ブログ

育毛と発毛は、何が違うの?

IMG_0663

 

育毛と発毛は、何が違うの?

 

私たちの髪は、発毛して成長を行い、成長を終えたら自然に抜け落ち、

同じ毛穴から新しい髪が生えるという繰り返しです。

これを、ヘアサイクルと言います。

毛根の数は、基本的には一生変わらないとされ、

ヘアサイクルが正常に行われていれば、髪を一定量に保つことが出来ると言えます。

薄毛になるということは、毛根の働きが悪いことで、

髪が成長しない・髪が生えてこない・・といった状況になり、

生える髪の量よりも、抜け毛が多くなると言えます。

育毛は、字の通り、髪を成長させることです。

髪が成長出来ずに抜けるのを防ぐ・髪の成長を助けるなどの作用があるものを育毛剤といいます。

髪は成長すれば、太くて丈夫になる傾向があるため、

成長を促すとともに抜け毛が少なくなると考えられます。

 

発毛は、新しい髪を増やすことです。

通常、抜け落ちた髪の後には、新しい髪が生えてくるのですが、

髪が生えてこないと、抜ける髪の量の方が多くなるため、薄毛になります。

毛根の働きを促進して、発毛を促す作用があるもの発毛剤といいます。

髪が、発毛しなければ薄毛となりますし、

発毛しても成長しなくては、抜ける量が多くなるので薄毛になります。

薄毛・脱毛の回復には、どちらも必要なことと言えます。

ただ、毛根の働きが悪くなっている原因を取り除くことが大切なので、

生活習慣を見直すことも必要と言えます。

 

薄毛・脱毛の回復・・頭皮の血行をよくするには?

 

血行を促進するには、筋肉の伸縮運動が必要となります。

とはいえ、頭皮には筋肉がありません。

そのため、頭皮マッサージなどで血行を促進することが大切になりますが、

カラダ全体の血行が悪ければ、頭皮だけにアプローチしても、あまり意味がありません。

筋肉を動かす=運動すればいい・・と言いたいのですが、

筋力以上に使いすぎると、緊張して強ばってしまします。

筋肉の緊張が続くと、血管やリンパ管を圧迫するため、血行不良を起こします。

筋肉は、動かさなくても、動かしすぎても緊張して硬くなるのです。

 

大切なのは、柔軟な筋肉を付けることです。

適度な運動で、筋肉を動かすことが、血行を促進することになる訳です。

血行の促進は、薄毛・脱毛だけでなく、

カラダ全体の機能を活性化することにもなります。

年齢を重ねるとともに、運動量は不足しがちになります。

少しの距離なら、歩くようにする・エレベーターでなく階段を使うなど、

生活習慣を工夫して、適度な運動を取り入れるようにしましょう。

  • line

名古屋駅店移転記念キャンペーン

薄毛集中改善 9,980円(税別)

初回から髪の毛の違いを体感される患者様も多くお見えです。悩んでいるよりご相談ください。

  • 052-562-3058
  • WEBで予約する

まずは、お気軽にご相談・お問い合わせください!

名古屋市西区名駅2-28-22 アールイービル301

女性薄毛専門治療院 いいね鍼灸院

住 所
名古屋市西区名駅2-28-22 アールイービル301
アクセス
名古屋駅1番出口から徒歩3分

TEL:052-562-3058

女性薄毛専門治療院 いいね鍼灸院 東京院

住 所
東京都港区東新橋2-6-7電光ビル3階
アクセス
新橋駅烏森口&汐留駅 出口から徒歩5分

TEL:03-6820-2829