ブログ

高血圧でも低血圧でも、薄毛の要因になってしまう!!

 

rp_1P6A1149-300x200.jpg

 

高血圧でも低血圧でも、薄毛の要因になってしまう!!

 

頭皮の血行が悪いと薄毛になる・・と聞いたことがあると思います。

頭皮の血行が悪くなると、新鮮な酸素や栄養が、

毛根にある毛母細胞に届かないため、髪の成長が悪くなります。

では、高血圧がいいのか?低血圧がいいのか?・・

それぞれに、どう影響するのでしょうか?

 

高血圧の場合・・

高血圧となると、様々な病気を引き起こすリスクが高くなるため、

気にしている方は少なくないと思います。

高血圧は、血管の収縮がしているとされ、動脈硬化を起こしやすくなります。

これにより、頭皮への血行も悪くなると考えられます。

また、血管の収縮によって、交感神経が刺激されると、

睡眠不足となり、髪の成長も悪くなります。

交感神経の働きが過剰になれば、自律神経の乱れ・ホルモンバランスの乱れとなり、

カラダに様々な不調を引き起こすことになります。

当然、髪の成長にも悪影響を及ぼします

 

低血圧の場合・・

低血圧の方は、カラダがだるい・冷え性・寝起きが悪いなどの症状が現れます。

高血圧の場合は、血管の収縮が考えられますが、

低血圧の方は、血管の拡張ではなく、心臓から血液を送る力が弱いことが考えられます。

そのため、毛細血管に血液が届きにくく、頭皮の血行も悪くなると言えます。

脳への血流も悪いため、頭痛・めまい・不眠などを起こし、

自律神経・ホルモンバランスの乱れの要因となります。結果、髪の成長も悪くなります。

 

薄毛対策に大切なのは、血行促進と健康なカラダ

 

高血圧は、血管収縮によって、血液が流れにくい・

低血圧は力不足によって血液が流れにくい・・

ということは、どちらも血液の流れが悪いということ。

高血圧も低血圧も、血液の流れが悪いため、

頭皮の細胞に酸素や栄養が届きにくく、薄毛・脱毛の原因となると言えます。

要するに、血圧は、高すぎても低すぎても、カラダの血行不良の原因となり、

頭皮の血行を悪くする訳です。

血圧を整えるには、バランスのとれた食事・規則正しい生活・適度な運動などが大切です。

そして、これらは、薄毛・脱毛の回復にも大きく繋がることなのです。

また、頭皮の血行を促進するには、

頭皮マッサージ・周囲の筋肉、首や肩の筋肉をほぐす・動かすことも効果があります

カラダ全体の血行を促進することで、頭皮の血行も促進されることになります。

薄毛や脱毛は、頭皮だけでなく、

カラダ全体の健康を維持することが、健康な髪を作ることとなります。

  • line

名古屋駅店移転記念キャンペーン

薄毛集中改善 9,980円(税別)

初回から髪の毛の違いを体感される患者様も多くお見えです。悩んでいるよりご相談ください。

  • 052-562-3058
  • WEBで予約する

まずは、お気軽にご相談・お問い合わせください!

名古屋市西区名駅2-28-22 アールイービル301