ブログ

頭髪と女性ホルモンの関係は・・?

 

image
体毛は男性ホルモン」「頭髪は女性ホルモン」と聞いたことがあるかもしれません。
これを聞くと、薄毛・脱毛とホルモンの分泌には、何か関係があると想像できると思います。
では、それぞれのホルモン分泌は、頭髪にどんな影響があるのでしょうか・・?

男性ホルモンには頭髪の発育作用がない!?

 

男性ホルモンは、その名のとおり、男性らしい逞しいカラダを作る作用があり、筋肉の増加・性欲を高める・体毛の発育などを促しています。
ただ、頭髪の発育作用はありません。

女性の方が髪の寿命が長いと言われているのは女性ホルモンのおかげ?

 

女性ホルモンは、女性らしい丸みを帯びたカラダを作る作用があり、生理・排卵のコントロール・子宮や卵巣の働きなどを促進しています。

女性ホルモンの1つである「エストロゲン」には、頭髪の成長を維持する役割もあるため、女性は男性よりも髪の寿命が長いと言えます。
ただし、作用する範囲は、頭髪全体ではなく、頭頂部から耳くらいまでの範囲です。

頭頂部が禿げるのは、女性ホルモンのせい?

 

私たちは、男女それぞれに両方の性ホルモンを備え持っています
そのため、頭髪の成長を促す女性ホルモンの1つ「エストロゲン」減少が、薄毛や脱毛に関係してきます。

50代からエストロゲン激減!?女性の薄毛の症状の出かた

 

エストロゲン」は20代後半くらいがピークで減少していき、50代になると急激に減少してしまいます。
エストロゲンの作用は、頭頂部から耳くらいの範囲なので、「エストロゲン」が減少すれば、頭頂部を中心に禿げて行くわけです。

ホルモンが変化する!?脱毛を引き起こすホルモンの仕組み

また、女性ホルモンの分泌が減少すると、男性ホルモンが「DHT」と言われる、別の男性ホルモンに変化しやすくなります。
DHTは、発毛周期を休止期にするため、脱毛を引き起こすことになります。

あなたは大丈夫?DHT(悪玉男性ホルモン)の作用

 

DHTには、性欲減少・体毛の増加の作用もあり、「悪玉男性ホルモン」とも言われています。「体毛が濃くなって、頭が禿げてきた」という方がいますが、これは、悪玉男性ホルモンが増えたと言えます。(悪玉が増えると、善玉は減ります。)

気づいた時には薄毛になってしまっているかも!?

 

女性の場合は、女性ホルモンが減少したとしても、一定の分泌量をされているため、頭頂部が急激に禿げることはありませんが、必然的に男性ホルモンの割合が多くなっているため、男性ホルモンの作用によって、頭髪全体が薄毛になってしまいます。

まとめ

 

男性の薄毛・脱毛……育毛を抑えてしまう「DHT」の分泌が多くなったことが原因
女性の薄毛・脱毛……女性ホルモンの減少による、ホルモンバランスの乱れが原因
ということになります。
ただ、頭髪を育てるには、女性ホルモンの分泌が大きく関係していますが、薄毛・脱毛の原因は、女性ホルモンの減少だけが原因ではありません。

根本的な女性の薄毛改善方法とは

 

髪の成長を促すには、様々な身体機能が関係していますので、バランス良い食事・規則正しい生活などを心がけ、カラダ全体のコンディションを良くすることが大切と言えます。

  • line

名古屋駅店移転記念キャンペーン

薄毛集中改善 9,980円(税別)

初回から髪の毛の違いを体感される患者様も多くお見えです。悩んでいるよりご相談ください。

  • 052-562-3058
  • WEBで予約する

まずは、お気軽にご相談・お問い合わせください!

名古屋市西区名駅2-28-22 アールイービル301

女性薄毛専門治療院 いいね鍼灸院

住 所
名古屋市西区名駅2-28-22 アールイービル301
アクセス
名古屋駅1番出口から徒歩3分

TEL:052-562-3058

女性薄毛専門治療院 いいね鍼灸院 東京院

住 所
東京都港区東新橋2-6-7電光ビル3階
アクセス
新橋駅烏森口&汐留駅 出口から徒歩5分

TEL:03-6820-2829