ブログ

女性の薄毛・・骨盤の歪みが原因かも?!

unspecified

 

女性の薄毛・・骨盤の歪みが原因かも?!

 

女性の薄毛の多くは、「びまん性脱毛症(女性型脱毛症)」と呼ばれるもので、

頭髪全体が薄くなるのが特徴です。

薄毛・脱毛は、さまざまな原因がありますが、骨盤の歪みも関係していると言えます。

骨盤に歪みがあると、女性ホルモンの分泌が悪くなるからです。

 

びまん性脱毛症の大きな原因とされているのは、

エストロゲン」と言う女性ホルモンの分泌の減少と言われています。

エストロゲンには、頭髪の成長促進・髪に艶を与えるなどの作用があります。

エストロゲンの分泌は、加齢に伴い減少していくため、更年期以降の女性の薄毛の原因とされます。

しかし、最近は若い方の薄毛が増加傾向にあるため、

何かしらの要因による、ホルモンバランスの乱れが指摘されています。

骨盤は、内臓や生殖器を保護する役割があるため、

歪みが生じれば、それぞれの働きにも影響を起こすことになります。

子宮や卵巣の働きが悪くなると、女性ホルモンの分泌にも影響して、

ホルモンバランスに乱れを起こすことになります。

骨盤の歪みを整えれば、ホルモンバランスを整えることになるため、

薄毛や脱毛の予防・回復につながっていくと言えます。

 

生理不順の人は、薄毛になる可能性が高い?!

 

生理と排卵のサイクルには、女性ホルモンの分泌が大きく関係していて、

個人差はありますが、個人の生理周期は、ある程度一定で、一般的30日前後とされます。

正しい生理周期は、女性ホルモンの「エストロゲン」と「プロゲステロン」が、

交代で優位に働くことで、一定に保つことが出来ています。

そして、女性ホルモンの分泌は、頭髪の成長にも作用しているのです。

エストロゲン」は、生理から排卵まで働き、妊娠の準備をします。

髪の成長を促す作用もあります。

プロゲストロン」は、妊娠を維持するは働きがあり、

排卵後から2週間くらい分泌されています。

このホルモンバランスが崩れると、生理痛や生理不順を起こすことになるのです。

 

女性の薄毛の大きな原因とされるのが、ホルモンバランスの乱れです。

ホルモンの分泌は加齢により減少するため、

女性の場合、更年期以降の方に多いと言われています。

しかし、最近は、ストレスや生活の乱れなどが原因で、

ホルモンバランスに乱れを起こし、若い女性の薄毛も増えています。

生理痛や生理不順の方は、ホルモンバランスに乱れが起きているのが原因と考えられるため、

薄毛・脱毛になりやすいと言えます。

規則正しい生活・バランスのとれた食事を心がけ、ホルモンバランスを整えるようにしましょう。

  • line

名古屋駅店移転記念キャンペーン

薄毛集中改善 9,980円(税別)

初回から髪の毛の違いを体感される患者様も多くお見えです。悩んでいるよりご相談ください。

  • 052-562-3058
  • WEBで予約する

まずは、お気軽にご相談・お問い合わせください!

名古屋市西区名駅2-28-22 アールイービル301