ブログ

遺伝は、薄毛にどこまで影響するのか?

3a5b7ed340dccb449d484c0a25ec3e80_s

 

遺伝は、薄毛にどこまで影響するのか?

 

薄毛は、遺伝による発症率が高い・・という話をよく耳にします。

親族にハゲの割合が多ければ、

ハゲ家系だから、自分もハゲる」と考えている人は、少なくないと思います。

しかし、兄弟が何人かいて、全員が同じように「ハゲる」ということは、そんなにありません。

 

薄毛・脱毛の要因は、遺伝だけに限らず、あらゆる要因が絡んでいるとされ、

「自分の薄毛は遺伝によるもの」と決め付けることは出来ないと言えます。

薄毛になりやすい遺伝子を持っていれば、

何もない人よりは、ハゲる確率が高いと考えられますが、

遺伝の影響をどこまで受けているかは、ハッキリとしません。

となると、遺伝の影響を受けているとは限らないとも言えます。

遺伝だからと諦めることが、薄毛を進行させてしまう原因になるかもしれません。

諦める前に、専門の医療機関で診てもらうようにしましょう。

 

同じ遺伝子でも、薄毛の進行が違う?!

 

薄毛=遺伝と考えたとして、その影響は、どこまでなのでしょうか・・

薄毛や脱毛は、生活習慣周りの環境ストレスホルモンバランスなど、

様々な要因が絡んでいるとされます。

遺伝の影響が強いのなら、

同じように遺伝したら、同じように頭髪に影響すると考えられます。

ならば、同じ遺伝子を持つ一卵性双生児は、同じように薄毛になるのか・・?

ちょっと、面白い話があります。

全く同じ遺伝子を持つ一卵性双生児でも、

習慣環境が違うと、薄毛の進行具合が違うというのです。

更に、ある研究によって、薄毛施術を同じように行った場合、

施術の効果に差があるということが分かったのです。

ということは、遺伝の影響があったとしても、

生活習慣や環境によって、薄毛になる確率が変わる・・

遺伝の影響は、そんなに強くないと考えられる訳です。

同じ遺伝子を持っていても、薄毛になるとは限らないとなれば、

生活習慣などによる影響の方が大きいと言えます。

「遺伝だから仕方ない」と思っているあなた・・諦める必要はないのです!!

 

薄毛・脱毛は、諦める必要はありません!

 

薄毛・脱毛は、生活習慣によって大きく左右されると言えます。

薄毛の遺伝があったとしても、その影響は低いと考えられるので、

諦めるのは勿体ないです。

特に女性の薄毛は、男性と違い、

脱毛を促進する男性ホルモンの作用が少ないため、回復しやすいと言えます。

髪に元気がない・抜け毛が多いなど、気になる方は、早めに施術を始めましょう。

  • line

名古屋駅店移転記念キャンペーン

薄毛集中改善 9,980円(税別)

初回から髪の毛の違いを体感される患者様も多くお見えです。悩んでいるよりご相談ください。

  • 052-562-3058
  • WEBで予約する

まずは、お気軽にご相談・お問い合わせください!

名古屋市西区名駅2-28-22 アールイービル301