ブログ

リンスインシャンプーは、頭皮にダメージ?

rp_64a160b2b13714701ec934966da592c4_s-300x200.jpg

 

リンスインシャンプーは、頭皮にダメージ?

 

シャンプー・リンス・コンディショナー・ヘアパックなど、

綺麗な髪を維持するのは大変です。

どうにか洗髪時間を短縮したい・・という方に嬉しい洗髪剤が「リンスインシャンプー

髪を洗うと同時に、リンスの効果もあるなんて、なんて便利!

しかし、楽あれば苦ありです。

リンスインシャンプーは、薄毛・脱毛の誘因となってしまうのです。

 

シャンプーとリンスは、基本的に使用目的が違います。

シャンプーは、髪・頭皮を洗うために使うものですが、

リンスは、髪の表面をコーティングしてサラサラにするもので、

頭皮に使うものではありません

リンスインシャンプーは、簡単に言えば、

使うべき場所が違うものを一緒にしていると言えます。

リンスは、髪をコーティングするものなので、当然、髪に吸着する力があります。

通常、髪だけに使用していれば問題はないのですが、

シャンプーと一緒に使うことで、頭皮に必要以上に付着してしまうことになります。

となれば、すすぎをしても、吸着力のあるリンスが、頭皮に残ってしまう訳です。

シャンプーやリンスなどの洗浄剤が頭皮に残ると、細菌の繁殖を招き、

毛穴のつまり・フケ・炎症など、頭皮トラブルを起こしてしまいます。

結果、薄毛や脱毛の原因になります。

リンスインシャンプーは、頭皮のトラブルを起こしやすいという訳です。

 

短気は損気・・薄毛を誘発?!

 

薄毛や脱毛の原因として、ストレスがあります。

ストレスが多くなると、自律神経の乱れ・ホルモンバランスの乱れを引き起こします。

ホルモンバランスが乱れると、髪の成長促進に作用する女性ホルモンの分泌が悪くなり、

抜け毛が増え、薄毛の原因となります。

すぐにイライラしたり、怒りっぽい人は、対人関係がうまくいかないなどで、

ストレスを抱えやすくなります。

逆に、自律神経の働きによって、情緒不安定となり、イライラしてしまうこともあります。

どちらにしても、心身のバランスを崩すことになるため、自律神経の働きに影響してきます。

自律神経の乱れは、血行不良や不眠症・頭痛・めまいなど、様々な不調を引き起こすことになります。

血行不良となれば、髪に必要な栄養が届かなくなります

不眠症となれば、髪の成長を促進する「成長ホルモン」の働きが悪くなります。

ホルモンバランスの乱れも起こします。結果、髪の発毛・育毛が妨げられます。

短気は損気・・怒ってばかりいると、そのうちハゲてしまうかも・・!

  • line

名古屋駅店移転記念キャンペーン

薄毛集中改善 9,980円(税別)

初回から髪の毛の違いを体感される患者様も多くお見えです。悩んでいるよりご相談ください。

  • 052-562-3058
  • WEBで予約する

まずは、お気軽にご相談・お問い合わせください!

名古屋市西区名駅2-28-22 アールイービル301