ブログ

薄毛や脱毛・・胃腸の働きに問題あり?!

1P6A1078

薄毛や脱毛・・胃腸の働きに問題あり?!

薄毛や脱毛は、様々な要因があるとされ、その全貌が明らかになっていません。

実は、胃腸の働きが悪い方は、薄毛になりやすいと言われているのです。

私たちのカラダは、栄養をエネルギーに変えて、各機能を正常に動かすことが出来ています。

当然、消化吸収が悪ければ、いくら栄養摂取しても、エネルギーに変えることが出来ません。

髪が必要な栄養を吸収出来なければ、髪が育つことは出来ないと言えます。

カラダが必要な栄養をきちんと吸収できれば、各機能が正常に働き、髪の健康を保つことになると言う訳です。

となれば、胃腸の働きは重要と言えます。

そもそも、薄毛・脱毛は、髪が生えない・成長しないということ。

遺伝・老化・食生活・ストレス・ホルモンバランスなど原因で、

髪が育つ環境、栄養が整っていないと言えます。

薄毛・脱毛は、カラダ全体の不調を整えて行くことが大切になるという訳です。

カラダの健康維持が、髪の健康維持となります。

私たちのカラダは、どこかに不具合が生じれば、

各器官・各機能に影響を与えることになります。

カラダのリズムが崩れれば、自律神経・ホルモンバランスが乱れ、血行不良などを起こします。

運動不足になれば、筋肉の働きが悪くなる。

脂肪が蓄積されると、代謝機能が低下する・・など、それぞれの働きに影響する訳です。

薄毛・脱毛も、何かしらの不具合が原因で、髪の成長を妨害していると言えます。

薄毛や脱毛をよくする・予防するために、

規則正しい生活・バランスのとれた食生活などが大切とされますが、

これらは、カラダの健康を維持するためにも重要なことです。

カラダが正常に働いていれば、髪の発毛・成長させる機能も正常に働くと言えます。

薄毛・脱毛をよくするには、健康なカラダ作りが必要なのです。

薄毛・脱毛・・気にしすぎると進行する!

最近、若い女性の薄毛・脱毛が増えているようです。

その一方、気になるけど病院に行くのが恥ずかしい・・などで、放置している方も少なくないと思います。

若い方の薄毛・脱毛の大きな要因は、偏った食事や不規則な生活などの生活習慣と言われています。

生活習慣の乱れにより、ホルモンバランスが崩れ、髪の成長が悪くなっていると考えられます。

そして、ホルモンバランスの乱れは、過度なストレスによっても起こります。

薄毛を気にしすぎることで、ストレスが溜まり、自律神経・ホルモンバランスの乱れを起こし、

更に進行させてしまうことがあります。

薄毛が気になったら、早めに専門の医院に相談することをお勧めします。

  • line

名古屋駅店移転記念キャンペーン

薄毛集中改善 9,980円(税別)

初回から髪の毛の違いを体感される患者様も多くお見えです。悩んでいるよりご相談ください。

  • 052-562-3058
  • WEBで予約する

まずは、お気軽にご相談・お問い合わせください!

名古屋市西区名駅2-28-22 アールイービル301