ブログ

夜勤のある仕事は、薄毛になりやすい!

疑問 (4)

 

夜勤のある仕事は、薄毛になりやすい!

 

夜勤によって、睡眠時間が不規則な人は、自律神経に乱れを起こしやすいと言えます。

自律神経には、交感神経副交感神経の2つがバランス良く働くことで、

心身の健康・安定を維持しています。

私たちのカラダは、自律神経の働きに関係して、

昼間に活動して、夜間に睡眠をとるリズムが出来ています。

睡眠によって、カラダの回復を行い、昼間にまた活動出来る訳です。

 

夜勤・睡眠不足などで、このリズムが崩れると、カラダは不調を起こすことになります。

睡眠時は、副交感神経によって「成長ホルモン」が分泌され、

カラダの修復・回復・成長をコントロールしています。

不規則な生活によって自律神経の働きが悪くなると、

髪の成長にも影響してしまうため、薄毛になりやすいといえます。

 

長時間のデスクワーク・・薄毛を誘発?!

 

パソコンの普及が増えた今、長時間のデスクワークを強いられる人も増えています。

それとともに、肩コリ・首コリに悩む方も増加傾向に・・

今は大丈夫かもしれませんが、そのうち、薄毛になってしまう恐れがあります!

問題は、血液の流れにあります。

 

長時間のデスクワークによって、同じ姿勢を続ける=筋肉は伸縮運動が出来ないということ。

筋肉の働きが悪くなるため、血液やリンパの流れを悪くしてしまいます。

特に、頭を支える首や肩の筋肉は、使われ続けることにストレスを感じて緊張状態になります。

筋肉の緊張状態が続くと、血管やリンパ管の通り道が狭くなります。

結果、筋肉が硬くなり、コリやいたみを起こしてしまいます。

体内の血液は、心臓から送り出されて、全身を巡っています。

首や肩の血行が悪くなれば、当然、頭皮への血流も悪くなります

頭皮に栄養が届かなければ、毛根の働きが悪くなり、

薄毛・脱毛の原因となってしまうのです。

長時間のデスクワークは、同じ姿勢を続けることで、

薄毛・脱毛を促進する要因なるのです。

 

予防・回復するには、筋肉をリラックスさせる必要があります。

適度な休息を取り入れ、軽いストレッチなどで、筋肉を動かすようにしましょう。

また、お風呂に浸かって、しっかりカラダを温めると、

筋肉の緊張をほぐす&血行促進の効果があります。

疲れたカラダ・筋肉をしっかりといたわってあげましょう。

マッサージなどで筋肉をほぐすことも出来ますが、一時的なものでしかありません。

偏ったカラダの使い方を正すことが大切です。

筋肉をバランスよく使う=姿勢を正しくすることです。

正しい姿勢を身につけることで、筋肉のコリやいたみの回復とともに、

薄毛・脱毛の予防にもなります。

  • line

名古屋駅店移転記念キャンペーン

薄毛集中改善 9,980円(税別)

初回から髪の毛の違いを体感される患者様も多くお見えです。悩んでいるよりご相談ください。

  • 052-562-3058
  • WEBで予約する

まずは、お気軽にご相談・お問い合わせください!

名古屋市西区名駅2-28-22 アールイービル301