ブログ

若ハゲを避ける予防策は?

image
髪が薄くなる原因を「遺伝だから・・」と片付けていませんか?
薄毛や脱毛の原因が、遺伝や老化と思っている方は少なくありません。
比較的に若い女性の方の薄毛・・「若ハゲ」は、老化とは考えられないので、遺伝と考えてしまうのも仕方ないかもしれませんが、遺伝的要因があるからといって、若ハゲになるとは言い切れません。

若ハゲの原因は遺伝じゃない!?

実は、遺伝的な要因は、大した問題ではないのです。
遺伝要因とは別に、抜け毛を促進する要因があるから「若ハゲ」になってしまうのです。
その要因を取り除けば、若ハゲの予防・改善につながります。

女性の抜け毛を促進する要因は!?

★偏った食生活
発毛を促進するには、当然、栄養が必要となります。毛髪に必要な栄養が足りなければ、髪の元気がなくなり、育つ前に抜けてしまう、結果、薄毛になってしまいます。

★睡眠不足
毛髪を育てるには、成長ホルモンの分泌が必要です。成長ホルモンは、睡眠時、特に22時~2時の間に多く分泌されています。睡眠不足となれば、髪のダメージを修復したり、成長させることが出来なくなるため、抜け毛の原因となります。

★血行不良
毛根の毛母細胞に十分な栄養が行かなくては、髪を育てることが出来ません。
各細胞に、栄養を送り届けるのは、血液の流れです。血行不良となれば、十分な栄養を届けることが出来なくなるため、髪が弱くなり、抜け毛の原因となります。

★ストレス
ストレスとは、苦悩や苦痛を意味します。ストレスを感じると、自律神経の交感神経が活発に働きます。交感神経は、「闘争と逃走」の神経とも言われていて、嫌だな・・と感じたときに、カラダが戦う・逃げる準備をする訳です。交感神経は、血管を収縮するため、頭皮への血液循環も悪くなり、抜け毛の原因となります。また、抜け毛は男性ホルモンに大きく影響されるため、自律神経の乱れによってホルモンバランが乱れれば、抜け毛が増えます。

★運動不足
筋肉の伸縮運動は、血液の流れを促進することになります。運動不足で筋力低下や、脂肪が蓄積されると、代謝機能の低下してしまうので、細胞の働きが悪くなります。毛母細胞の機能低下となり、抜け毛の原因となります。

★洗髪方法
毛根や毛穴に皮脂や整髪剤が残ってしまうと、ホコリや細菌が繁殖して、毛髪の成長を妨げます。逆に、洗いすぎると、頭皮に必要な皮脂が足りなくなり、頭皮を傷つけます。

最後に

「若ハゲ」は、規則正しい生活・バランスのよい食事・頭髪の正しいケアが大切です。

  • line

名古屋駅店移転記念キャンペーン

薄毛集中改善 9,980円(税別)

初回から髪の毛の違いを体感される患者様も多くお見えです。悩んでいるよりご相談ください。

  • 052-562-3058
  • WEBで予約する

まずは、お気軽にご相談・お問い合わせください!

名古屋市西区名駅2-28-22 アールイービル301