ブログ

薄毛は男性だけではない・・あなたは大丈夫ですか?

 

IMG_0282

薄毛や脱毛は、遺伝的な要因があるとしても、「老化現象」の1つと言われています。
老化現象なら、当然、女性にもあります。
しかし、男性の方が比較的に多い・・
それは、薄毛を誘引する理由が、男性の方が多いからと言えます。

男性に薄毛に多く見られる男性型脱毛症とは?

男性の薄毛の大半は、「男性型脱毛症」と呼ばれるもので、頭頂部が薄くなったり、生え際が後退したりします。

男性ホルモンは女性にも分泌されている!?

脱毛となる原因は、全貌解明されている訳ではありませんが、唯一、明確になっているものがあります。それは、男性ホルモンの分泌による影響です。そのため、薄毛・脱毛は男性に発症しやすいのです。ただ、ここで注意しておきたいのは、男性ホルモン女性にも分泌されているということ・・

女性が脱毛症を起こす主な要因

女性でも、ホルモンバランスが乱れ、男性ホルモンの影響を大きく受けると、脱毛症を起こすことになります。また、脱毛は、生活習慣・ストレス・遺伝・食生活・加齢などの、様々な要因が絡み合っていると言われています。そのため、女性でも薄毛になりますので、髪のボリュームがなくなった・抜け毛が多くなったと感じたら、対処していくことを考えてみましょう。

女性の薄毛、気づいた時には進行している?!

薄毛や脱毛は、比較的、男性に多く見られます。脱毛は、遺伝や環境・食生活などが絡んで起こると考えられていますが、大きな要因とされるのは、男性ホルモンの増加です。
そのため、男性の方が、薄毛や脱毛症に悩むことが多くなります。
ただ、男性だけでなく女性の脱毛症もあります。

女性の薄毛の原因はホルモンバランスだけじゃない!?

女性にも男性ホルモンはありますが、その影響は少ないと言えます。女性ホルモンは、毛髪の成長に大きく関係していますので、女性ホルモンの減少は、大きな要因となりますが、男性同様、様々な要因が絡んで発症します。

男性型脱毛症と女性型脱毛症の違い

男性に最も多い「男性型脱毛症」の場合、生え際が後退したり、頭頂部が薄くなりますが、女性の場合は違います。
女性の薄毛の多くは「女性型脱毛症」で、
「びまん性全体に広がるという意味脱毛症」と呼ばれています。

びまん性脱毛症は気づきにくい!?

名前の通り、頭髪全体が薄くなっていくため、すぐに気づく方は少ないと言えます。
抜け毛が増えることで、髪の分け目やつむじ部分の地肌が透けて見えるため、そこで、脱毛症を自覚することになります。

気づいた時には手遅れ……を防ぐために

症状が進行して重症となると、回復は難しくなってしまいます。
逆に、早期に対処して、正しい治療を行えば早期改善につながるということです。
なんとなく髪に元気がない」・「束髪した時の量が減った」・「抜け毛が増えた」などと感じたら、早めに対処するようにしましょう。

  • line

名古屋駅店移転記念キャンペーン

薄毛集中改善 9,980円(税別)

初回から髪の毛の違いを体感される患者様も多くお見えです。悩んでいるよりご相談ください。

  • 052-562-3058
  • WEBで予約する

まずは、お気軽にご相談・お問い合わせください!

名古屋市西区名駅2-28-22 アールイービル301

女性薄毛専門治療院 いいね鍼灸院

住 所
名古屋市西区名駅2-28-22 アールイービル301
アクセス
名古屋駅1番出口から徒歩3分

TEL:052-562-3058

女性薄毛専門治療院 いいね鍼灸院 東京院

住 所
東京都港区東新橋2-6-7電光ビル3階
アクセス
新橋駅烏森口&汐留駅 出口から徒歩5分

TEL:03-6820-2829