくなってしまうんだよね。

 

お薬や育毛剤をやめてしまうと、

抜け毛が増えたり、脱毛に襲われたりしてしまうこともあるんだ。

 

だからそれらの商品に依存せずに、

自分の力で回復するってことはすごく大事になってくるのかな~と僕は思う。

 

まず何をしたらいいか分からない時は、

食事に対して力を入れてみるのも一つだね。

 

ただ、それにも限界を感じていたら、

できるだけ早めに専門家に相談してもらえたらいいのかなって思う。

 

もしその中で

お薬とか育毛剤を使いたくないなって思いがあるんだったら、

僕に相談してくれたらいいかなって思うんだ。

 

お薬とか育毛剤を使わず、

鍼灸とか整体で回復させるっていう施術に関しては、

ネットで調べてもらうとわかると思うけど、

おそらく僕らが一番症例を持ってるのね。

 

おそらくって言ってるけど、自信は間違いなくある。

 

だから、もしあなたが髪の毛に対して悩んでいたら、

一人で悩まなくて良いから、

「どうしたらいいのかな」って僕たちに相談してくれればいいんだ。

 

僕の患者さんでも、

20代から70代とか、幅広い年齢の女性がいるんだけど、

やっぱりいろんな対策を試していたり、

もちろん今日のお話の食事に気を付けていたりとか、

いろんな対策を実際に行っている方が多いんだよね。

 

でもやっぱり、

風邪でも病気とかでもなんでも

最後は自分の体が関わってくるわけだから、

その人の「体質」っていうところに目を向けてほしいなって思うんだ。

 

もちろん育毛剤やお薬みたいな物を使うのも

一つの方法ではあると思うんだけど、

物に頼り続けてしまうっていうのは僕は違うと思ってる。

 

こういう考えに「そうかもしれないな」って共感してくれたら、

僕はすごく嬉しいなぁ。

 

っということで今日は長くなっちゃったけど、

「食事」すごく大事だね!

 

僕も痩せたいな~と思いつつ、

やっぱり髪の毛に対して

日々バランスの良い食事っていうのを心がけて、

これからもやっていこうと思う。

 

だから、あなたもこれから少しずつ頑張っていって欲しいな。

 

今日はこの辺で。

 

また良かったら他のブログも読んでみてね~! バイバ~イ!

  • line

名古屋駅店移転記念キャンペーン

薄毛集中改善 9,980円(税別)

初回から髪の毛の違いを体感される患者様も多くお見えです。悩んでいるよりご相談ください。

  • 052-562-3058
  • WEBで予約する

まずは、お気軽にご相談・お問い合わせください!

名古屋市西区名駅2-28-22 アールイービル301

女性薄毛専門治療院 いいね鍼灸院

住 所
名古屋市西区名駅2-28-22 アールイービル301
アクセス
名古屋駅1番出口から徒歩3分

TEL:052-562-3058

女性薄毛専門治療院 いいね鍼灸院 東京院

住 所
東京都港区東新橋2-6-7電光ビル3階
アクセス
新橋駅烏森口&汐留駅 出口から徒歩5分

TEL:03-6820-2829