ブログ

生まれつきの髪質・・薄毛と関係あるのか?

image

 

生まれつきの髪質・・薄毛と関係あるのか?

 

髪の太さ・量など、遺伝によって左右されます。

生まれつき髪が細い・髪の量が少ない・天然パーマなど、

先天性の髪質は、薄毛と関係してくるのでしょうか・・?

髪の毛が太ければ、多く見えますし、細ければ少なく見えますが、

一般的に、成人の毛髪の量は、約10万本と言われています。

髪には寿命があり、成長を終えた髪が自然に抜け落ちて、そこに新しい髪が生える・・

といったヘアサイクルがあります。

ヘアサイクルが乱れると、髪の成長が悪くなり、抜け毛が増えてしまうことになります。

髪は成長すると、長くなるとともに太くなる傾向があります。

となると、細い髪の方は髪が成長していない=生まれつき髪が細い方は、薄毛になりやすい?

と考えてしまいます。

心配しないで下さい・・「髪が細い人が薄毛になる」という考えは、少し違います。

生まれつき髪が細い方は、元々の髪質なので髪の成長が悪い訳ではありません。

髪が細くても、健康な状態なら問題はありません。

ただ、太い髪が細くなった・髪がクセ毛になったなど、

先天性の髪質が急に変化した場合は、頭皮の環境が悪くなっている可能性があります。

薄毛となる場合は、髪の健康状態が悪くなっています。

生まれつきの髪質は、薄毛に関係ないですが、髪質が変わった時は、注意が必要と言えます。

 

薄毛となる抜け毛を、しっかり見分けましょう!

 

私たちの髪には、発毛して成長し、

成長を終えた髪が自然に抜け落ちて、新しい髪が生える・・

といった一定の周期があり、これをヘアサイクルといいます。

寿命となる髪は、全体の10%ほどで、

1日100本前後の髪が自然と抜け落ちる計算になります。

ヘアサイクルは1本1本異なるため、一気に抜けることはなく、

ヘアサイクルが正常に行われることで、一定の髪の量を保つ事が出来ています。

薄毛は、生える髪よりも抜ける髪が多いことで起こります。

ヘアサイクルが乱れて、一定の髪の量を保っていないと言えます。

髪は成長することで、長くなり、太くなる傾向があるので、

ヘアサイクルが乱れると、髪が成長する前に抜けてしまう=細くて短い髪が抜けてしまいます。

元々の髪質は、人によって異なりますが、

産毛のような細い髪が抜けている場合は、注意が必要と言えます。

ヘアサイクルが乱れる原因は、頭皮の環境が悪いと考えられます。

そのため、髪が細くなった、急にクセ毛になったなど、髪質の変化にも注意が必要と言えます。

  • line

名古屋駅店移転記念キャンペーン

薄毛集中改善 9,980円(税別)

初回から髪の毛の違いを体感される患者様も多くお見えです。悩んでいるよりご相談ください。

  • 052-562-3058
  • WEBで予約する

まずは、お気軽にご相談・お問い合わせください!

名古屋市西区名駅2-28-22 アールイービル301