ブログ

女性の薄毛は、全体的に薄くなります。

7d2b6caf3311d70ff02c80be94dbc886_s

女性の薄毛は、全体的に薄くなります。

 

女性の薄毛の多くは、女性型脱毛症で「びまん性脱毛症」とも言われています。

びまん性脱毛症は、頭髪全体が薄毛になります。

男性の薄毛・脱毛の場合、男性ホルモンが大きく関係しているため、

頭頂部や生え際の後退などがあり、脱毛を促進してしまいますが、

女性は、男性ホルモンの影響が少ないため、

急激な脱毛・部分的な脱毛ではなく、全体的に抜け毛が多くなります

そのため、すぐに気づかないことが多く、

髪のボリュームがなくなる・つむじ部分や分け目の地肌が透けて見えるようになります。

薄毛になる原因が違えば、回復方法も違う・・

男性の薄毛や脱毛は、なかなか回復しない方が少なくありませんが、

女性の場合は、比較的に回復しやすいと言えます。

気になる方は、早めに施術を始めましょう。

 

若い女性は、薄毛になりやすい?

 

びまん性脱毛症の大きな原因とされているのが、ホルモンバランスの乱れです。

女性ホルモンには、髪の成長を促進・維持する作用があるため、

ホルモンバランスが乱れを起こすと、髪の成長に影響して、

薄毛・脱毛を引き起こすと言われています。

 

基本的に、加齢によってホルモン分泌は減少していきますが、

閉経による急激な減少や、妊娠・産後のホルモン分泌の変化によって、

ホルモンバランスが乱れやすい時期は、薄毛・脱毛を起こしやすくなると言えます。

これらは、更年期障害分娩後脱毛症と言われます。

 

生理的なホルモンバランスの変化に関係なく、比較的に若い方は、

ホルモンバランスに乱れを起こしやすいと言えます。

その理由は、不規則な生活をしている人が多いからです。

若い頃は、夜遅くまで遊んでも、次の日は平気・・

少しくらい無理をしても、カラダを回復させる力が強いので、不規則な生活をしてしまいがちです。

 

私たちのカラダは、昼間に活動して、夜に睡眠する・・というリズムがあります。

不規則な生活によってリズムが崩れると、

ホルモンバランスにも乱れを起こしてしまいます。

結果、薄毛・脱毛になってしまうのです。

また、インスタント食品やファストフードなど、

偏った食生活をしている人も、少なくなりません。

カラダの栄養バランスが悪くなれば、髪の成長にも支障をきたします。

 

おしゃれを楽しむために、パーマカラーリングを繰り返している方は、

頭皮や毛根を傷つけています。

刺激の少ない薬剤・回数を減らすようにしましょう。

 

若いから大丈夫!と思っているあなた・・

薄毛・脱毛は、加齢だけが原因ではありません。

気づかないうちに、薄毛が進行しているかも・・予防・対策を始めましょう。

  • line

名古屋駅店移転記念キャンペーン

薄毛集中改善 9,980円(税別)

初回から髪の毛の違いを体感される患者様も多くお見えです。悩んでいるよりご相談ください。

  • 052-562-3058
  • WEBで予約する

まずは、お気軽にご相談・お問い合わせください!

名古屋市西区名駅2-28-22 アールイービル301