ブログ

男性の薄毛と、女性の薄毛は違います。

 

image

 

梅雨の時期は憂鬱になりがちですが、
おニューの傘を買った私はウキウキです笑
新しい服を着る時、新しい化粧品を使う時、新しい髪型に挑戦する時、女性に生まれて良かったなと感じますよね!

こんにちは、
髪やメイク、ネイルなど美意識高めで将来の薄毛を心配して勉強している20代スタッフのみりあです。

 

薄毛の原因はホルモンバランスの乱れ?

 

薄毛や脱毛に悩む方は、男性に限らず、増加傾向にあると言われています。
薄毛や脱毛の原因はさまざまですが、大きな要因とされるのが、ホルモンバランスの乱れです。
ただ、ホルモンバランスの乱れでも、男性と女性とでは、抜け毛となる原因が少し違います。
となれば、改善方法も異なります。

薄毛の改善をするにはどうしたらいい?

 

薄毛の改善は、抜け毛の原因を理解することが大切です。
髪の成長には、女性ホルモンが関係しています。
女性も男性も、分泌量の違いはありますが、
お互いに女性ホルモン・男性ホルモンの両方を持っています。
頭髪の成長には、性ホルモンがバランスよく作用する必要があります。

髪の毛の寿命は女性の方が長い!?

 

髪の寿命は、個人差はありますが、男性の方が短く、女性の方が長いと言われています。
寿命がくれば、髪は自然に抜け落ちていき、新しい髪が生えることになります。

なぜ女性と男性で寿命が違うの?

 

それは、女性ホルモンの1つ「エストロゲン」が、頭髪の成長を促し、維持する作用があるからです。
ただし、エストロゲンが作用しているのは、頭頂部から耳のあたりまでなので、髪を精一杯長く伸ばしても、毛先の方の髪の量は少なくなります。

加齢が原因で…という方はエストロゲンの減少からくる薄毛!?

 

 

エストロゲンの分泌は、20代後半をピークに減少していき、50代で急激に減少すると言われています。
そのため、加齢とともに薄毛になる方は少なくありません。

男性と女性は、なぜ抜け方が違うのか?

 

髪の成長に作用する、女性ホルモンの「エストロゲン」の分泌が減少すると、抜け毛の原因となります。
エストロゲンの分泌は、50代くらいで急激に減少します。
エストロゲンが作用するのは、頭頂部から耳までの範囲なので、
中年期以降の男性の場合、頭頂部を中心に禿げる方が多くなります。

男性ホルモンが脱毛促進させるホルモンに変化する!?

 

また、女性ホルモンの減少により、男性ホルモンテストロン)が脱毛を促進する男性ホルモンDHT)に変化しやすくなります。

DHTの増加に伴い、脱毛が進行して行きます。体毛が濃くなるのも、DHTの影響です。

女性の薄毛は気づきにくい!?

 

女性は、エストロゲンが減少しても、一定の分泌量があるので、急激に抜けることがありません。
ただ、女性ホルモンの減少に伴い、男性ホルモンの作用が増えるため、頭髪全体が薄くなっていくことになります。
となると、根本的な改善方法が異なってきます。

男性と女性の脱毛の改善方法

 

男性の脱毛は、毛母細胞を攻撃するDHTホルモンの増加が原因のため、テストロンがDHTに変化するのを抑えることが、脱毛の進行を防ぐ方法となります。

女性の脱毛は、エストロゲンの減少によるホルモンバランスの乱れが原因となるため、ホルモンバランスを整えて、食事や運動などで、頭髪の成長を促すことが大切になります。

  • line

名古屋駅店移転記念キャンペーン

薄毛集中改善 9,980円(税別)

初回から髪の毛の違いを体感される患者様も多くお見えです。悩んでいるよりご相談ください。

  • 052-562-3058
  • WEBで予約する

まずは、お気軽にご相談・お問い合わせください!

名古屋市西区名駅2-28-22 アールイービル301