ブログ

アルコールは、薄毛の原因になる?

c7055f1582de9d7183638c8d01e84794_s

 

アルコールは、薄毛の原因になる?

 

お酒は、カラダに悪いことばかりではありません。

飲む分量によっては「百薬の長」ともいわれます。

しかし、飲み過ぎは「万病のもと」とも言われています。

アルコールは程々が1番です。

アルコール摂取量が多くなれば、その分、カラダに悪影響を与えてしまいます。

当然、髪の成長にも影響を及ぼしてしまい、薄毛・脱毛の要因になります

 

アルコール摂取が多くなると、内臓脂肪の増加肝機能低下高血圧などの原因になります。

となると、動脈硬化などを起こし、

カラダ全体が血行不良となれば、髪の成長も悪くなります。

また、アルコールの摂取は、睡眠が浅くなると言われています。

お酒で熟睡が出来ると思っている方は少なくないと思いますが、

眠っているのではなく、気絶しているような状態なのです。

睡眠が浅くなると、成長ホルモンの分泌が悪くなるため、

カラダの回復が悪くなって疲労蓄積となります。

そして、髪の成長も悪くなってしまうのです。

 

アルコールが、髪の成長に直接関わっている訳ではありませんが、

カラダに不調を起こすのは確かです。

カラダの不調は、髪の成長にも支障をきたすことになると言えます。

 

髪の毛を剃ったら、濃くなるの??

 

体毛を剃ったら濃くなる・・という話をよく聞きますが、

ほんとに濃くなるのなら、髪の毛も剃ったら濃くなると言えますが、

残念ながら、濃くなるとは言えません

確かに、腕や足の体毛を剃ったら濃くなる気がしますが、

実際は、見た目だけの話で、濃くなる訳ではありません。

通常、毛の先端は細くなっています。

しかし、毛を剃ることで、根元の太い部分が先端になってしまいます。

剃った部分の毛の断面図が太くなってしまうので、

生えてきた時の見た目が、濃く見えてしまう訳です。

剃ると濃くなるのではなく、剃ると濃く見えるという訳・・

そのため、薄毛や脱毛の回復になる訳でもありません。

 

海藻類よりもフルーツの方がいい?・・薄毛回復

 

髪の健康を保つためには、ワカメや昆布などの海藻類がいい・・

と聞いたことがあると思います。

海藻類は、ミネラルやアミノ酸などを多く含むので、

健康にいいと言えますが、髪の成長に繋がる成分が多い訳とは言えません。

髪に必要な栄養は、植物性タンパク質で、

これを生成するには、ビタミンアミノ酸が必要となります。

そのため、海藻類よりも、フルーツ類の方が、髪の成長には役立つと言えます。

とはいえ、海藻類もカラダには必要な栄養素です。

基本は、バランスのとれた食事をすることが大切と言えます。

  • line

名古屋駅店移転記念キャンペーン

薄毛集中改善 9,980円(税別)

初回から髪の毛の違いを体感される患者様も多くお見えです。悩んでいるよりご相談ください。

  • 052-562-3058
  • WEBで予約する

まずは、お気軽にご相談・お問い合わせください!

名古屋市西区名駅2-28-22 アールイービル301